記事種別

画期的な不正対策「3-Dセキュア2.0」 数年先を見据え導入の検討を

定点観測 決済
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

 ECにかかわるプラットフォーマーの動向や、ユーザーを引きつけるキャンペーン施策、 クリエイティブ活用などについて、四半期に一度、各分野のプロにポイントを聞く「定点観測」。今季は、Googleの影響の大きさ、動画活用の進行、LINEとの連携、新しい決済の台頭が目立った。自社に関連するポイントをおさえ、来る年末商戦に備えよう(※本記事は、2017年9月25日刊行の『季刊ECzine vol.02』に掲載したものです)。

atone登場、Paidyの導入進む
カードレス後払い決済に注目

 今回の話題は、カードレス決済について。8月18日には、ZOZOTOWNの「ツケ払い」(商品が届いてから支払う後払い決済)のユーザーが100万人を突破。その後払いサービスのひとつ「NP後払い」で知られるネットプロテクションズが、6月21日より、新たなカードレス決済として「atone(アトネ)」を発表した。

 概要は、会員登録し、携帯電話番号とパスワードの入力だけで決済が完了。ひと月分をまとめて、翌月の20日までにコンビニで現金で支払うというもの。会員登録は無料で、買い物をした月のみ請求書代が90円かかる。上限は5万円。買い物履歴をスマートフォンの画面で確認できる仕組みだ。

「NP後払いでは、買い物をするたびに請求書が届いていたところを、ひと月分まとめて支払えるようになったこと。手数料が若干安くなったこと、与信がリアルタイムになったことくらいがポイントでしょうか。ひと月分をまとめて支払えるのは、電話番号とパスワードだけで決済できる『Paidy』がすでにやっていますからね。今のフィンテックブームにはうまく乗っているのかもしれませんが、それほど新しいことはなかったという印象です」

 Paidyは、エクスチェンジコーポレーション社が提供する、カードレス決済。メールアドレスと電話番号を入力すると支払いができ、翌月まとめて支払えるサービスだ。有名どころのECサイトがPaidyを採用したとのニュースを、頻繁に見かけてはいる。テクノロジー面でそれほど革新的なことがなくとも、カードレス決済へのニーズは高まりつつあるのかもしれない。

 カードレス決済の対象となるのは、クレジットカードを持てない層でもあることから、池谷さんがいつも懸念するのは未収問題だ。サービスを提供し続けるには、資金力が求められる。実際、エクスチェンジコーポレーションは7月14日に、三菱東京UFJ銀行からの出資を受け入れている。

この記事は、紙の定期購読誌『季刊ECzine』に掲載した限定公開の記事です。
続きは以下の方法でお読みいただけます。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

バックナンバー

連載:季刊ECzine vol.02 定点観測

もっと読む

2014年01月の人気記事ランキング

All contents copyright © 2013-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5