SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2024 Spring

2024年3月14日(木)10:00~16:20(予定)

BOOKS

【書籍紹介】優秀な人材にこそ物流を任せよ 専門家が明かす物流倉庫の実態と課題改善メソッド

 物流倉庫での仕事を、誰にでもできる労働作業だと勘違いしていないだろうか。商品を管理し顧客のもとへと届ける物流は、eコマースの「心臓」ともいえる。EC事業者には、実際に物流の現場へ足を運び、そこで何が起こっているのかを見てほしい。

物流一筋40年の著者が指摘する改善点

 帳簿上の在庫数と実際の在庫数を正しく把握している事業者は、多くはないだろう。自社の商品がどのように管理され、発送されているのか。倉庫に足を踏み入れてみないと実態はつかめない。

 EC事業者ならば、商品が顧客のもとにどうやって届いているのか正しく知っておきたいところだ。それが、良いパートナー選びにもつながる。

 『EC物流改善メソッド』(山田孝治 著、幻冬舎メディアコンサルティング)では、物流倉庫の管理がうまくいかないと悩んでいるEC事業者に向けて、具体的な改善方法が紹介されている。著者である山田氏は、物流一筋40年のベテラン。そんな山田氏が、これまでの経験値を活かして、多くのEC物流で起こりがちな課題を洗い出す。

EC物流改善メソッド
EC物流改善メソッド

優秀な新人社員には倉庫で2年間働いてもらうべし

例えば、アパレルの一流企業に入った有望な新人に入社直後に「明日から物流・倉庫担当です」と告げるケースはほとんどないと思います。なぜ私がこんなことを切り出すかといえば、上手に倉庫管理をしていく秘訣はただ一つだからです。その新人が優秀な人材だと思うのであれば、少なくとも2年間、倉庫の現場で働かせてみるとよいのです。(P.42)

 優秀な人材には、デザインや企画、販売などを任せようとするアパレルの事業者が多いはずだ。中には、倉庫の仕事を軽視している人もいるかもしれない。

 しかし、自社の商品を保管している倉庫で働くことで、大切な商品が大切な顧客に届くまでの一連の流れを学べる。売り切れない在庫を抱えていないか、大量の返品が放置されていないかなど、事業におけるムダを知ることにもなるだろう。

 BtoCであれば、顧客ごとに同梱物に違いがあるなど、細かい対応が求められる。そういう場合でも正確に商品を届けるために、EC物流では業務フローの整理や万全なオペレーション設計が必要だ。優秀な人材だからこそ任せるべき仕事といえよう。

EC物流の難易度は最上位?

 eコマース、特にBtoCの物流は、難易度が上がる。山田氏は、「最も難易度の高い1ピース100の単品管理をパーフェクトにこなせるようになれば、100ピース1のロット管理などは、まさに朝飯前となります。EC物流の考え方を押さえておけば、あとはどのようにでも応用できるのです(P.76)」とまでいう。

 誤出荷の防止、迅速な返品対応、帳簿と実在庫の把握など、EC事業者が対応すべきことは多くある。しかし、現場に足を運んで実態を理解し、適切な体制を作り上げれば、自社の売上は着実に上がっていくだろう。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
BOOKS連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

ECzine編集部(イーシージンヘンシュウブ)

ECZine編集部です。ネットショップ運営に役立つ情報をお届けします。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/article/detail/13223 2023/08/31 08:00

Special Contents

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年8月30日(火)10:00~16:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング