SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Academy(イーシージン・アカデミー)とは、自社ECのプロフェッショナルの育成を支援する講座の総称です。ECzine編集部が企画し、基本となる「2日でわかるEC構築・運営基礎講座」ほか、その時々のトレンドをいち早く学んでいただけるようテーマ別講座をご用意しています。

お申し込み受付中!

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のECzine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2022 August

2022年8月30日(火)10:00~16:10

「季刊ECzine」とは、年に4回、EC業界の重要ポイントだけをまとめてお届けする紙の雑誌です。ECの最新トレンドを取り上げた「特集記事」のほか、重要なトピックスに関する知識を上書き保存する「定点観測」、EC業界のニュースや記事を振り返るコーナーなど、自社のECビジネスを俯瞰していただく際のヒントになる内容が満載です。

季刊ECzine

2022年夏号(vol.21)
特集「Roads to 2025 ~ブランドを進化させるテクノロジーと顧客交流~」

「季刊ECzine」購読者なら
誌面がウェブでも読めます

ネットショップ店長が知っておきたい決済のこと

大手モール「ID決済サービス」が成長の兆し
簡単決済、共通ポイント付与、オムニチャネルコマース実現が魅力


楽天、Yahoo!JAPAN、リクルートの大規模な会員を自社のECサイトに誘導可能な「ID決済サービス」は大きく成長する可能性を秘めています。ECサイトにとっては、簡単に決済できることによるドロップ率軽減、国内有数のポイントプログラムの導入、オムニチャネルコマース実現に向け活用可能です。

数千万人の購買意欲の高い会員を送客可能

 「ID決済」は、チェックアウトサービスとも呼ばれています。例えば、日本でサービスを展開している企業で、外部サイトと決済連携を行っている企業・サービスとしては、

  • 楽天の「楽天ID決済」
  • ヤフーの「Yahoo!ウォレット」
  • リクルートホールディングスの「リクルートまとめて支払い」
  • KDDIの「auかんたん決済」
  • NTTドコモの「ドコモ ケータイ払い」
  • ソフトバンクモバイルの「ソフトバンクまとめて支払い」
  • MasterCardの「MasterPass」
  • PayPal

が挙げられます。

 今回は、その中でインターネットのコマースサービスを自ら提供する楽天、ヤフー、リクルートホールディングスの動向を中心に紹介します。いずれも数千万人の会員を有しています。

 本店カートを運営するサイトがID決済を導入するメリットとしては、大きく以下の3つが挙げられます。

1.大規模なコマースサイトの会員を送客可能

 「楽天ID」の9,387万人(2014年6月現在)、「Yahoo!ウォレット」の2,700万人(2014年7月現在)というように、インターネット上での購買意欲の高い会員をそのまま送客できる魅力があります。

2.クレジットカード等の入力なく、IDとパスワードのみで簡単に支払いが行える

 「楽天市場」「楽天トラベル」や「Yahoo!ショッピング」「Yahoo!占い」「Yahoo!ブックストア」、「ポンパレモール」「じゃらん」等のサイト上同様に、IDとパスワードのみで簡単に決済が行えます。利用者は、住所や電話番号、クレジットカード等の支払い情報の入力なしに決済が可能です。

 ヤフーによると、買い物ページからのドロップ率は一般的な購入フローより5%低い結果が出ているそうです。楽天やヤフーでは、クレジットカード番号や住所などの洗い替えも定期的に行っており、利用者の購買頻度も多いため、登録情報の正確性は高いと言われています。

 また、クレジットカード番号や有効期限を導入サイトのサーバで入力する必要はないため、カード情報漏えいのリスクを回避可能です。

3.大手ショッピングモール等で利用できる汎用性の高いポイントが貯まる

 「楽天ID決済」は「楽天スーパーポイント」、「Yahoo!ウォレット」は「Tポイント」、「リクルートかんたん支払い」は「リクルートポイント」(2015年春にPontaポイントに切り替え予定)が付与されます(Yahoo!ウォレットは加盟店の意志判断による)。

 利用者にとって貯めやすく・使いやすいポイントが貯まるため、購入につながりやすいメリットがあるのもポイントです。

 また、ECサイトは、自社でポイント事業者と契約した場合、それなりの初期投資が必要となりますが、ID決済サービスを導入するだけで、大きなコスト負担はなく、ポイント付与が可能となります。

「ドコモ ケータイ払い」について、「NTTネット決済」と誤って記載していました。訂正してお詫びします。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
楽天、Yahoo!JAPAN、リクルートが外部加盟店開拓に力を入れる

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
ネットショップ店長が知っておきたい決済のこと連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

TIプランニング代表取締役 池谷 貴(イケタニ タカシ)

編集などの仕事を経て、カード業界誌の版元において、雑誌編集、プランニング、セミナー、展示会などの運営に携わる。電子決済、PCI DSS/カードセキュリティ、ICカード、ICタグなどのガイドブック制作を統括。2009年11月にマーケティング、カード・電子決済、IT・通信サービスなどのコンサルティング、調査レポート・書籍の発行、セミナー運営、ポータルサイト「payment navi(ペイメントナビ)」「PAYMENT WORLD(ペイメントワールド)」などのサービスを手掛けるTIプランニングを設立した。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/article/detail/1151 2016/08/09 15:41

Special Contents

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年8月30日(火)10:00~16:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング