SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Academy(イーシージン・アカデミー)とは、自社ECのプロフェッショナルの育成を支援する講座の総称です。ECzine編集部が企画し、基本となる「2日でわかるEC構築・運営基礎講座」ほか、その時々のトレンドをいち早く学んでいただけるようテーマ別講座をご用意しています。

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のECzine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2021 December

2021年12月7日(火)10:00~16:00

「季刊ECzine」とは、年に4回、EC業界の重要ポイントだけをまとめてお届けする紙の雑誌です。ECの最新トレンドを取り上げた「特集記事」のほか、重要なトピックスに関する知識を上書き保存する「定点観測」、EC業界のニュースや記事を振り返るコーナーなど、自社のECビジネスを俯瞰していただく際のヒントになる内容が満載です。

季刊ECzine

2021年秋号(vol.18)
特集「Cross over, Enthuse fans!~店舗、スタッフ、EC&デジタル活用の次なる一手」

「季刊ECzine」購読者なら
誌面がウェブでも読めます

ECzineニュース

キャッシュレス決済、消費者は「お店選びで気にする」半数、店舗側は手数料がネック/三井住友カード調査

 三井住友カードとSMBC GMO PAYMENTは、 全国の20代~50代の男女256名と、 実店舗を保有している個人事業主250名を対象に、 「レジとキャッシュレス決済に関する調査」を実施した。

キャッシュレス決済を利用する理由1位「特典がつく(ポイント・キャッシュバック)」

 キャッシュレス決済の利用状況について調査すると、本調査では8割近い人が「利用している」(77.3%)と回答。一方で、5人に1人は“現金派”であることも明らかになった。

キャッシュレスを利用していますか

 キャッシュレス決済を利用している人に、 利用している決済サービスの種類を尋ねると、最も多く回答が集まったのは「クレジットカード」(81.8%)だった。続いて、 「バーコード、 QRコード決済」(61.6%)、 「電子マネーサービス」(59.6%)に。 利用頻度については、 「週に2~3回程度」(34.3%)利用する人が最も多く、 およそ3人に1人いることがわかった。

利用している決済サービス
キャッシュレス決済利用頻度

 キャッシュレス決済を利用する理由について掘り下げると、 約8割の人が「特典がつくから(ポイントやキャッシュバックなど)」(77.3%)と回答。 次いで、 「会計がスムーズになるから・時短になるから」(61.1%)、 「現金を持ち歩く必要がないから」(54.0%)にも半数以上の回答が集まった。

キャッシュレス決済を利用する理由

利用しているキャッシュレスサービスがなくて困った経験がある人、 半数

 自身の利用している決済サービスが対象外で困った経験はあるか聞いたところ、 「何度もある」「たまにある」を合わせて半数の人が、 困った経験があることが判明。 お店選びの際、 利用している決済サービスに対応しているかどうか気にする人は、 「いつも気にする」「たまに気にする」を合わせて半数以上いるわかった。

自身の利用している決済サービスが対象外で困った経験はあるか

7割以上がレジの行列でストレス感じた経験あり

 レジの行列でストレスを感じた経験はあるか質問すると、 「全くない」人は1割未満に留まり、 「何度もある」「たまにある」を合わせて7割以上いることがわかった。

レジ行列のストレス経験

  “レジ打ち経験者”に大変だったこと、 苦労したことについても質問してみると、 8割以上の人が「行列ができた際の対応」(85.0%)と回答。 次いで、 「クレーム対応」(46.7%)、 「現金の受け渡しの際、 正確に行うこと」(43.0%)という結果が続いた。

レジ行列のストレス経験

個人事業主のキャッシュレス決済導入率は約3割

 店舗を持つ個人事業主を対象にキャッシュレス決済を導入しているか質問した結果、 約3割が「導入している」(29.2%)と回答。 「導入していないが、 導入したいと思っている」は15.6%となった。一方で、半数以上の人は「導入したいと思わない」(55.2%)と回答している。

キャッシュレス決済の導入状況

 キャッシュレス決済を導入している人に、 導入した1番の理由について聞くと、 「キャッシュレス決済を求めるお客さんが増えたから」(42.5%)が最多。 次いで、 「会計がスムーズ・時短になるから」(23.3%)、 「お金の管理がしやすいから」(12.3%)という回答が続いた。

  いつからキャッシュレス決済を導入しているか質問したところ、 半数近くが「2年前よりも前から」(45.2%)と回答。 1年以内に導入した人は合わせて、 約3割だった。

キャッシュレス決済の導入時期

導入サービスについて「手数料がかかる・高い」など費用面の不満も

 キャッシュレス決済を導入している店舗に、現状のサービスへの不満についても調査。その結果、 「手数料がかかる」(72.6%)が最も多く、 次いで「手数料が高い」(52.1%)がランクインし、 費用面に納得していない人が多いことが明らかになった。 その他には、 「操作を覚えるのが大変」(24.7%)、 「店舗スタッフへ周知させるのが大変」(16.4%)といった声も多く見られ、 操作について不満や不安を感じている人が多いことがわかった。

キャッシュレス決済導入の不満

  現在キャッシュレス決済を導入していない店舗に、導入していない理由を尋ねると、「手数料がかかる」(54.8%)、 「手数料が高い」(42.9%)、 「初期費用が高い」(32.8%)が上位3位にランクイン。「入金までの時間がかかる」(24.3%)にも5人に1人以上が回答した。その他には、 「カードの受け渡しやレシートを渡すなど、 お客さんとのやり取りが面倒」(10.7%)、 「入力や操作を間違えた際の修正対応が面倒」(10.7%)、 「お客さんが操作に手間取り、 結果的に時間がかかる」(9.6%)、 「操作を覚えるのが大変」(9.0%)など、 やはり操作について懸念している声が挙がった。

キャッシュレス決済導入しない理由

調査概要

  • 調査期間:2021年6月4日(金)~6月5日(土)
  • 対象:全国の20 代~50代の男女256名と、 実店舗を保有している個人事業主250名
  • 調査主体:三井住友カード株式会社、 SMBC GMO PAYMENT株式会社
  • 調査方法:インターネット調査
  • 調査会社:GMOリサーチ株式会社
  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

ECzine編集部(イーシージンヘンシュウブ)

ECZine編集部です。ネットショップ運営に役立つ情報をお届けします。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/news/detail/10043 2021/10/15 19:00

Special Contents

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2021年12月7日(火)10:00~16:00

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング