SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Academy(イーシージン・アカデミー)とは、自社ECのプロフェッショナルの育成を支援する講座の総称です。ECzine編集部が企画し、基本となる「2日でわかるEC構築・運営基礎講座」ほか、その時々のトレンドをいち早く学んでいただけるようテーマ別講座をご用意しています。

お申し込み受付中!

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のECzine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2022 Winter

2022年12月1日(木)10:00~16:10(予定)

「季刊ECzine」とは、年に4回、EC業界の重要ポイントだけをまとめてお届けする紙の雑誌です。ECの最新トレンドを取り上げた「特集記事」のほか、重要なトピックスに関する知識を上書き保存する「定点観測」、EC業界のニュースや記事を振り返るコーナーなど、自社のECビジネスを俯瞰していただく際のヒントになる内容が満載です。

季刊ECzine

2022年秋号(vol.22)
特集「Above and Beyond expectations!!〜期待以上の体験を提供するテクノロジーとブランド〜」

「季刊ECzine」購読者なら
誌面がウェブでも読めます

ECzineニュース

墨田区とリユース事業「おいくら」の実証実験、依頼の約86%が家具・家電など大型製品 4月本格導入へ

 東京都墨田区とマーケットエンタープライズが運営するリユースプラットフォーム「おいくら」は、2022年1月4日より地域社会における課題解決を目的とした実証実験を連携して行った。約3ヵ月の実験期間を経て、4月より粗大ごみリユース事業として、「おいくら」が本格導入されることが決定したことを発表した

実証実験の経緯

 東京都墨田区は、2021年度「SDGs未来都市」に内閣府より選定されている。加えて、「SDGs未来都市」のなかでも、特に先導的な取り組みとして毎年度10都市のみ選定される「自治体SDGsモデル事業」にも選出。人工知能を搭載した「ごみ分別案内チャットボット」を導入し、区民のごみ分別などに対する利便性を高めるなど、ごみの減量化・資源化にも積極的に取り組んでいる。また、2021年4月には、「墨田区一般廃棄物処理基本計画(第4次)」を策定し、3R(発生抑制・再使用・再生利用)のなかでも優先度の高い2R(発生抑制・再使用)の取り組みを中心とした各種事業を展開している。

 他方、マーケットエンタープライズは、「持続可能な社会を実現する最適化商社」をビジョンに掲げ、リユース事業を中心に内閣府の「地方創生SDGs官民連携プラットフォーム」への参画や、「楽器寄附ふるさと納税」実行委員会の一員として活動を続けるなど、官民の垣根を超えたSDGsへの取り組みに注力してきた。

 そこで、「リユース活動促進による循環型社会の形成を目指したい」という互いのニーズが合致し、2022年1月4日より粗大ごみ収集量の削減を目指し、同社が運営するリユースプラットフォーム「おいくら」を通じた不要品のリユースに関する実証実験を行っていた。

実証実験の結果

 実証実験が開始された2022年1月4日から2022年2月までに、墨田区ホームページ内の「粗大ごみ」から「おいくら」へ寄せられた買取依頼は、合計323件(商品数の合計は617点/加盟店への電話申し込みや直接検索されたものは含まれない)となった。なお、依頼の50.7%がソファやタンス、棚などの家具で、35.5%が洗濯機や冷蔵庫、テレビなどの家電という結果に。大型品依頼の割合が大きく、廃棄物処理にともなう墨田区の搬出・廃棄コスト削減へ寄与する結果となった。

今後について

 墨田区と「おいくら」の連携は、二次流通のさらなる活性化によって社会全体での不要品削減が見込まれるとともに、住民・自治体双方の廃棄コスト削減による経済的負担が軽減され、脱炭素社会へとつながる。これまで家電や家具などの大型品は、梱包や発送が困難であるため、個人でのリユースは難しいと捉えられており、結果として粗大ごみとして処分されてしまうことが一般的だった。同サービスでは、不要品の一括見積もりから買取依頼、売却までを自宅から一歩も出ずに、スムーズに完結することができるシステムとなっているため、コロナ禍でもできるだけ接触の機会を減らしながら、大型品のリユースが可能となる。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

ECzine編集部(イーシージンヘンシュウブ)

ECZine編集部です。ネットショップ運営に役立つ情報をお届けします。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/news/detail/11204 2022/03/27 20:00

Special Contents

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年8月30日(火)10:00~16:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング