SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Academy(イーシージン・アカデミー)とは、自社ECのプロフェッショナルの育成を支援する講座の総称です。ECzine編集部が企画し、基本となる「2日でわかるEC構築・運営基礎講座」ほか、その時々のトレンドをいち早く学んでいただけるようテーマ別講座をご用意しています。

お申し込み受付中!

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のECzine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2022 Winter

2022年12月1日(木)10:00~16:10(予定)

「季刊ECzine」とは、年に4回、EC業界の重要ポイントだけをまとめてお届けする紙の雑誌です。ECの最新トレンドを取り上げた「特集記事」のほか、重要なトピックスに関する知識を上書き保存する「定点観測」、EC業界のニュースや記事を振り返るコーナーなど、自社のECビジネスを俯瞰していただく際のヒントになる内容が満載です。

季刊ECzine

2022年秋号(vol.22)
特集「Above and Beyond expectations!!〜期待以上の体験を提供するテクノロジーとブランド〜」

「季刊ECzine」購読者なら
誌面がウェブでも読めます

ECzineニュース

PPwork、ベトナム市場に参入するコスメブランド向けECコンテンツローカライズとSNSマーケを開始

 PPworkは、子会社のTiDocs Designing Co.,Ltd.とともに2021年12月より、ベトナム市場に参入する化粧品やケア商品ブランドを対象にECコンテンツのローカライズとソーシャルメディアによるマーケティングサービスを開始した。

 TiDocsでは単なる翻訳にとどまらず、現地ユーザー視点のコンテンツ企画のほか、ソーシャルメディアで注目度の高い画像記事や動画の制作を得意としている。またインフルエンサーとのコラボレーションによる新規ユーザーの獲得や、プレゼント企画との連動により双方向性を創出するなどマーケティング施策まで、商品と現地ユーザーをつなぐコンテンツ制作を支援する。

  • ECサイトローカライズ(現地でのベトナム語翻訳、コンテンツ改訂)
  • ソーシャルメディアのコンテンツ制作、投稿(動画、画像記事を含む。ベトナム語)
  • ソーシャルメディアのコメントやメッセージの管理
  • インフルエンサー コラボレーション手配
  • 専用サイトでのプレゼント応募受付、当選連絡や発送

 成長著しいベトナムの小売市場は、新型コロナウイルスの感染拡大への対策の影響でさらに急速にECへの移行が進んでいる。ソーシャルメディアECが幅広く定着する一方で総合ECモールも売上を伸ばすなど、東南アジアの中でもこれからの有望なEC市場として注目されている。

 ベトナムの化粧品市場は拡大を続け、2020年に過去最大規模となった。総合ECモールにとって美容、ファッションの需要の取り込みはシェアに大きく影響し、化粧品も各社が注力するカテゴリのひとつ。海外からの化粧品の需要が高く、国内流通量の約9割を輸入製品が占めている。各国から品質に優れたブランドの参入が相次ぎ、ECサイトに載せただけではユーザーの目に留めてもらえないのが現状となっている。

 PPworkでは、現地ユーザーがコスメ情報に触れる機会について次の二面性を踏まえ、今でも文化に根差して大切にされている人とのつながりやキャラクターを感じられる企画を提案する。

情報探索傾向1. 不安を解消する

 ベトナムの女性たちは、月収のうち多くをコスメ、ケアに費やしこだわって商品を選ぶ傾向にある。国内では偽物も多く直接肌に触れるものは警戒して商品や購入先の情報を集める習慣が根付いていることが理由。Facebookで偽物情報など口コミをチェック、またグループへ意見を求めることも多くある。

情報探索傾向2. 興味、好奇心を満たす

 品質への不安解消とは別に、コスメ、スキンケアに関するYouTube動画やFacebookやInstagramに投稿される画像記事をエンターテイメントとして楽しむユーザーも多い。「おもしろい」「かわいい」という視覚的な刺激、さらに動画によるニュアンスの描写は色、タッチなどメイクやケアについて重要なポイントが伝わりやすいというメリットもある。ベトナム国内でソーシャルメディアのフォロワーが10万人を超えるコスメ関連インフルエンサー10人を当社で調べたところ、FacebookよりもYouTubeの平均フォロワー数の方が倍以上多いことがわかった。

 PPworkでは、コスメ専門インフルエンサーと、COSRX、COMMONLABS.、CARYOPHYやMKUPなど韓国、台湾コスメ人気ブランドの協力を得て、2021年11月にマーケティングWebサイト「TiDocs」でスキンケアタイプ診断&プレゼントを実施。キャンペーン告知投稿のエンゲージメント率は60.0%と、YouTubeを活用したインフルエンサーの告知がエンゲージメント獲得に大きく寄与した (数値は告知後3日目に測定)。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

ECzine編集部(イーシージンヘンシュウブ)

ECZine編集部です。ネットショップ運営に役立つ情報をお届けします。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/news/detail/10697 2021/12/08 22:00

Special Contents

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年8月30日(火)10:00~16:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング