SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2024 June

2024年6月6日(木)10:00~17:40(予定)

押さえておきたい!ECトレンド図鑑(AD)

審査スピード改善と直感的なクリエイティブツールで売上向上を手助け アップデートしたLINE広告に迫る

 「今月の売上達成に向けて広告を使ってブーストさせたい」「他の施策で余った予算を有効活用したい」──日次・週次・月次と細かな売上目標を掲げ、達成に向けた施策検討を行うEC担当者の中には、こうした事態に遭遇した経験がある方もいるのではないだろうか。施策のスピード感が増す現状を踏まえ、LINE広告では2023年1月に審査体制強化と仕組み変更を実施。審査の所要時間短縮に加えて、出稿企業のクリエイティブ制作を手助けする情報発信やサポートを強化している。今回は、黒岩柊介氏、相樂長宏氏、柿崎菜々子氏の3名に、EC事業者に特化した「クリエイティブトレンドを踏まえたLINE広告活用」について話を聞いた。

審査スピードアップで即日配信も可能になった「LINE広告」

──2023年1月に「LINE広告」の審査体制が強化され、出稿までの日数が短縮されたとお聞きしました。変更点を具体的に教えてください。

黒岩 審査体制については、システムの刷新と人員強化を行い、24時間・365日の対応を実現しました。従来は土日祝日や年末年始など、EC事業者の皆さまが「売上を底上げしたい」と思うタイミングに対応しきれていない部分があったのですが、今は約8割の広告が5分以内に審査を完了できるようになっています。

 業界の規制や各種関連法規が関係する商材や、業種によってはもう少しお時間をいただいていますが、早いものでは即日配信も実現できるため、「LINE広告は出稿までに時間がかかる」といった先入観を払拭できるアップデートになっていると思います。

LINE株式会社 広告・法人事業本部 Display Business Planning室 Demand Planning1チーム アシスタントマネージャー 黒岩柊介氏
LINE株式会社 広告事業本部 デマンドプロダクトプランニング1チーム マネージャー 黒岩柊介氏

──ウェブ広告の施策はスピード感も大切です。「露出強化をしたい」と思い立ってから、速やかに出稿を開始できるのは、EC事業者にとってもメリットが大きいと思います。

黒岩 近年、LTV向上に重きを置くEC事業者も増えていますが、売上を拡大するには変わらず新規顧客に向けたアプローチが大切です。また、認知を獲得したい新興D2Cブランドは、「より多くの人の目に触れる可能性が高い面に出稿する」という視点も欠かせません。

 LINE広告は、月間9,500万人(2023年6月末時点)が利用するLINEに加え、1万1,000を超えるアプリメディア(2023年6月時点)に向けて配信ができる「LINE広告ネットワーク」を有しています。LINEを介したコミュニケーションに限らず、スマートフォンを用いた様々なアクションの中で接点を生み出せる点を強みと評価いただけているのか、審査体制を強化した2023年1月以降、LINE広告アカウント数の伸び率はさらに上昇傾向にあります。

──特に増えている業種などはあるのでしょうか。

黒岩 元々、LINE広告は健康食品やコスメを扱う事業者からの需要が高いのですが、審査スピードがアップしたことでより出稿が増えている印象があります。LINEが独自開発した広告クリエイティブ制作を手助けするツール「LINE Creative Lab」を使って広告クリエイティブを自らの手で作成し、出稿して成果を見ながら表現をブラッシュアップするといった素早いPDCAサイクルが回しやすくなったことも、プラスに捉えていただけているようです。

多忙なEC担当者の広告クリエイティブ制作を助ける「LINE Creative Lab」

──EC担当者の中には、1人でサイト更新から広告出稿、SNS運営まで幅広く手掛けているケースも存在します。「LINE Creative Lab」は、そんな方々をどのように手助けしてくれるのでしょうか。

柿崎 「LINE Creative Lab」は、LINE広告のフォーマットに合った画像(静止画・画像(アニメーション))、動画を容易に作成できるツールです。LINE広告のサイズに合わせて既存画像や素材を複数サイズに調整できる「クイックトリミング」、画像とテキストから複数デザインの広告クリエイティブを作成する「自動作成」機能、LINE広告で効果の良い表現を参考にして作成している「テンプレート」などを無料で提供しています。

LINE株式会社 プランニング統括本部 クリエイティブプランニング室 Creative Developmentチーム 柿崎菜々子氏
LINE株式会社 広告事業本部 クリエイティブディベロップメントチーム 柿崎菜々子氏

──テンプレートには、具体的にどのようなものが用意されているのでしょうか。

柿崎 LINE広告・Yahoo!広告が定期的にリリースしている「CREATIVE TREND」に基づき、LINE広告で扱う主要ジャンルで高い成果を上げているビジュアルやキャッチコピーなどを参考に、毎月更新しています。

 テンプレートは、自社の訴求したい内容に合わせて背景・文字の色味や画像、キャッチコピーの変更が可能です。そのため、作業時間を節約しながらも着実に成果につながる広告クリエイティブ制作が実現できます。

クリックすると拡大します

柿崎 また、画像(アニメーション)を作成する際に活用できるアニメーションエフェクトも複数用意しています。簡単に動きをつけることができるので、ぜひ活用していただければと思います。

クリックすると拡大します

次のページ
健康食品・コスメ・総合通販 業種別「勝ちクリエイティブ」を紹介

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note
関連リンク
押さえておきたい!ECトレンド図鑑連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

ECzine編集部 木原 静香(キハラシズカ)

立教大学現代心理学部映像身体学科卒業後、広告制作会社、不動産情報サイトのコンテンツ編集、人材企業のオウンドメディア編集を経験し、2019年に翔泳社に入社。コマースビジネスに携わる方向けのウェブメディア「ECzine」の編集・企画・運営に携わる。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

提供:LINE株式会社

【AD】本記事の内容は記事掲載開始時点のものです 企画・制作 株式会社翔泳社

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/article/detail/13460 2023/09/26 11:00

Special Contents

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2024年6月6日(木)10:00~17:40(予定)

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング