SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2024 June

2024年6月6日(木)10:00~17:40(予定)

押さえておきたい!ECトレンド図鑑

一人の生活者が複数のアイデンティティを使い分ける 電通デジタルに聞く購買行動の変化と未来予測

 顧客が自社商品をどこで認知し、どこで購入しているのか、本当に理解できているだろうか。「若者への認知拡大はSNSで」と、はなから決めつけてはいないだろうか。次世代コマースも次々と登場する中、変わる生活者の購買行動をデータで見てみよう。株式会社電通デジタル コマース部門 コマースデザイン事業部 グループマネージャー 齊藤恭子氏、コマース部門 コマースデザイン事業部 曽篠佳与氏の二人に、「EC・店頭をまたぐ購買行動実態調査2023」の結果と考察を聞いた。

生活者はオンオフの使い分けに疲れ始めている?

 この数年で、生活者による購買行動の変化を実感しているEC事業者も多いだろう。コロナ禍がその大きな要因であることはいうまでもない。2023年は、生活者の多くがリアル回帰し、街の活気や人手も平常化しているように見える。

 しかし、近年のEC需要拡大を背景に電通デジタルが実施した「EC・店頭をまたぐ購買行動実態調査2023」によると、生活者は完全にオフラインに戻ってきたわけではないという。

「2023年は生活者の購買行動に変化が起こると予測していましたが、実際には、オフラインでの購買需要が急激に増加することはありませんでした。デジタルシフトが緩やかに進み、商品の比較検討では、ECモールや企業の公式サイトなど、オンラインチャネルが活発に利用されています」(齊藤氏)

生活者が比較検討に活用しているチャネル
クリックすると拡大します

 一方、注目したい購買行動の変化もある。購買のスマート化だ。

 ECの浸透は、生活者の購入方法の選択肢を広げた。2022年の同調査では、24.4%の生活者が、オンラインとオフラインの両チャネルで商品の購入・検討をしていると判明した。商品カテゴリーによって、ECサイトで商品情報を閲覧してから店頭で購入する、店頭で見かけた商品をECサイトで購入するといったように、生活者によるECと実店舗の行き来が目立ったが、2023年はそれが18.5%に減少している。

購買行動のスマート化
クリックすると拡大します

 齊藤氏は、「購買チャネルが増えたために、生活者の購入方法も複雑化すると考えていたが、むしろシンプル化された」と話す。たとえば、食品は店頭で確認してその場で購入するなど、商品のカテゴリー別にどこで比較検討し、購入するのかといったパターンが確立されつつあるのだ。

株式会社電通デジタル コマース部門 コマースデザイン事業部 グループマネージャー 齊藤恭子氏
株式会社電通デジタル コマース部門 コマースデザイン事業部 グループマネージャー 齊藤恭子氏

 また、曽篠氏は「生活者の検索疲れ」を指摘する。

「現代の生活者は情報に囲まれています。『この情報はここで確認する』と決めることで、購買のスマート化を図っているのでしょう」(曽篠氏)

 情報発信の手段として、SNSは非常に便利なツールだが、自社商品が認知される場所は本当にSNSなのか。自社ECのみで販売している、モールにも出店している、実店舗でも販売しているなど、事業形態は様々あるが、本調査の結果は自社商品に適したチャネルを見極める必要があると示している。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
「どの自分でいたいか」が商品購入に影響

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note
押さえておきたい!ECトレンド図鑑連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

ECzine編集部 藤井有生(フジイユウキ)

1997年、香川県高松市生まれ。上智大学文学部新聞学科を卒業。人材会社でインハウスのPMをしながら映画記事の執筆なども経験し、2022年10月に翔泳社に入社。現在はウェブマガジン「ECzine」で編集を担当している。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/article/detail/13798 2023/12/04 07:00

Special Contents

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2024年6月6日(木)10:00~17:40(予定)

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング