SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2024 Spring

2024年3月14日(木)10:00~16:20(予定)

ECホットトピックス

在庫2割で回る!広告費3%でもリピートされる! 韓国レディースアパレルEC「スルタン」「Digue」と卸ビル「U:US」に取材してきました


 ECコンサルタントの清水将平さんが、韓国でレディースアパレルのECサイトに取材してきました。

韓国でアパレルECのヒントを探ってきました

 こんにちは、ECマーケターの清水将平です。先日、韓国を訪問してきましたので、韓国ECに関する考察をお届けしたいと思います。

 若い女性を中心に、韓国のファッションECサイトがショッピングの選択肢の1つとして浸透しています。「DHOLIC」などが有名ですね。また、楽天市場などモールでアパレル商品を扱っているショップの多くが、韓国から商品を輸入して販売しています。日本のアパレル業界において、韓国は欠かせない存在だと言えるでしょう。

 韓国の人口は約5,000万人と、日本の半分ほどです。しかしながら、月商数千万~1億円規模のECサイトもあります。モールでなく、独自ドメインのサイトです。日本でもなかなか難しい、月商数千万~1億円のECサイトはどのような工夫を行っているのでしょうか。

カジュアル系レディースアパレルEC「スルタン」

 取材したショップの1つが、「スルタン」というECサイトです。20~40代の女性向けに、カジュアルなアイテムを取り扱っています。以前はモールにも出店していましたが、今は独自ドメインのみ。韓国でも、モールは価格競争が激しいようです。

 ちなみに、スルタンが利用しているカートはMakeShop。ご存じない方もいるかもしれませんが、MakeShopはもともと韓国で生まれたものです。日本のMakeShopは、日本用にかなりカスタマイズされていると思いますが……。

http://www.sultang.co.kr/

 スマホからのアクセスが50%を占めるそうですが、サイトはいわゆる「韓国ファッション系」の写真が盛りだくさんで、とにかく下にスクロールさせます。利用シーンやコーディネートのバリエーションが豊富で、「提案型」のサイト構成だと言えます。

 こちらで驚いたのは、手持ちの在庫率。なんと2割だと言います。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
手持ち在庫2割を支える、自社開発の管理システム

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
ECホットトピックス連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

日本ECサービス株式会社 代表取締役 ECマーケター 清水 将平(シミズ ショウヘイ)

日本ECサービス株式会社 代表取締役、ECマーケター。JECCICAジャパンEコマースコンサルタント協会 特別講師。 1975年生まれ。関西大学商学部卒業後、株式会社ドリーム・トレイン・インターネット(DTI)にてサポート部門の責任者を務め、各専門誌でサポート満足度No.1を獲得。1年間のカナダに滞在し、...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/article/detail/1003 2022/06/29 09:46

Special Contents

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年8月30日(火)10:00~16:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング