SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Academy(イーシージン・アカデミー)とは、自社ECのプロフェッショナルの育成を支援する講座の総称です。ECzine編集部が企画し、基本となる「2日でわかるEC構築・運営基礎講座」ほか、その時々のトレンドをいち早く学んでいただけるようテーマ別講座をご用意しています。

12月13日-14日にアーカイブ配信決定!

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のECzine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2023 Spring

2023年3月16日(木)10:00~16:10(予定)

「季刊ECzine」とは、年に4回、EC業界の重要ポイントだけをまとめてお届けする紙の雑誌です。ECの最新トレンドを取り上げた「特集記事」のほか、重要なトピックスに関する知識を上書き保存する「定点観測」、EC業界のニュースや記事を振り返るコーナーなど、自社のECビジネスを俯瞰していただく際のヒントになる内容が満載です。

季刊ECzine

2022年秋号(vol.22)
特集「Above and Beyond expectations!!〜期待以上の体験を提供するテクノロジーとブランド〜」

「季刊ECzine」購読者なら
誌面がウェブでも読めます

ECホットトピックス(PR)

見るべき指標は9つ!月額2,000円のEC専用アクセス解析レポート『DeeBoard for EC』

「EC売上分析」レポートで、売上アップのための施策を打ちやすく

 次に「EC売上分析」レポート。その名のとおり、ECサイトの売上を分析するのに特化したレポートだ。今月~過去13ヵ月(前年同月比をデフォルトで表示)の「収益」「注文数」「平均注文額」「数量」「商品数/注文数」「注文率」を確認できる。

収益と注文数レポート|ディーボード
今月+過去13ヵ月の収益と注文数

 Googleアナリティクスで、「期間を設定」した経験がある人なら、比較したい期間があらかじめ設定されているありがたみが分かるはず。「過去13ヵ月」の期間設定は、年間計画を立てるのはもちろん、イベントやセールなど月ごとの特徴を把握すること、数ヵ月先のアクションを計画するといったことに役に立つ。(数字が確定している)前月数値の前年同月の数値が確認できるのは、地味にうれしいポイントだろう。

 期間を自ら設定したい場合には、【期間指定】と記載されたレポートで任意の期間を設定できる。

 注文数については、日別と累計の折れ線グラフによって「トレンド」の把握も可能だ。

ECトレンドレポート|ディーボード
「トレンド」の今月の注文数と注文率(累計、日別)

 「たとえば前月と比較して、注文数の積み上げが多いのか少ないのか、どの日を境目にそのような傾向になっているのかがわかります。もし不調な場合にはすぐに追加施策を打つことで、その月の予算達成のためのアクションが起こせます」

「EC売上詳細」レポートで商品ごとに掘り下げた分析が可能

 「EC売上分析」レポートを見て、個別の商品で分析を掘り下げたくなったら「EC売上詳細」レポートを見よう。今月~過去13ヵ月の「カート追加数」「商品注文数」「カゴ落ち率」や、商品ごとの「収益」「数量」「平均価格」「カゴ落ち率」を今月、前月、過去3ヵ月、過去13ヵ月の期間で集計している。

 EC事業者なら、やはり気になるのは「カゴ落ち率」だろうか。こちらも、Googleアナリティクスのデフォルトの指標にはないため、「カート追加数」と「トランザクションの回数」をもとに計算して割り出し、グラフ表示している。

カゴ落ち率|ディーボード
カゴ落ち率のグラフと改善のためのアドバイス

 「カゴ落ち率に限らず、指標の読みかたや対策などのミニ解説を画面内に記載しています。たとえばカゴ落ち率の改善なら、『①送料や手数料の見直し』『②アカウント作成なしで決済させる』『③購入完了までのプロセス簡略化』『④決済手段の拡充(ペイメントサービスの導入等)』『⑤合計金額を分かりやすく提示する』『⑥クレジットカード情報を入力するに足る信頼性の訴求』といった対策を示しています。そのサイトに特化したものではなくあくまで一般論なのですが、過去のコンサルティング経験から、ある程度パターン化することが分かりました。とくに初心者の方には有効なアドバイスになるのではないでしょうか」

 この他にも、「PVとセッション」「ユーザーと新規ユーザー」「リピーターと質の指標」など6つのアクセス解析レポートが追加費用なしで利用できる。

次のページ
分析が苦手・得意な人も『DeeBoard for EC』で本来の業務に注力を

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
ECホットトピックス連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

ECzine編集部(イーシージンヘンシュウブ)

ECZine編集部です。ネットショップ運営に役立つ情報をお届けします。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/article/detail/8423 2020/11/05 11:00

Special Contents

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年8月30日(火)10:00~16:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング