SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Academy(イーシージン・アカデミー)とは、自社ECのプロフェッショナルの育成を支援する講座の総称です。ECzine編集部が企画し、基本となる「2日でわかるEC構築・運営基礎講座」ほか、その時々のトレンドをいち早く学んでいただけるようテーマ別講座をご用意しています。

お申し込み受付中!

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のECzine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2022 Winter

2022年12月1日(木)10:00~16:10(予定)

「季刊ECzine」とは、年に4回、EC業界の重要ポイントだけをまとめてお届けする紙の雑誌です。ECの最新トレンドを取り上げた「特集記事」のほか、重要なトピックスに関する知識を上書き保存する「定点観測」、EC業界のニュースや記事を振り返るコーナーなど、自社のECビジネスを俯瞰していただく際のヒントになる内容が満載です。

季刊ECzine

2022年秋号(vol.22)
特集「Above and Beyond expectations!!〜期待以上の体験を提供するテクノロジーとブランド〜」

「季刊ECzine」購読者なら
誌面がウェブでも読めます

ECzineニュース

Facebook、批判を受け3分野の広告で「民族親和性」機能を停止に

 米Facebookは、「Ethnic Affinity Marketing(人種親和性マーケティング)」に基づく広告データ取得機能を、住宅・求人・ローンのカテゴリに関して停止することを発表した。この機能に関しては、アメリカで人種差別につながるおそれがあると指摘されていた。

米Facebookの広告クライアント向けページ

 Facebookの広告では、特定の人をセグメント化することができる「affinity marketing(親和性マーケティング)」機能がある。この機能では、特定の人種や民族を広告対象にしたり、広告対象から外したりするためのデータを取得することで、いわゆる「人種・民族に対する(Ethnic) 」親和性マーケティングを行うことが可能だった。

 これに関して、Facebookの米国パブリックポリシー部門バイスプレジデント兼最高プライバシー責任者、Erin Egan氏は、「政治関係者や市民権利団体などから、特定の分野の親和性セグメントにおいて、この機能が誤って用いられる可能性があると指摘を受けた(中略)特に、住宅や求人、ローンといった分野において、こうした懸念がある」と発表した。

 Facebookでは、今後、この「住宅、求人、ローン」という3ジャンルにおいて、ジャンルの広告を自動的に特定し、民族親和性マーケティングのデータ取得機能を停止するツールを開発する。さらに、この内容における広告ポリシーを明確にし、周知徹底する。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

ECzine編集部(イーシージンヘンシュウブ)

ECZine編集部です。ネットショップ運営に役立つ情報をお届けします。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/news/detail/3850 2016/11/23 14:16

Special Contents

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年8月30日(火)10:00~16:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング