SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Academy(イーシージン・アカデミー)とは、自社ECのプロフェッショナルの育成を支援する講座の総称です。ECzine編集部が企画し、基本となる「2日でわかるEC構築・運営基礎講座」ほか、その時々のトレンドをいち早く学んでいただけるようテーマ別講座をご用意しています。

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のECzine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2021 December

2021年12月7日(火)10:00~16:00

「季刊ECzine」とは、年に4回、EC業界の重要ポイントだけをまとめてお届けする紙の雑誌です。ECの最新トレンドを取り上げた「特集記事」のほか、重要なトピックスに関する知識を上書き保存する「定点観測」、EC業界のニュースや記事を振り返るコーナーなど、自社のECビジネスを俯瞰していただく際のヒントになる内容が満載です。

季刊ECzine

2021年秋号(vol.18)
特集「Cross over, Enthuse fans!~店舗、スタッフ、EC&デジタル活用の次なる一手」

「季刊ECzine」購読者なら
誌面がウェブでも読めます

ECホットトピックス

新事業に挑むHameeに学ぶ、拡大するEC市場で事業を継続させる秘訣 新代表水島氏へのインタビュー

 コマース事業におけるスマートフォンアクセサリーの企画開発・製造と、プラットフォーム事業での「ネクストエンジン」の提供、ECにかかわる両軸で成長してきたHamee株式会社は、拡大するEC市場でさらなる進化を遂げるために新体制を構築。新たに代表取締役社長に就任した水島育大氏に、EC市場の現状に対する見解や、そこで展開する新たな事業について話を聞いた。

コロナ禍で感じた「ECへの熱」 カスタマーサクセスの重要性を再認識

 Hameeは1997年創業、モバイル機器のアクセサリーを企画・販売する事業から始まった。1999年より自社ECでの販売を開始し、その翌年からモールに出店。その後ECで多店舗展開をする中で、自社が課題と感じたことを解決するためにECの一元管理システム「ネクストエンジン」を開発。2008年より同システムの外部提供を開始し、2013年からはAPIを公開してプラットフォームとして提供を行う。現在では、4,949社(2021年7月末時点)の企業で「ネクストエンジン」が導入されており、プラットフォーム事業は、創業時から継続するコマース事業と並んで同社の基幹事業となっている。

 ふたつのEC関連事業を柱として成長してきたHameeだが、2021年7月に代表取締役社長を創業者の樋口氏から取締役の水島氏へと交代。EC市場がこれまで以上に拡大を見せる中、新体制で代表となる水島氏は「既存事業を活かし新たな挑戦へと踏み出す」と言う。時代の変化に柔軟に対応し、必要とされる商品・サービスを提供してきた同社が現在のEC市場について感じていることや、新たに挑戦する事業、そしてその際に大切にしていることを紐解いていく。まず、コロナ禍におけるEC市場をどう見ているか、という質問に対して水島氏は、「今までにない熱を感じた」と話す。

「2020年は、EC全体に追い風が吹いていた年であり、ネクストエンジンの導入数は堅調に伸長しました。今までECに注力していなかった企業も積極的に多店舗展開を進めており、『これからはECで売上をとっていく』という時流を感じました」

Hamee株式会社 代表取締役社長 水島育大氏

 ネクストエンジンは、複数の販売チャネルにおける受注管理の一元化や在庫連携を行うなど、EC運営のバックオフィス業務を自動化するシステム。HameeがEC事業者として抱えるリアルな悩みを解決すべく進化をしてきた同システムは、同じように悩む事業者の支持を獲得してきた。Hameeは、ネクストエンジンの導入数増加や消費者ニーズの多様化にともない、同システムを導入した個々の事業者を適切に支援すべく、2018年よりカスタマーサクセスに注力。2020年以降のコロナ禍においては、このカスタマーサクセスへの取り組みがとくに活きたと言う。

「ネクストエンジンを導入していただいているEC事業者様の中には、『うまく活用できていない』とお悩みの方もいらっしゃいます。コロナ禍ではそうした悩みに対し、とくに迅速に対応する必要があったため、カスタマーサクセスの体制が整っていることの重要性をより強く感じました。今後は、世の中の変化とともに多様化・細分化するEC事業者様の課題を解決するため、カスタマーサクセスの取り組みをより強化し、従来以上の適切なフォローを実現していきます」

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
新事業挑戦で改めて知る「自分たちの強み」

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
ECホットトピックス連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

ECzine編集部(イーシージンヘンシュウブ)

ECZine編集部です。ネットショップ運営に役立つ情報をお届けします。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/article/detail/9550 2021/09/27 07:00

Special Contents

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2021年12月7日(火)10:00~16:00

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング