SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Academy(イーシージン・アカデミー)とは、自社ECのプロフェッショナルの育成を支援する講座の総称です。ECzine編集部が企画し、基本となる「2日でわかるEC構築・運営基礎講座」ほか、その時々のトレンドをいち早く学んでいただけるようテーマ別講座をご用意しています。

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のECzine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2021 December

2021年12月7日(火)10:00~16:00

「季刊ECzine」とは、年に4回、EC業界の重要ポイントだけをまとめてお届けする紙の雑誌です。ECの最新トレンドを取り上げた「特集記事」のほか、重要なトピックスに関する知識を上書き保存する「定点観測」、EC業界のニュースや記事を振り返るコーナーなど、自社のECビジネスを俯瞰していただく際のヒントになる内容が満載です。

季刊ECzine

2021年秋号(vol.18)
特集「Cross over, Enthuse fans!~店舗、スタッフ、EC&デジタル活用の次なる一手」

「季刊ECzine」購読者なら
誌面がウェブでも読めます

季刊ECzine vol.02 定点観測

画期的な不正対策「3-Dセキュア2.0」 数年先を見据え導入の検討を

 ECにかかわるプラットフォーマーの動向や、ユーザーを引きつけるキャンペーン施策、 クリエイティブ活用などについて、四半期に一度、各分野のプロにポイントを聞く「定点観測」。今季は、Googleの影響の大きさ、動画活用の進行、LINEとの連携、新しい決済の台頭が目立った。自社に関連するポイントをおさえ、来る年末商戦に備えよう(※本記事は、2017年9月25日刊行の『季刊ECzine vol.02』に掲載したものです)。

電子版(誌面)はこちらから閲覧できます。

atone登場、Paidyの導入進む
カードレス後払い決済に注目

 今回の話題は、カードレス決済について。8月18日には、ZOZOTOWNの「ツケ払い」(商品が届いてから支払う後払い決済)のユーザーが100万人を突破。その後払いサービスのひとつ「NP後払い」で知られるネットプロテクションズが、6月21日より、新たなカードレス決済として「atone(アトネ)」を発表した。

 概要は、会員登録し、携帯電話番号とパスワードの入力だけで決済が完了。ひと月分をまとめて、翌月の20日までにコンビニで現金で支払うというもの。会員登録は無料で、買い物をした月のみ請求書代が90円かかる。上限は5万円。買い物履歴をスマートフォンの画面で確認できる仕組みだ。

「NP後払いでは、買い物をするたびに請求書が届いていたところを、ひと月分まとめて支払えるようになったこと。手数料が若干安くなったこと、与信がリアルタイムになったことくらいがポイントでしょうか。ひと月分をまとめて支払えるのは、電話番号とパスワードだけで決済できる『Paidy』がすでにやっていますからね。今のフィンテックブームにはうまく乗っているのかもしれませんが、それほど新しいことはなかったという印象です」

 Paidyは、エクスチェンジコーポレーション社が提供する、カードレス決済。メールアドレスと電話番号を入力すると支払いができ、翌月まとめて支払えるサービスだ。有名どころのECサイトがPaidyを採用したとのニュースを、頻繁に見かけてはいる。テクノロジー面でそれほど革新的なことがなくとも、カードレス決済へのニーズは高まりつつあるのかもしれない。

 カードレス決済の対象となるのは、クレジットカードを持てない層でもあることから、池谷さんがいつも懸念するのは未収問題だ。サービスを提供し続けるには、資金力が求められる。実際、エクスチェンジコーポレーションは7月14日に、三菱東京UFJ銀行からの出資を受け入れている。

この記事は、紙の雑誌『ECzine』に掲載した限定公開の記事です。
続きは以下の方法でお読みいただけます。

次のページ
スマホを使った実店舗での対面決済、続々 課題は普及するか

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
季刊ECzine vol.02 定点観測連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

ECzine編集部(イーシージンヘンシュウブ)

ECZine編集部です。ネットショップ運営に役立つ情報をお届けします。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/premium/detail/4998 2019/09/11 16:45

Special Contents

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2021年12月7日(火)10:00~16:00

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング