SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Academy(イーシージン・アカデミー)とは、自社ECのプロフェッショナルの育成を支援する講座の総称です。ECzine編集部が企画し、基本となる「2日でわかるEC構築・運営基礎講座」ほか、その時々のトレンドをいち早く学んでいただけるようテーマ別講座をご用意しています。

12月13日-14日にアーカイブ配信決定!

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のECzine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2023 Spring

2023年3月16日(木)10:00~16:10(予定)

「季刊ECzine」とは、年に4回、EC業界の重要ポイントだけをまとめてお届けする紙の雑誌です。ECの最新トレンドを取り上げた「特集記事」のほか、重要なトピックスに関する知識を上書き保存する「定点観測」、EC業界のニュースや記事を振り返るコーナーなど、自社のECビジネスを俯瞰していただく際のヒントになる内容が満載です。 ※諸般の事情により、2023年春号(vol.24)をもって休刊となります。

季刊ECzine

2022年冬号(vol.23)
特集「Social merges with OMO~垣根なきコマースを実現する発想とテクノロジー~」

「季刊ECzine」購読者なら
誌面がウェブでも読めます

ECzine Day 2019 Autumn レポート(PR)

フルカイテンがAIで確立、在庫適正化と売上・利益増の秘訣 目指すは「不要なものを作る必要がない社会」

「今ある在庫から利益を作る」考えかたで、不要なものを仕入れない

 瀬川氏は、「FULL KAITENが『過剰在庫』に分類したSKUの合計金額が多ければ多いほど、宝の山がある」という。『過剰在庫』をさらに細分化して見ると、もともとは『フル回転』ステータスだったのに『過剰在庫』に転落したSKUを抽出できる。こうしたSKUには、次々に投入される新商品が前面で大々的に露出される半面、販促が手薄になってしまったために売れなくなった商品もあり、売り方を工夫することで販売を改善できる可能性が高いという。

「この手の過剰在庫は、掘り起こしてきちんと販促をかけると値引きをしなくても売れていきます。つまり、利益を増やすことができます。たとえば広告を出す、ポイント優遇をする、または商品の特集を組むといったことをすると効果的です」(瀬川氏)

 『過剰在庫』のなかには、もとは『不良在庫』だった商品や、ずっと『過剰在庫』のままの商品も存在する。瀬川氏は、「これらは、タイムセールなどを行うことで動かしていくことができる」という。さらに「不良在庫に分類されている商品についても、大きめのセールに出したり福袋の商品にしたりするといった施策で、在庫をキャッシュに変えて倉庫・保管コストを圧縮することが可能だ」と述べた。今ある在庫をSKUごとに見極め、有効活用することで無駄をなくし、売上・利益の増加につなげることができる。それをAIで実現するのが、FULL KAITENというわけだ。

 FULL KAITENでは、SKUごとに売り切るまでに何日かかるかの目安も算出することができる。販促をかけた結果どれくらい売れたのか、成果も参照することができるため、販促施策(在庫削減施策)の企画から実行、結果の振り返りも一気通貫で行うことが可能だ。実際に、FULL KAITENの導入からわずか9ヵ月間で全在庫を約40%削減することに成功した企業や、不良在庫を60%カットすることができた企業、在庫数は変えずに売上を2倍にできた企業もあるなど、大きな成果が生まれている。

 「商品ごとに在庫リスクを可視化し、それに応じて販促施策を打っていくことで売上増加と在庫適正化は両立できるのです」と語る瀬川氏は、最後にフルカイテンのミッションと今後の夢を語り、講演を締めくくった。

企業はFULL KAITENを使うと、意図せずして廃棄・資源問題に貢献することになる

「フルカイテン株式会社は、ミッションとして『不要なものを作る必要がない社会』の実現を目指しています。現代社会は、ものを作るときも廃棄するときも資源を使っています。FULL KAITENによる在庫問題の解決を通して、廃棄や資源の問題に何かしらの貢献ができればと考えています」(瀬川氏)

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
ECzine Day 2019 Autumn レポート連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

松岡 亜希(マツオカ アキ)

フリーランスのライター&エディター。出版社勤務を経て独立。雑誌、書籍、Webサイト、企業広報などさまざまな分野で活動中。● http://pubapart.com/

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

大場 敬子(オオバ ケイコ)

 ライター・エディター・漢方スタイリスト 出版社での7年の雑誌編集を経て、化粧品ブランドのコピーライターに転身。出産を機に独立し、現在はメーカーの広告や雑誌などで執筆する。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/article/detail/7110 2019/11/21 07:00

Special Contents

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年8月30日(火)10:00~16:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング