SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Academy(イーシージン・アカデミー)とは、自社ECのプロフェッショナルの育成を支援する講座の総称です。ECzine編集部が企画し、基本となる「2日でわかるEC構築・運営基礎講座」ほか、その時々のトレンドをいち早く学んでいただけるようテーマ別講座をご用意しています。

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のECzine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2021 December

2021年12月7日(火)10:00~16:00

「季刊ECzine」とは、年に4回、EC業界の重要ポイントだけをまとめてお届けする紙の雑誌です。ECの最新トレンドを取り上げた「特集記事」のほか、重要なトピックスに関する知識を上書き保存する「定点観測」、EC業界のニュースや記事を振り返るコーナーなど、自社のECビジネスを俯瞰していただく際のヒントになる内容が満載です。

季刊ECzine

2021年秋号(vol.18)
特集「Cross over, Enthuse fans!~店舗、スタッフ、EC&デジタル活用の次なる一手」

「季刊ECzine」購読者なら
誌面がウェブでも読めます

立ち上がれVMD!店舗とECをつなぐ架け橋となれ

変化するアパレル業界、OMO推進の鍵はVMD 店舗スキルを活用し「視覚的に魅せるECサイト」作りを

 顧客行動の変化から、変革を求められているアパレル業界。店舗を主軸にビジネスを展開してきた企業ではECへのシフトが重要ですが、適切な顧客体験を提供し、魅力的なコマースを実現するには「店舗とECを連携させる」ことが欠かせません。当連載では、PLAY Inc.のCOOを務める齋藤和幸さんがVMDの新たな役割や店舗とECを連携させる方法を紹介します。第1回は「店舗・EC連携を行う上でVMDが適任である理由」と、「VMDが持つ可能性」についてです。

「飾る」だけが仕事ではない 視覚を軸に顧客とコミュニケーションを

 はじめまして、PLAY inc.の齋藤和幸です。私はこれまで、大手国内ブランド、外資系ラグジュアリーブランドなど複数のアパレル企業で販売員・VMDを経験してきました。

 アパレル業界ではOMOの推進が求められていますが、VMDこそ「店舗とECの連携」を行う役割として適任だと私は考えています。この理由を説明するにあたり、まず「VMDとは何か」について私の考えをご説明します。

VMDイメージ

 VMDの仕事に対して、店舗のデコレーションや、ディスプレイをすることだと認識されている方も多いと思います。しかし、実は商品や店舗の開発にもかかわっており、総合的に店頭表現をプロデュースするのがVMDの仕事です。たとえば、展開キャパシティを決める棚割りや、店舗の顔であるウィンドウディスプレイなどのビジュアル・プレゼンテーションを決めるVPプラン、ブランドの陳列手法やルールを決めるVMDマニュアル作りなどを行っています。店舗を飾るのはそうした仕事の中の一部分です。

 また、VMDはお客様の購買心理や行動に基づき、店舗什器の配置を決めるレイアウトや、お客様の流れに沿った商品配置なども行います。このようにお客様の心理を読み取り、視覚を軸とした五感に訴えかけるコミュニケーション全般を行うのがVMDの仕事の根幹だと考えています。言い換えると、「視覚効果とお客様心理をもとに売上の最大化や再購買を促すもの」となります。

 VMDの仕事についての紹介は以上となりますが、さらに詳しく知りたい方は、私が参加しているメディアTopseller.Styleでも触れていますのでご覧ください。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
顧客の購買心理・行動が変化 店舗に行くことがエンターテインメントに

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
立ち上がれVMD!店舗とECをつなぐ架け橋となれ連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

合同会社PLAY・齋藤 和幸 COO(サイトウカズユキ)

ドメスティック、外資系ラグジュアリーブランドの販売員から本部VMDへ。VMDとしては、アトモス(店舗雰囲気、イメージ)の店舗開発やMDにもかかわりながら、ディスプレイやデザインなどを幅広く経験。その後、EC担当として基本業務からサイトデザイン、コンテンツメイク、CRMなどの実務を行い、その経験値から...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/article/detail/9507 2021/09/07 07:00

Special Contents

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2021年12月7日(火)10:00~16:00

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング