SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Academy(イーシージン・アカデミー)とは、自社ECのプロフェッショナルの育成を支援する講座の総称です。ECzine編集部が企画し、基本となる「2日でわかるEC構築・運営基礎講座」ほか、その時々のトレンドをいち早く学んでいただけるようテーマ別講座をご用意しています。

お申し込み受付中!

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のECzine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2022 August

2022年8月30日(火)10:00~16:10

「季刊ECzine」とは、年に4回、EC業界の重要ポイントだけをまとめてお届けする紙の雑誌です。ECの最新トレンドを取り上げた「特集記事」のほか、重要なトピックスに関する知識を上書き保存する「定点観測」、EC業界のニュースや記事を振り返るコーナーなど、自社のECビジネスを俯瞰していただく際のヒントになる内容が満載です。

季刊ECzine

2022年夏号(vol.21)
特集「Roads to 2025 ~ブランドを進化させるテクノロジーと顧客交流~」

「季刊ECzine」購読者なら
誌面がウェブでも読めます

ECホットトピックス

次世代EC、勝者の条件は「オフライン」と「チャネル」が決め手 レオニスの伊藤圭史さん講演


 トランスコスモスは、『スマホ普及が変えた消費行動 「オムニチャネル型EC」の実現手法』と題し、セミナーを開催。レオニスの伊藤圭史さんが、「次世代EC、勝者の条件」について講演を行った。

レオニス伊藤圭史さんが語る「次世代EC、勝者の条件」

 伊藤さんは、オムニチャネル「購買行動の変化に対応することによる衰退防止と機を活かした成長を狙う取り組み」と定義。スマートフォンの登場により、明治時代からAmazonまで続いた「単一チャネル」ですべての購買行動が終わるショッピングスタイルから、複数のチャネルを横断してショッピングを楽しむ「オムニチャネル型」に移行しているとした。

 新しいオムニチャネル型の購買行動は数年内に主流となり、2012年段階で32兆円が、2017年には55兆円の市場に急成長するという。

 米国のオムニチャネル型EC最新動向として、実店舗への来店客にもECでの購入を促すMacy's、2014年7月には5,500万米ドルを調達しさらなる成長を狙う、在庫を持たないBonobosを紹介。ECのみの事業者については、adidas、kate spade SATURDAY、テスコなどがブランド認知等を目的に期間限定で、実店舗のポップアップストアを展開していることをあげ、ぜひ挑戦してほしいと述べた。

 日本のオムニチャネル型EC最新動向としては、ネットで予約し、実店舗で接客するスタイルのコメ兵をピックアップ。客単価は店頭のみと比較して、オムニチャネル型は5倍にもなるという。また、URBAN RESEARCHのアプリを使った事例も紹介。コーディネートを配信することで、店員の販売力がレバレッジを効かせているとのこと。

 また、ネットで買って実店舗で受け取る「クリック&コレクト」が成否を分ける要因になるという。ヨドバシカメラの24時間受け取り、楽天の宅配ロッカー、LOFTのセブン-イレブン受付を紹介した。

 以上見てきたように「次世代EC、勝者の条件」は、「オフライン」と「チャネル」にかかってくるという。取り組むポイントはそれぞれ、以下のとおり。

オフラインの力を活かす

  • 集客
  • 接客
  • ブランディング
  • 配送 など

チャネルの力を活かす

  • 接客拡大
  • 統合CRM
  • マーケティングオートメーション
  • DMP
  • 配送網 など

 最後に伊藤さんは、短期的な焦点としてはID統合やチャネル整備など仕組みの整備となるが、中期的には「運営」が重要になるとし、運営なきオムニチャネルは破綻する、として講演を締めくくった。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
ECホットトピックス連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

ECzine編集長 倭田 須美恵(ワダ スミエ)

2013年11月11日、ECzine初代編集部。ならではの視点でECに関する情報をお届けしたいと思います。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/article/detail/1284 2022/06/29 10:23

Special Contents

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年8月30日(火)10:00~16:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング