SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Academy(イーシージン・アカデミー)とは、自社ECのプロフェッショナルの育成を支援する講座の総称です。ECzine編集部が企画し、基本となる「2日でわかるEC構築・運営基礎講座」ほか、その時々のトレンドをいち早く学んでいただけるようテーマ別講座をご用意しています。

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のECzine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2022 Summer

2022年6月8日(水)10:00~16:50

「季刊ECzine」とは、年に4回、EC業界の重要ポイントだけをまとめてお届けする紙の雑誌です。ECの最新トレンドを取り上げた「特集記事」のほか、重要なトピックスに関する知識を上書き保存する「定点観測」、EC業界のニュースや記事を振り返るコーナーなど、自社のECビジネスを俯瞰していただく際のヒントになる内容が満載です。

季刊ECzine

2022年春号(vol.20)
特集「Refine CX ~EC起点のデータで創る次世代コマース体験~」

「季刊ECzine」購読者なら
誌面がウェブでも読めます

ECzineへんしゅーちょーが訊く

「どっちもイケてるって信じてます」 ライター金子さんに「話すこと」について訊く

 編集長ワダが、ECzineのクリエイターさんたちとゆるくお話しするブログです。今回のゲストは、3年間原稿を落とさずに連載を続けてくれている、金子洋平さんをお招きしました。第3回は、イベントでの登壇も含めた「伝える」クリエイティブ全般について。

執筆スタイルは「おなかが空いているときに書く」

(ワダ) 原稿は、どうやって書いているんですか?

(金子) ふんわり日々の日常の中で、あの会社のあの人と喋りたいなとか、あの会社のリリースおもしろかったなとか、考えています。おもしろそう、かつ、おしゃれなところ。決まったらアポイントをとって、取材先にうかがうのが基本ですね。カフェで長めのランチを食べながら、という場合もあります。

金子洋平さん

(ワダ) 原稿は毎月20日に原稿いただいてますよね。

(金子) え、みんなそうじゃないんですか? 最初に20日〆って言われたから登録して、毎月、Googleカレンダーが「ワダさんに原稿遅れ」ってアラートを出してくるんです。

(ワダ) 最初に原稿を依頼したタイミングで、「だいたい毎月、この日にください」って決めるんです。皆さん20日というわけではないです。

(金子) そうなんだ。

(ワダ) そのスケジュールの場合、取材のアポはいつとるんですか?

(金子) けっこうバラバラです。今は、普通に会社員として働いているので、比較的スケジュールが空いているときに入れて、20日までに書こうと頑張る。原稿は週末に書いているので、土日を2回くらい挟みたいなって。だから、できるだけ月の前半に取材してしまいたいなというのはあります。

(ワダ) インタビューは録音したものを、音声起こししています?

(金子) それが基本スタイルですね。iPhoneで録ってます。

(ワダ) 書くのはどこで?

(金子) 家で書きます。乗るときと乗らない時があって、鮮明にインタビューの内容まで覚えているときなんかは、音声起こしがいらないくらい。逆に、2,3時間うなりながら音声を聞いているときもあります。

(ワダ) 夜のほうが乗るとかありますか?

(金子) 昼間から夕方にかけて書きます。実は、おなかが空いているときのほうが僕はどんな仕事も進むので、ぎりぎりまで食べないで書きます。食べると眠くなってきちゃうので、空腹の時に書く。

(ワダ) おもしろいですね。パソコンはMacで、Facebookの投稿見ている限り、Apple製品がお好きですよね。原稿はWordでいただいてましたっけ。

(金子) Googleドキュメントですね。

(ワダ) どうですか、担当編集者は(笑)

(金子) いつも素晴らしい文章になって返ってきます(笑)。これまでも「自由に書いてください」というところが多くて、がっちり編集会議してとか、「こういうテーマ」でとか経験はないですね。

(ワダ) 金子さんの連載は、担当編集の仕事をあんまりしていなくて。催促しなくても原稿がくるし、取材のアポもとって、確認作業も終わっているし。

(金子) 写真もついてるし(笑)

(ワダ) あ、そういえば、写真は何で撮っているんですか?

(金子) リコーのGRです。カメラも好きなので、私物込みで買っています。

(ワダ) 「書く喜び」みたいなことは感じますか?

(金子) 人に会うのは好きだし、人の話を聞くのも好きだし。なんの苦もないですね。

(ワダ) すごくジャーナリズムなメディアもあるし、ひたすらラーメンを食べる記事がウケるメディアもあったりしますが、ECzineという専門メディアの「おしゃれ通信」という連載は、金子さん的にはちょうどいいテーマだったりしますか?

(金子) ちょうどいいですね。

話すこと、書くこと、聞くこと

(ワダ) 書くのが好きな人と、イベントで登壇するのが好きな人。どちらか一方は得意だけれど……という人が多い気がします。

(金子) 僕は、どっちもイケてると信じてるんですけど(笑)。

(ワダ) イベントで登壇する際は、プレゼン資料も自分で作るんですか?

(金子) マーケティング担当のもうひとりのメンバーと、最終確認は代表がやるので、3人で作っている感じですね。

(ワダ) 書くのと話すの、どちらが好きとかあります?

(金子) 僕は喋るのがラクチンですね。実は、プレゼン資料作るのはあんまり好きじゃなくて(笑)。ノンスライドで、ただ喋っていたい。トークの内容も、当日までまったく考えない。だから毎回、話す内容が違うんですよね。

(ワダ) 練習しないんですか?

(金子) 僕、1回くらいしか通しの練習しないので。これ言うと会社に怒られちゃうんですけど、少し時間早く終わっちゃったりもします。

(ワダ) 起業家する人ってプレゼンがうまいなと思っていたんですけど、練習もしているんでしょうけど、「伝えたいこと」があるんでしょうね。

(金子) そうだと思います。だからなのか、僕の場合は、プレゼンが刺さる人と刺さらない人にはっきりわかれますね。

(ワダ) それもおもしろいですね。なんでもできちゃう金子さんですけど、苦手なこととかあるんですか?

(金子) 実は、細かいことが好きじゃないです。Excelの数字まとめたりとか。

(ワダ) なるほど。毎月原稿はいただいているけれど、それだけでは見えてこないこともある。こうしてお話ししてみて、また改めて金子さんのことがわかった気がしました。ありがとうございました!(了)

 

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
ECzineへんしゅーちょーが訊く連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

ECzine編集長 倭田 須美恵(ワダ スミエ)

2013年11月11日、ECzine初代編集部。ならではの視点でECに関する情報をお届けしたいと思います。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/blog/detail/4013 2017/01/28 08:00

Special Contents

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年6月8日(水)10:00~16:50

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング