記事種別

通信4キャリア利用者の最多利用ポイントサービス「楽天ポイント」 2位「Tポイント」/MMD研究所調査

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る
2021/07/25 05:00

 MMD研究所は、通信4キャリアを契約かつ、ポイントサービスを活用している人を対象に「2021年 通信会社と利用ポイントに関する調査」を実施した。同調査結果の詳細は次のとおり。

※ここでは、通信4キャリアは「docomo(ahamo含む)」、「au(povo含む)」、「SoftBank(LINEMO含む)」、「楽天モバイル(MVNO含む)」を指す。

通信4キャリア利用者が最も利用するポイントサービス1位は「楽天ポイント」、2位は「Tポイント」

 通信4キャリアを契約かつ、ポイントサービスを活用している20歳~69歳の男女4,000人を対象に、最も利用するポイントサービスの順位を聞いたところ、docomo(n=1,000)は「dポイント」、au(n=1,000)、SoftBank(n=1,000)、楽天モバイル(n=1,000)は「楽天ポイント」と回答した。

最も利用するポイントサービスの満足度が最も高かったのは「楽天ポイント」

 通信4キャリアを契約かつ、ポイントサービスを活用している20歳~69歳の男女4,000人を対象に、最も利用するポイントサービスの満足度を聞いたところ、「とても満足している」「やや満足している」を合わせると、楽天ポイント(n=1,695)が87.0%、PayPayボーナス(n=335)が80.6%、Pontaポイント(n=296)が79.1%、dポイント(n=403)が78.4%、Tポイント(n=610)が70.8%の順となった。

ポイントサービスが活用できるお店を積極的に利用しているのは「楽天ポイント」が63.1%

 回答者に活用しているポイントサービスが利用できるお店やサービスを積極的に選ぶか聞いたところ、積極的に利用するという回答が最も多かったポイントサービスは「楽天ポイント」で、docomo(n=693)は59.6%、au(n=707)は59.4%、SoftBank(n=674)は61.1%、楽天モバイル(n=935)は72.3%となった。

 続いて、ポイント目的で、活用しているポイントサービスと関連性が高いほかのサービスを積極的に利用しているか聞いたところ、積極的に利用するという回答が最も多かったポイントサービスは「楽天ポイント」で、docomo(n=693)は53.0%、au(n=707)は51.6%、SoftBank(n=674)は53.0%、楽天モバイル(n=935)は63.4%となった。

通信会社の継続利用 利用しているポイントサービスの影響は平均で58.3%に

 通信4キャリアを契約かつ、契約キャリアのポイントサービスを活用している3,324人を対象に、利用している通信会社を継続する理由にポイントサービスは影響するか聞いたところ、「とても重要で継続する理由になっている」と「やや継続する理由になっている」を合わせた継続する理由になっているとの回答は、docomo(n=825)が61.0%、au(n=724)が54.6%、SoftBank(n=840)が46.9%、楽天モバイル(n=935)が70.8%となった。

調査概要
  • 調査期間:2021年7月9日~7月12日
  • 有効回答:4,000人
    ※docomo(n=1,000)、au(n=1,000)、SoftBank(n=1,000)、楽天モバイル(n=1,000)
  • 調査方法:インターネット調査
  • 調査対象:通信4キャリアを契約かつ、ポイントサービスを活用している20歳~69歳の男女


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


2016年07月の人気記事ランキング

All contents copyright © 2013-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5