SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Academy(イーシージン・アカデミー)とは、自社ECのプロフェッショナルの育成を支援する講座の総称です。ECzine編集部が企画し、基本となる「2日でわかるEC構築・運営基礎講座」ほか、その時々のトレンドをいち早く学んでいただけるようテーマ別講座をご用意しています。

お申し込み受付中!

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のECzine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2022 August

2022年8月30日(火)10:00~16:10

「季刊ECzine」とは、年に4回、EC業界の重要ポイントだけをまとめてお届けする紙の雑誌です。ECの最新トレンドを取り上げた「特集記事」のほか、重要なトピックスに関する知識を上書き保存する「定点観測」、EC業界のニュースや記事を振り返るコーナーなど、自社のECビジネスを俯瞰していただく際のヒントになる内容が満載です。

季刊ECzine

2022年夏号(vol.21)
特集「Roads to 2025 ~ブランドを進化させるテクノロジーと顧客交流~」

「季刊ECzine」購読者なら
誌面がウェブでも読めます

ECzineニュース

2020年度自然派・オーガニック化粧品市場は前年度比94.5% チャネル戦略再構築へ/矢野経済研究所

 矢野経済研究所は、国内の自然派・オーガニック化粧品市場を調査し、製品カテゴリー別や流通経路別の動向、参入企業動向、将来展望を明らかにした。なお、今回調査にあたり、過去に遡って2018年度、2019年度の市場規模を見直している。

市場概況

 2020年度の自然派・オーガニック化粧品市場は、ブランドメーカー出荷金額ベースで前年度比94.5%の1,330億円と推計した。2016年の調査以来(2011年度の市場以降)、初めて前年度割れとなった。新型コロナウイルス感染拡大に伴う外出自粛や緊急事態宣言下での店舗休業、時短営業などが市場マイナス要因となった。

 一方で、自然派・オーガニック化粧品に関しては、サスティナブルな環境を意識したライフスタイルを目指す消費者や、敏感肌と自覚する女性の増加に加え、イメージ先行の市場から、一般化粧品に求められる機能をも有するナチュラル・オーガニック化粧品が多く流通するようになったことで訴求力が高まっており、今後もその市場性を維持するものと考えられる。

注目トピック

ニューノーマルによるチャネルシフト

 2020年度の自然派・オーガニック化粧品市場において、コロナ禍で最も大きく変化したのは販売チャネルである。それはコロナ禍が収束しても、中長期的に影響を及ぼす見通しで、チャネル戦略そのものの方針転換にまでおよぶこととなった。

 これまで多くのブランドがブランドコントロールという視点から、直営店での販売を主軸としてきた。しかし、すでにブランド認知が進み一定の店舗網を構築したブランドでは、店舗数拡大施策が成長戦略から外れ、適正店舗の策定に基づく運営と効率化が妥当という考え方に移行している。加えて、コロナ禍を契機にECチャネルの重要性が一気に高まっていることから、企業規模を問わず、実店舗の出店とECルートを総合したチャネル戦略の再構築が喫緊の課題となっている。

将来展望

 2020年度の自然派・オーガニック化粧品市場は、コロナ禍という特殊要因から市場縮小に陥ったものの、化粧品全体市場に比べるとその縮小幅は小さかった。その要因のひとつは化粧品全体市場がインバウンド(訪日外国人客)消費に下支えされていたのに対し、自然派・オーガニック化粧品市場ではそれが僅かであったことである。 2021年度は首都圏や大都市圏を中心に断続的な緊急事態宣言下にあったが、下期に入り収束の兆しが見えてきたことで回復が期待される。また、社会におけるサスティナブルやSDGsへの関心の高まりは、自然派・オーガニック化粧品市場には追い風とみる。

調査要項

  1. 調査期間:2021年9月~10月
  2. 調査対象:自然派・オーガニック化粧品メーカー、販売代理店、小売店、関連団体等
  3. 調査方法:同社専門研究員による直接面談(オンライン含む)、eメールによる調査、ならびに文献調査併用
自然派化粧品とは

 本調査における自然派化粧品とは、①天然植物原料を主成分としている、②化学合成成分の配合を抑制している、の2つともあてはまる化粧品をさす。

オーガニック化粧品とは

  本調査におけるオーガニック化粧品とは、①第三者機関のオーガニック認証を取得している、②使用原料の大部分を自社及び提携農園のオーガニック素材を使用している、③ブランドラインアップの大部分にオーガニック素材を用いている、のいずれかがあてはまる化粧品をさす。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

ECzine編集部(イーシージンヘンシュウブ)

ECZine編集部です。ネットショップ運営に役立つ情報をお届けします。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/news/detail/10463 2021/11/22 13:45

Special Contents

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年8月30日(火)10:00~16:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング