記事種別

ひとつひとつ施策に「何のために」を追究し続け執行役員に JIMOS川上智子さんインタビュー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2016/06/08 08:00

EC業界でも女性の活躍が目立つようになりましたが、身近にロールモデルがいないという人も多いと思います。そこで編集部が見つけた、素敵な先輩たちにインタビュー。第1回は、通販化粧品「マキアレイベル」などのブランドで知られるJIMOSで、史上最速のスピードで執行役員となった川上智子さんが登場です。

JIMOS執行役員 川上智子さんが行く「EC女子の道」

1981年生まれ。静岡大学農学部卒業後、2004年にJIMOSに入社。コールセンターで化粧品販売を行った後、広告部門へ異動し、美容液ファンデーション「クリアエステヴェール」の広告開発を担当。2010年に自然派エイジングケアブランド「Coyori(こより)」を立上げ、2015年執行役員に就任。製品開発、広告開発、CRM開発、コールセンター運営、ECサイト運営などを執行。

思いを貫き、至上最速の11年目で執行役員へ

――もともとECやマーケティングにはご興味があったんですか。

※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。

この記事の内容

  • JIMOS執行役員 川上智子さんが行く「EC女子の道」
  • 思いを貫き、至上最速の11年目で執行役員へ
  • 目的を見失った低迷期 お客様の声にエンジンがかかる
  • 正解のないデジタルシフト 社運をかけたA/Bテストに取り組む
  • プライベートは2歳男児の母 仕事へのプラス効果を実感
  • 仕事をするうえで大切な「目的」「何のために」を見失わない




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

  • 小倉 亜沙子(オグラ アサコ)

    フリーランスフォトグラファー

  • 伊藤 真美(イトウ マミ)

    フリーランスのエディター&ライター。もともとは絵本の編集からスタートし、雑誌、企業出版物、PRやプロモーションツールの製作などを経て独立。ビジネス系を中心に、カタログやWebサイト、広報誌まで、メディアを問わずコンテンツディレクションを行っている。

バックナンバー

連載:EC女子の道

この記事もオススメ

2015年06月の人気記事ランキング

All contents copyright © 2013-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5