SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Academy(イーシージン・アカデミー)とは、自社ECのプロフェッショナルの育成を支援する講座の総称です。ECzine編集部が企画し、基本となる「2日でわかるEC構築・運営基礎講座」ほか、その時々のトレンドをいち早く学んでいただけるようテーマ別講座をご用意しています。

お申し込み受付中!

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のECzine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2022 August

2022年8月30日(火)10:00~16:10

「季刊ECzine」とは、年に4回、EC業界の重要ポイントだけをまとめてお届けする紙の雑誌です。ECの最新トレンドを取り上げた「特集記事」のほか、重要なトピックスに関する知識を上書き保存する「定点観測」、EC業界のニュースや記事を振り返るコーナーなど、自社のECビジネスを俯瞰していただく際のヒントになる内容が満載です。

季刊ECzine

2022年夏号(vol.21)
特集「Roads to 2025 ~ブランドを進化させるテクノロジーと顧客交流~」

「季刊ECzine」購読者なら
誌面がウェブでも読めます

EC事業者のためのマーケティングオートメーション特集

MAって実際どうなの? ガシー・レンカー・ジャパンとメガネスーパーにホンネを訊く


便利なツールという認識はありながら、うまく活用しきれないことが多いMA。とはいえ、他事業者の使いかたもなかなか聞く機会はない。今回は、国内EC事業者の中でも、常に先進のマーケティングを試みる、ガシー・レンカー・ジャパンの藤原尚也さん、メガネスーパーの川添隆さんに、MAの活用法、およびECマーケティングの極意についてお話をうかがった。

ガシー・レンカーはステップメールとカート放棄の二本柱で

――今回はMA特集ということで、おふたりのMA活用について聞かせてください。藤原さんは単品通販企業として、どのようにお使いですか?

ガシー・レンカー・ジャパン株式会社 デジタルマーケティング部 シニアマネージャー藤原尚也さん

藤原(ガシー・レンカー・ジャパン、以下GR) 現在は、MAを活用せず、2種類のメールマーケティング施策を展開しています。

ひとつは、2012年以前から始めたCRMのステップメールです。当時は、まだMAという言葉はなく、「シナリオ配信」や「キャンペーンマネジメント」と呼ばれていました。当初は、A/Bテスト、年代別に内容を変えるなどを試しましたが、あまり差が見られなかったため、内容をすべて同じにして、メール配信の有無という分けかたでテストを行いました。結果、やはりメールを配信したほうが効果は良く、5%くらいの差が出ましたね。

ステップメールは、3通を購入者向けに送っています。まずは、購入翌日に使いかたを説明するメール。2通目は10日後で、「実際に使い続けるとこんな風に変わりますよ」といった内容。最後は20日後で、Q&Aを載せました。これには理由があって、当社の商品は毎月自動的に契約が継続されるモデルです。ですから、購入した方のカスタマーセンターへの問い合わせは、20日後が一番多いんです。「使ってみたけど、ちょっと効果が……」という方たちですね。そのため、ここが最も解約のリスクが高いので、不安を解消するようなQ&Aを配信しています。

ステップメールのクリエイティブ

――クリエイティブは頻繁に変更するのでしょうか?

藤原(GR) 何度か変えて、これに落ち着きました。最も効果が高いものが見つかったら、それ以降は愛用者様の写真の差し替え程度ですね。

もうひとつのメールマーケティングは、Ve Japanのカート放棄対策メール。アメリカの本社では別のツールを導入していて、日本でもと勧められていたのですが、いろいろ調べてみたらVeをメガネスーパーさんが使われていると。そこで、川添さんに相談して導入しました。 1通目が45分後、2通目が24時間後、最後は3日後に配信されるのですが、効果が出ているのはほとんど1通目ですね。

カート放棄対策メールのクリエイティブ

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
全配信とセグメント。コストと効果の難しいバランス

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
EC事業者のためのマーケティングオートメーション特集連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

渡邊 徹則(ワタナベ テツノリ)

株式会社Version7代表取締役。Web・コンテンツ制作、分析、マーケティングなどを手掛ける。 執筆業では、主にソーシャル、EC、海外サービス、メディアなどが専門。 会社概要 - seven@ver7.jp - Twitter/Facebook @brigate7

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/article/detail/3273 2016/07/21 17:27

Special Contents

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年8月30日(火)10:00~16:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング