SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Academy(イーシージン・アカデミー)とは、自社ECのプロフェッショナルの育成を支援する講座の総称です。ECzine編集部が企画し、基本となる「2日でわかるEC構築・運営基礎講座」ほか、その時々のトレンドをいち早く学んでいただけるようテーマ別講座をご用意しています。

12月13日-14日にアーカイブ配信決定!

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のECzine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2023 Summer

2023年6月14日(水)10:00~16:10(予定)

「季刊ECzine」とは、年に4回、EC業界の重要ポイントだけをまとめてお届けする紙の雑誌です。ECの最新トレンドを取り上げた「特集記事」のほか、重要なトピックスに関する知識を上書き保存する「定点観測」、EC業界のニュースや記事を振り返るコーナーなど、自社のECビジネスを俯瞰していただく際のヒントになる内容が満載です。 ※諸般の事情により、2023年春号(vol.24)をもって休刊となります。

季刊ECzine

2023年春号(vol.24)
特集「Find out! Create new connection~テクノロジーで拡張する顧客体験と売り場の可能性~」

「季刊ECzine」購読者なら
誌面がウェブでも読めます

ECzineニュース

「今後伸びるビジネス」ランキング 初登場の「生成AI」がジャンル別将来性スコアで2位に/日経BP調査

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • embed
  • 通知

 日経BPは、マーケティング&イノベーション専門メディア「日経クロストレンド」が作成した「マーケティング」「テクノロジー」「消費トレンド」の潮流を見極める「トレンドマップ 2023上半期」を発表。注目キーワードをランキング化した。

 マーケティング、テクノロジー、消費の3分野のなかから、中長期的に注目すべきトレンド(潮流)の見極めを目的とし、日経クロストレンドの活動に助言する外部アドバイザリーボード約50人と、編集部の記者など各分野の専門家の知見を集約。分析結果は、「現時点での経済インパクト」と「将来性」の2つのスコアでマッピングしている。

 今回のトレンドマップ2023上半期調査は、2023年4月に実施した。2022年10月に実施した前回調査と比較し、今回、将来性スコアが伸びたトップ3は、マーケティング分野では「音声SNS」「チャットbot(対話型AI含む)」「ジオターゲティング(位置情報・人流マーケティング)」。また、テクノロジー分野では「VUI(音声ユーザーインターフェース)」「人間拡張」「スマートフォン」、消費トレンド分野では「越境EC」「インスタ映え」「ナイトタイムエコノミー」だった。

 一方、経済インパクトは、全体でスコア上昇率がトップだったのは消費トレンド分野の「Z世代」。そのほか、マーケティング分野では「クッキー代替技術」、テクノロジー分野では「バーチャル・ヒューマン・エージェント(VHA)」、がそれぞれジャンル別で高い伸びを示した。

各分野でスコアを伸ばしたキーワードランキング(2022年下半期調査との比較)
各分野でスコアを伸ばしたキーワードランキング(2022年下半期調査との比較)

 今回の調査で新たに追加したキーワードは、マーケティング分野の「CX(顧客体験)」と、テクノロジー分野の「生成AI(ChatGPTなど)」、消費トレンド分野の「リベンジ消費」「リスキリング」の4つ。

新たに追加したキーワードの将来性スコア
新たに追加したキーワードの将来性スコア

トレンドマップ2023「マーケティング分野」の例

トレンドマップ2023「マーケティング分野」の例

 同調査の主なトピックスは次のとおり。

将来性のスコアはChatGPT特需で「チャットbot」が上昇、アフターコロナ関連への期待も大

 前回の調査から、マーケティング分野で将来性スコアをもっと大きく伸ばしたキーワードは「音声SNS」で、0.46ポイント増の3.24。国内のポッドキャスト利用者数は1,680万人に達しているとされ、特に若年層を中心に音声メディアが復権の兆しを見せていることが、将来スコアの上昇というかたちで表れた。

 次に、将来性スコアの上昇率がマーケティング分野で高かったのが、0.39ポイント増の4.00となった「チャットbot」。人間の指示に従って文章や画像などを自動生成する生成AI「ChatGPT」特需とも言える現象が、世界各国で起こっている。その流れを受けてチャットbotが改めて脚光を浴びていることが、同調査の結果でも裏付けられている。

 いよいよ「アフターコロナ」が現実のものとなった今、マーケティング分野で3番目に将来性スコアを伸ばしたのは「ジオターゲティング」で、前回から0.26ポイント増の3.88となった。消費トレンド分野でも「ナイトタイムエコノミー」が伸び率3位(0.11ポイント増の3.24)となっており、人の移動のさらなる活発化が予想されるなか、新たな商機が生まれると多くの専門家は見ている。

経済インパクトのスコアで「Z世代」が伸び率全体トップ、「空飛ぶクルマ」も急伸

 経済インパクトで前回調査よりもっとも高い伸び率を示したのが、消費トレンド分野の「Z世代」(スコアは0.52ポイント増の3.64)。1990年代半ば以降に生まれた若者たちが、ファッションやコスメ、外食といった分野で消費のけん引役を担うケースが増えている。SNSの利用時間もミレニアル世代(1980年〜90年代前半生まれ)に比べて2倍近く長いとされ、オフラインのみならずオンラインでも影響力が拡大していることが数字の上で裏付けられた。

新キーワード「生成AI(ChatGPTなど)」は将来性スコアでジャンル別2位に

 追加した新キーワードについては、AI(人工知能)の一種である「生成AI」が、米OpenAI開発の「ChatGPT」の登場をきっかけに、さまざまな産業で積極活用する動きが生まれています。新キーワードながら3位のクラウド(スコアは4.58)を上回るスコアとなり、一時的なブームではなく高い成長性が今後期待できることが判明した。

 マーケティング分野「CX(顧客体験)」も、初登場ながらジャンル別スコアランキングで2位に。4.44と高いスコアを記録しており、さらに活用が進むとみられる。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • embed
関連リンク
この記事の著者

ECzine編集部(イーシージンヘンシュウブ)

ECZine編集部です。ネットショップ運営に役立つ情報をお届けします。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
  • embed
  • 通知
ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/news/detail/12895 2023/05/25 07:30

Special Contents

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年8月30日(火)10:00~16:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング