SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Academy(イーシージン・アカデミー)とは、自社ECのプロフェッショナルの育成を支援する講座の総称です。ECzine編集部が企画し、基本となる「2日でわかるEC構築・運営基礎講座」ほか、その時々のトレンドをいち早く学んでいただけるようテーマ別講座をご用意しています。

12月13日-14日にアーカイブ配信決定!

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のECzine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2023 Spring

2023年3月16日(木)10:00~16:10(予定)

「季刊ECzine」とは、年に4回、EC業界の重要ポイントだけをまとめてお届けする紙の雑誌です。ECの最新トレンドを取り上げた「特集記事」のほか、重要なトピックスに関する知識を上書き保存する「定点観測」、EC業界のニュースや記事を振り返るコーナーなど、自社のECビジネスを俯瞰していただく際のヒントになる内容が満載です。 ※諸般の事情により、2023年春号(vol.24)をもって休刊となります。

季刊ECzine

2022年冬号(vol.23)
特集「Social merges with OMO~垣根なきコマースを実現する発想とテクノロジー~」

「季刊ECzine」購読者なら
誌面がウェブでも読めます

ECzineニュース

買い物代行のシーレ、築地専門買い物コンシェルジュ「築地のサブちゃん」が外国人観光客向けサービスを開始

 築地専門の買い物代行/コンシェルジュサービス「築地のサブちゃん」を提供するシーレは、外国人観光客向けの英語での買い物代行サービス/購入サポートサービスを開始したことを発表した。

 観光客緩和と円安の影響で、外国人観光客が急増している東京・築地。しかし外国人観光客が築地で食材を購入するには、コミュニケーションの難しさがあった。そこで、築地専門買い物コンシェルジュが英語で買い物サポートすることにより、日本語を話せない観光客でも築地の食材をスムーズに購入できるように。滞在ホテルへの配送や築地でのピックアップも可能なので、滞在中のスケジュールが組みやすく、鮮魚をお土産にできるのも特徴だという。また、築地魚河岸の仲卸にとってもメリットは多い。これまでにない外国人観光客向けサービスで、築地観光や食べ歩きだけでなく、高品質な築地の商品を自国に持ち帰って楽しめるという新しいお土産のかたちを提案する。

「築地のサブちゃん」の買い物代行/コンシェルジュサービスについて

 築地魚河岸の提携店舗に並ぶ商品を代わりに買って即日配送するサービス。豊洲市場/築地の仲卸が仕入れた一級品の食材をスマホやPCで注文できる。事前に相談すれば、コンシェルジュが買い物をサポートする。2022年11月時点、中央区/港区(台場エリア除く)/千代田区/江東区/渋谷区/文京区が配送対象エリアで、今後もエリアを拡充予定となっている。

「築地のサブちゃん」外国人観光客向けサービスについて

 築地のサブちゃんの買い物代行サービスでは、これまでも配送対象エリアに住む在日外国人向けに英語サービスを展開していた。サービス提供にあたり、海外の人は区別しない魚の種類、海外では一般的ではない切り方など、言語の違いだけではなく、文化の違いを吸収しながら対応していた。観光客には問い合わせを受けたタイミングで随時調整をして特別サービスとして提供していたが、緩和された外国人観光客、為替相場の円安による影響から、「高品質のマグロを持ち帰りたい。どれを買えばいいかわからない」といった海外ユーザーからの問い合わせが増えたため、外国人観光客向けにサービスを開始した。

 同サービスの特徴は、次の3つ。

築地での食材購入サポート

 以前から観光ガイドによる築地案内ツアーはあったが、同サービスでは観光客向けに商品の購入サポートを行う。普段から築地のサブちゃんでは国内向けに築地魚河岸の買い物代行サービスを行っているため、買い物サポートも高い品質で提供する。

買い物コンシェルジュによる英語サポート

 築地魚河岸には多くの店舗・商品が並んでいるが、日本語を話せない訪日外国人は買うこともできずただ見て回るだけ…というケースも多く、築地魚河岸の店舗は、外国人観光客の恩恵をあまり受けてこなかったのも事実だという。そこで同サービスでは、英語での購入サポートを実施。築地のサブちゃんでは普段から築地魚河岸の商品を扱っており、英語と海外文化を理解しているスタッフがいるため、適切にコミュニケーションを取りながら商品の絞り込みや探している商品を提案する。

滞在ホテルへの配送、出国直前ピック可能で鮮魚もお土産に

 築地のサブちゃんは梱包・配送サービスでもあるため、滞在ホテルまで食材を配送可能。また出国直前、空港に向かう前に築地で商品をピックすることもできる。築地での買い物後に生物を持ったまま観光に出かけたり、出国前に築地で買い物する時間をスケジュールに組んだりする必要がないとのこと。帰国直前にピックすることで、鮮魚などの海産物もお土産として持ち帰れるようになった。

外国人観光客にとってのメリット

築地の食材をお土産にできる

 世界的に有名な“築地”の最高品質の食材をお土産として持ち帰ることができる。築地魚河岸の数多い店舗・商品のなかから、コンシェルジュが海外ユーザーに合った商品を提案する。

日本語を話せなくても高品質な食材を買える

 築地でのコミュニケーションは、基本は日本語になるため、日本語を話せない観光客にとっては買いたい商品を伝えたりおすすめ商品を聞いたりと、コミュニケーションを取ることが難しいのが現状だった。築地のサブちゃんには英語と海外文化を理解しているスタッフがいるため、海外ユーザーにもわかりやすいかたちで、日本ユーザーと同じようなサポートを提供する。

よりディープに築地を楽しめる

 食べ歩きでも築地の食材を楽しむことができるが、食べ歩きで楽しめるのはごく一部である。鮮魚など築地らしい食材は、外国人観光客はあまり購入していないのが現状となっている。築地のサブちゃんが買い物サポートおよび梱包・配送まで提供することで、現地での食べ歩きだけでは終わらない、築地のよりディープな素晴らしさを海外ユーザーも楽しむことができる。

築地魚河岸の仲卸のメリット

外国人観光客の集客&購入促進

 先述の通り、言語の問題もあり、今までは築地魚河岸の仲卸は外国人観光客の恩恵を受けにくかったというのも事実である。しかし築地のサブちゃんが英語サポートすることで、観光客の購入意欲を促進、売上につながる。

面倒なやりとりはサブちゃんにお任せ

 海外ユーザーとの英語でのやり取りをすべて任せられるうえ、築地のサブちゃんは普段から築地魚河岸で買い物代行業務を行っているため、商品説明などにおいても安心して任せることができる。

「築地のサブちゃん」外国人観光客向けサービス概要

  • 営業日:毎週金曜、土曜受け取り
  • 配送対応エリア:中央区、港区、渋谷区、千代田区、江東区、文京区(事前の相談によりほかエリアも可能な場合あり)
  • 料金(税込):商品価格 + 買い物代行料(商品代金の25%+1500円)(料金はエリアや現地ピックアップにより異なる)
  • 最低購入金額:商品価格で3000円以上
  • 支払い方法:クレジットカード
  • 備考:帰国時の税関/検疫対象、持ち込み可否は、国、航空会社、商品などによって異なるため、注文前にユーザー側にて事前確認を依頼している。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

ECzine編集部(イーシージンヘンシュウブ)

ECZine編集部です。ネットショップ運営に役立つ情報をお届けします。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/news/detail/12100 2022/12/02 06:00

Special Contents

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年8月30日(火)10:00~16:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング