SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Academy(イーシージン・アカデミー)とは、自社ECのプロフェッショナルの育成を支援する講座の総称です。ECzine編集部が企画し、基本となる「2日でわかるEC構築・運営基礎講座」ほか、その時々のトレンドをいち早く学んでいただけるようテーマ別講座をご用意しています。

12月13日-14日にアーカイブ配信決定!

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のECzine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2023 Spring

2023年3月16日(木)10:00~16:10(予定)

「季刊ECzine」とは、年に4回、EC業界の重要ポイントだけをまとめてお届けする紙の雑誌です。ECの最新トレンドを取り上げた「特集記事」のほか、重要なトピックスに関する知識を上書き保存する「定点観測」、EC業界のニュースや記事を振り返るコーナーなど、自社のECビジネスを俯瞰していただく際のヒントになる内容が満載です。

季刊ECzine

2022年秋号(vol.22)
特集「Above and Beyond expectations!!〜期待以上の体験を提供するテクノロジーとブランド〜」

「季刊ECzine」購読者なら
誌面がウェブでも読めます

季刊ECzine vol.02 定点観測

実店舗やライブ配信も 増える動画でのコミュニケーション

 ECにかかわるプラットフォーマーの動向や、ユーザーを引きつけるキャンペーン施策、 クリエイティブ活用などについて、四半期に一度、各分野のプロにポイントを聞く「定点観測」。今季は、Googleの影響の大きさ、動画活用の進行、LINEとの連携、新しい決済の台頭が目立った。自社に関連するポイントをおさえ、来る年末商戦に備えよう(※本記事は、2017年9月25日刊行の『季刊ECzine vol.02』に掲載したものです)。

電子版(誌面)はこちらから閲覧できます。

ワークショップで痛感した 顧客志向の難しさ

 7月25日、ECzine編集部主催の講座『「結果が出る動画広告」を企画するための3時間集中ワークショップ』で講師を務めてくれた、橋爪さん。

 「『顧客志向』のコミュニケーション設計、コンテンツ企画力が求められているのではと思います。口で言うのは簡単ですが、ほとんどの動画広告が、企業が言いたいことを言っているだけで、とてもコンテンツとは言えません。ユーザーはスマホばかり見ているのに、PC主体で考えていたり。どうしても過去の慣習から抜け出せないんでしょうね。散々顧客志向でディスカッションした、ワークショップの発表時に『ユーザーを◯◯させるには』とつい言ってしまったり。本当に頭を切り替えるのは、それくらい難しいものなんです」

理解度を深め不安を払拭する
LPに置くウェブ動画の増加

 ここのところ、ランディングページ(LP)に置くウェブ動画のオーダーが増えているそうだ。

 「動画広告は、認知における興味づけの役割があります。その広告に接触した方が、次はLPに来る。その際に、広告だけでは商品に対する理解度が表面的になってしまうので、より深める役割をウェブ動画が担っています。カスタマージャーニーを考えたら、動画広告でLPに来た方は、まだ『このサイトで買って本当に大丈夫だろうか』『もっと安くて良いものが他にあるんじゃないか』といった不安がある段階でしょう。その不安をウェブ動画で払拭するわけです」

 LPに置く動画となると、まずはLPへのトラフィックがなければ意味がない。見てくれるユーザーを連れてこなければと発想してしまいがちだが。

 「当社のクライアントは、広告でトラフィックを増やす前に、不安を払拭し、商品への理解度を深めるためにウェブ動画に投資しようとお考えです。僕も、先にウェブ動画をやったほうがいいと思います。取りこぼしが減りますからね」

 やはり動画は、静止画だけのLPよりも伝わることが多いのだろうか。

 「そこでもまた、顧客志向が必要です。LPに置くウェブ動画なら、時間の制限なく、リッチにたくさんのことが言えると思いがちですが、すると企業主体のメッセージばかり出してしまうことになる。ウェブ動画の役割は、商品への理解度を高め、不安を払拭すること。なぜそうするのかと言えば、コンバージョンしていただくためです」

 それさえクリアすれば、ウェブ動画によってさまざまなコミュケーションが可能になると橋爪さんは言う。

 「たとえば、ターゲットによってクリエイティブを作り分けてもいいですよね。男性向けならこう、女性向けはこうと言う。それで実際、成約率が3.3倍になった事例もあります」

この記事は、紙の雑誌『ECzine』に
掲載した限定公開の記事です。
続きは以下の方法でお読みいただけます。
季刊『ECzine』定期購読はこちら 記事単体購入プランはこちら 記事読み放題プランはこちら

次のページ
デジタルサイネージとの連動も 広がる、動画の使いみち

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
季刊ECzine vol.02 定点観測連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

ECzine編集部(イーシージンヘンシュウブ)

ECZine編集部です。ネットショップ運営に役立つ情報をお届けします。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/premium/detail/4948 2019/09/11 17:16

Special Contents

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年8月30日(火)10:00~16:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング