SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2024 Spring

2024年3月14日(木)10:00~16:20(予定)

ECzineニュース

ECサイトからのメルマガ、年代が下がるほど「すべて読む」比率が高い【ジャストシステム調査】

 ジャストシステムは、直近1年間にECサイトでファッションアイテムを購入した20~50代の男女1,110名を対象に、「ECプロモーション別消費行動調査」を行った。なお調査は、ネットリサーチサービス「Fastask」を利用して実施された。

ECサイトからの「お知らせ」、メルマガが大半を占めるも20代ではプッシュ通知とSNSが3割強に

 ECサイトからのお知らせを受け取る方法について尋ねたところ、どの年代でもメルマガの比率が最も高かった。しかし年代が下がるほどSNSとプッシュ通知の比率が上がり、20代ではSNSが33.5%、プッシュ通知が34.5%となった。

HTMLメールは約6割が許可。全体の8割弱が許可する傾向に

 HTML形式でのメルマガを許可するかという質問に対して、「許可している」(59.7%)と「どちらかというと、許可しているメルマガのほうが多い」(18.2%)を合わせると、全体の8割弱がHTMLメールを許可する傾向にあることがわかった。

メルマガを読む割合は若いほうが高い?年代が上がるほど、見出しを見て読むかどうかを決める傾向に

 年代が下がるほど「全てのメルマガを読んでいる」、または「ほとんどのメルマガを読んでいる」と答えた比率が高かった。反対に、年代が上がるほど「見出しを見て、気になるものだけを読んでいる」と回答した比率が高かった。ただし、全年代とも比率が最も高かったのは「見出しを見て、気になるものだけを読んでいる」だった。

注目するメルマガの見出しはセール、クーポン、ポイント

 注目するメルマガの見出し上位3つは、セール(56.8%)、割引クーポン(51.5%)、ポイント(40.8%)となっており、ユーザーの金銭的な利益に直結する内容が注目を集める傾向にあった。

ECサイトからの「お知らせ」を受け取るSNS、1位はLINE

 ECサイトからのお知らせを受け取っているSNSについて尋ねたところ、1位はLINEで79.7%、次いでTwitterの54.7%となった。また、LINEでECサイトを友だちとして登録するきっかけは、公式アカウントからの登録が75.1%と最も多く、次いでスタンプショップからの登録が54.4%だった。

【調査の実施概要】
調査名:「ECプロモーション別の消費行動調査」
調査期間 :2016年10月14日(金)
調査対象 :直近1年間にECサイトで買い物をした20~50代の男女1,110名

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

ECzine編集部(イーシージンヘンシュウブ)

ECZine編集部です。ネットショップ運営に役立つ情報をお届けします。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/news/detail/3767 2016/10/28 13:00

Special Contents

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2024年3月14日(木)10:00~16:20(予定)

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング