SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Academy(イーシージン・アカデミー)とは、自社ECのプロフェッショナルの育成を支援する講座の総称です。ECzine編集部が企画し、基本となる「2日でわかるEC構築・運営基礎講座」ほか、その時々のトレンドをいち早く学んでいただけるようテーマ別講座をご用意しています。

お申し込み受付中!

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のECzine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2022 August

2022年8月30日(火)10:00~16:10

「季刊ECzine」とは、年に4回、EC業界の重要ポイントだけをまとめてお届けする紙の雑誌です。ECの最新トレンドを取り上げた「特集記事」のほか、重要なトピックスに関する知識を上書き保存する「定点観測」、EC業界のニュースや記事を振り返るコーナーなど、自社のECビジネスを俯瞰していただく際のヒントになる内容が満載です。

季刊ECzine

2022年夏号(vol.21)
特集「Roads to 2025 ~ブランドを進化させるテクノロジーと顧客交流~」

「季刊ECzine」購読者なら
誌面がウェブでも読めます

EC事業者向けプロジェクトマネジメント論~大事なことに気づいていない人たちへ~

3つの問いから考えるチームの意識レベル確認術 ~「1+1は?」を投げかける理由とは~

「プロジェクトが思うように進まない」。「あるサービスを導入したら、思っていたものと違った」。そんなトラブルを経験したことがある方もいるのではないでしょうか。そういった問題を解決し、EC事業の組織やプロジェクトを、まっすぐ自分たちの目指す方向へと走らせるためにはどうしたらいいのか。この連載では、そのために必要なことや具体的な対処法についてお伝えしていきます。第2回では、EC事業に焦点をあてた「認識を一致させるための具体的な手法」について、掘り下げて解説していきます

 前回「EC事業がうまくいかないのは、プロジェクトメンバーの認識が一致していないから」ということをご紹介しました。

 そして今回は、EC事業に焦点をあてた「認識を一致させるための方法」についてご紹介していきます。

意識レベルの現状を知ろう 具体的な確認ステップとは

 認識を合わせるということは相手がいて初めて行われることです。そのためにはまず、認識が合ったとき、合わなかった時の相手の意識レベルを知ることから始めましょう。ここでいう意識レベルというのは「認識が合っていないことに対する危機感、認識が合っていることに対する安心感」が各個人でどれくらいのレベルなのかということを指します。

 この意識レベルの確認を行うことによって、メンバー同士で「まぁそんなもんでしょ」「え!?それはヤバイでしょ!!」などの違いを知ることになり、ようやく認識を合わせることができるようになります。

 それでは意識レベルの確認を行う方法をご紹介します。この方法を元に自分たちに合ったカスタマイズをして応用することも可能なので、ぜひ試してみてください。では早速ご説明しましょう。

意識レベルの確認手順

①PM(もしくはプロジェクトリーダー)の方が司会進行を務め、意識レベルを確認したい、または確認させたいEC事業メンバーを集めましょう。

  • メンバーの数は多くて10人までとしてください
  • 部署や課を横断して行っても構いません。
  • このタイミングでは、認識についての意識レベルを測るための会議、質問である旨を伝えないでください

②メンバーを集めた後、白紙の紙を配布し所属部署や課、名前を記入してもらい、下記3つの質問をホワイトボードに記載、もしくは口頭で説明を行ってください。(回答時間は全問で5分)

 A:あなたが取り組んでいるECサイトの目標は何ですか?(複数回答可)

 B:過去に起きたECトラブルの中で最もリスクが大きいと感じたものは何ですか?(複数回答可)

 C:1+1はいくつになりますか?(単純な算数としてお答えください)

  • 質問の内容が具体的でないのは意図的なものなので、もし回答者から質問が挙がった場合、深く考えず質問の通り答えてくださいと伝えてください。

③上記質問の回答を紙に書いてもらいます。

④全員の回答が完了したら、司会はAの質問から順番にメンバーの回答を口頭で確認していきます。またその際に各自に回答の理由を説明してもらうようにしましょう。

 これでメンバー全員の回答を確認するところまで来ました。ではなぜこんな質問をしたのか、A~Cの質問が何を意図しているのかを説明しましょう。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
3つの質問が意図することとは

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
EC事業者向けプロジェクトマネジメント論~大事なことに気づいていない人たちへ~連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

株式会社グッドスマイル ロジティクス&ソリューションズ アウトソーシング事業部 藤井直人(フジイナオト)

2009年にシステム開発会社を創業。プロジェクトマネジメントと自身が運営する月間300万PVを超えるメディアを基盤としたコンテンツマーケティング、プロモーション提案に従事。その後、2012年にグッドスマイル ロジスティクス&ソリューションズの創業メンバーとして参画。自社EC事業を推進し、国内は5年で...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/article/detail/6414 2019/02/25 07:00

Special Contents

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年8月30日(火)10:00~16:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング