SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Academy(イーシージン・アカデミー)とは、自社ECのプロフェッショナルの育成を支援する講座の総称です。ECzine編集部が企画し、基本となる「2日でわかるEC構築・運営基礎講座」ほか、その時々のトレンドをいち早く学んでいただけるようテーマ別講座をご用意しています。

お申し込み受付中!

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のECzine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2022 August

2022年8月30日(火)10:00~16:10

「季刊ECzine」とは、年に4回、EC業界の重要ポイントだけをまとめてお届けする紙の雑誌です。ECの最新トレンドを取り上げた「特集記事」のほか、重要なトピックスに関する知識を上書き保存する「定点観測」、EC業界のニュースや記事を振り返るコーナーなど、自社のECビジネスを俯瞰していただく際のヒントになる内容が満載です。

季刊ECzine

2022年夏号(vol.21)
特集「Roads to 2025 ~ブランドを進化させるテクノロジーと顧客交流~」

「季刊ECzine」購読者なら
誌面がウェブでも読めます

ECzineニュース

メイン利用の総合ECはAmazon、ネットスーパーはイオンがトップ 自宅配送が利点/MMD研究所調査

 MMD研究所は、コロプラが提供するスマートフォン向けインターネットリサーチサービス「スマートアンサー」にて共同調査を行った。第29弾として「2020年5月総合EC・ネットスーパー利用動向調査」を実施。調査結果を発表した。

メイン利用の総合ECはAmazon・楽天市場・Yahoo!ショッピング、ネットスーパーはイオン・楽天西友・イトーヨーカドー

 回答者全体に対して総合ECについて知っているか聞いたところ、「Amazon」が97.1%ともっとも多く、次に「楽天市場」が95.1%、「Yahoo!ショッピング」が92.5%となった。

 総合ECを知っている人に利用経験を聞いたところ、全体の認知度順と同じ結果に。また、総合ECを現在利用している人にメイン利用の総合ECをたずねたとこと、やはり認知度順と同じ結果になり、「Amazon」が52.0%ともっとも多かった。

 続いて、ネットスーパーについて知っているか聞いたところ、「イオンネットスーパー」が62.3%ともっとも多かった。次に「イトーヨーカドーのネットスーパー」、「楽天西友ネットスーパー」という結果に。

 続いて、ネットスーパーを知っている人に利用経験を聞いたところ、もっとも多いのは「楽天西友ネットスーパー」で11.2%、次に「イオンネットスーパー」、「イトーヨーカドーのネットスーパー」となった。

 次に、ネットスーパーを現在利用している119人を対象に、メイン利用のネットスーパーを聞いたところ、「イオンネットスーパー」が38.7%ともっとも多い結果に。「楽天西友ネットスーパー」、「イトーヨーカドーのネットスーパー」が続いた。

ネット購入において良かった点は「自宅まで届けてくれる」、困った点は「実物が見られない」

 総合ECまたはネットスーパーの利用経験がある人を対象に、インターネットで商品を購入する際に良かった点を複数回答で聞いたところ、「自宅まで届けてくれる」が56.7%ともっとも多かった。「ポイントが貯まる」が52.2%、「24時間いつでも購入できる」が52.0%で、僅差となった。

 続いて、インターネットで商品を購入する際に困った点を複数回答で聞いたところ、「実物が見られない」が49.3%。次に「送料がかかる」、「買ってから届くまで少し時間がかかる」が28.0%となった。

総合EC関連サービスでの利用最多は「PayPay」 理由は「ポイントが貯まる」「使いやすい」

 総合ECを現在利用していると回答した人を対象に、総合ECの関連サービスを利用しているかたずねた。利用しているサービスでもっとも多いのは「PayPay」で46.4%、次に「Amazonプライム」は32.0%、「楽天銀行」は29.3%という結果に。利用経験で見てみると、「PayPay」は50.4%ともっとも多く、次に「Amazonプライム」、「ヤフオク!」となった。

 続いて、総合ECの関連サービスを利用している人に、利用する理由を聞いたところ、「ポイントが貯まる」が61.8%ともっとも多く、次に「使いやすい」が51.5%となった。

利用しているポイントは「Tポイント」がトップ

 回答者全体に対し、利用しているポイントについて複数回答で聞いたところ、「Tポイント」が71.7%ともっとも多く、次に「楽天ポイント」が58.3%、「Pontaポイント」が47.8%となった。

 続いて、利用しているポイントをメイン利用の総合EC上位6サービス別に見てみると、Amazonは「Amazonポイント」、楽天市場は「楽天ポイント」、Yahoo!ショッピングは「Tポイント」がそれぞれもっとも多い結果となった。

※なお、2020年5月21日に「au WALLET ポイント」が「Pontaポイント」へ変更となったが、同調査は変更前に聴取したものとなるため別々の項目で記載。

調査概要
  • 調査期間:2020年5月13日~5月18日
  • 有効回答:2,128人
  • 調査方法:インターネット調査
  • 調査対象:スマートフォンを所有する18歳~69歳の男女
  • 設問数:20問

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

ECzine編集部(イーシージンヘンシュウブ)

ECZine編集部です。ネットショップ運営に役立つ情報をお届けします。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/news/detail/7971 2020/06/12 05:00

Special Contents

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年8月30日(火)10:00~16:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング