SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Academy(イーシージン・アカデミー)とは、自社ECのプロフェッショナルの育成を支援する講座の総称です。ECzine編集部が企画し、基本となる「2日でわかるEC構築・運営基礎講座」ほか、その時々のトレンドをいち早く学んでいただけるようテーマ別講座をご用意しています。

お申し込み受付中!

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のECzine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2022 August

2022年8月30日(火)10:00~16:10

「季刊ECzine」とは、年に4回、EC業界の重要ポイントだけをまとめてお届けする紙の雑誌です。ECの最新トレンドを取り上げた「特集記事」のほか、重要なトピックスに関する知識を上書き保存する「定点観測」、EC業界のニュースや記事を振り返るコーナーなど、自社のECビジネスを俯瞰していただく際のヒントになる内容が満載です。

季刊ECzine

2022年夏号(vol.21)
特集「Roads to 2025 ~ブランドを進化させるテクノロジーと顧客交流~」

「季刊ECzine」購読者なら
誌面がウェブでも読めます

編集部インタビュー

製菓材料ECサイト「cotta」運営・石川森生さんに聞く! 事業会社のEC運営者がやるべき2つの役割とは


パンやお菓子などの製菓材料や梱包資材を販売するECサイト「cotta」の運営が、今年1月からTUKURUというベンチャー企業に委託された。TUKURUの代表・石川森生さんは、ECコンサルタントや大手アパレルECのマーケターとしての経験を持つ。事業会社の自社ECサイト運営を成功させるには? お話をうかがった。

C向けに小ロットでお菓子の材料を販売するECサイト「cotta」

http://www.cotta.jp/

――「cotta」運営に携わることになった経緯を教えてください。

 「cottaは親会社のタイセイが2006年から始めています。タイセイは大分県の会社で、法人向けでも小ロットで製菓材料や梱包資材を販売していました。ウェブでも展開すればさらに販路が広がるだろうと始めたところ、お菓子作りを趣味にしている個人の利用者が増え、2009年くらいからC向けのマーケティングを強化し始めました。現在、現在25万アカウントで、80%を個人の方が占めています。

 TUKURUは、タイセイの出資でcottaを運営するために作った会社です。僕がECコンサルタントの仕事をしていた時に、タイセイはクライアントの1つでした。ECをこれまで以上に本気でやるなら東京で専門部隊がなくてはと、社長から直々に頼まれたんです。

 事業会社のEC運営は、複数部署の調整が必要になったりと独特です。ECコンサルタントとして『こう変えましょう』と提案しても、『そうできたらいいんだけど、社内事情を考えるとリアルな提案じゃない』といった反応が返ってくることもありました。そのあたりのビジネスロジックをもっと理解しなくては、提案する立場としてのバリューを発揮できなくなるというのがそもそも事業会社に移籍するきっかけでした。

 cottaの運営を成功させるのはもちろんですが、同時に新規事業の構築をしており、他の事業会社さんのECでも使えるようなソリューション開発も行っていきたいと考えています」

株式会社TUKURU 代表取締役社長 石川森生さん

――TUKURUでの運営になって、cottaはどのように変わりましたか?

 「今年1月からなので、まだやりたいことがなかなかできていないのですが、最小工数で利益を上げるための戦略を打ち立て、タイセイによる電話/FAX事業と合わせると通期の売上目標を上期で達成したという実績はあります。

 施策としては、ユーザーの属性や購買パターンを分析して、アナログでできる範囲でマーケティングを行いました。というのも、現cottaは2006年に始めて以来、必要な機能をつぎはぎして作ったようなところもあり、今、システムリニューアルの真っ最中なんです。

 ほかには『Probance One to One Program』というキャンペーンマネジメントシステムの導入を決めました。デジタルマーケティング領域は、やはり欧米のほうが数年進んでいるので、そこで成功実績のあるソリューションを入れたほうが早いかなと。現在当社は8人ですが、限られたマンパワーでもソリューションの活用やこれまでのナレッジを注ぎ込むことで、十分回していけると考えています」

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
ECサイト運営者の役割は、コンテンツづくりとPDCAを回すこと

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
編集部インタビュー連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

ECzine編集長 倭田 須美恵(ワダ スミエ)

2013年11月11日、ECzine初代編集部。ならではの視点でECに関する情報をお届けしたいと思います。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/article/detail/866 2014/12/09 12:06

Special Contents

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年8月30日(火)10:00~16:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング