SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Academy(イーシージン・アカデミー)とは、自社ECのプロフェッショナルの育成を支援する講座の総称です。ECzine編集部が企画し、基本となる「2日でわかるEC構築・運営基礎講座」ほか、その時々のトレンドをいち早く学んでいただけるようテーマ別講座をご用意しています。

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のECzine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2021 December

2021年12月7日(火)10:00~16:00

「季刊ECzine」とは、年に4回、EC業界の重要ポイントだけをまとめてお届けする紙の雑誌です。ECの最新トレンドを取り上げた「特集記事」のほか、重要なトピックスに関する知識を上書き保存する「定点観測」、EC業界のニュースや記事を振り返るコーナーなど、自社のECビジネスを俯瞰していただく際のヒントになる内容が満載です。

季刊ECzine

2021年秋号(vol.18)
特集「Cross over, Enthuse fans!~店舗、スタッフ、EC&デジタル活用の次なる一手」

「季刊ECzine」購読者なら
誌面がウェブでも読めます

ECホットトピックス

多忙すぎて売上アップを喜べない EC担当者の悩みを物流改革で解決したヤマトグループ×首里石鹸事例

 2020年1月に中長期の経営のグランドデザイン「YAMATO NEXT100」を策定し、経営と構造改革プランを明示したヤマトホールディングス株式会社。組織を変え、より事業者・消費者のニーズや課題に寄り添う体制を構築する中で、ヤマト運輸株式会社、沖縄ヤマト運輸株式会社の2社は島しょ部の物流課題解決にも挑んでいると言う。今回は、ヤマト運輸の稲森さん、沖縄ヤマト運輸の鎌田さん、首里石鹸を運営する株式会社コーカスの緒方さんに、沖縄県の事業者が抱える物流課題と実例を踏まえた解決策、今後の展望を聞いた。

本州と沖縄県の物流連携をスムーズに ワンヤマト体制が生んだ功績

 2021年4月に、グループ8社の経営資源を結集して組織を再編成したヤマト運輸。これまでは、別々の機能を持った各社が事業者や消費者と向き合っていたが、ECの発展とともに年々拡大・多様化する物流需要に柔軟に応えるべく、事業価値・リソースを最適化。新たな価値提供に挑んでいる。現在の体制をヤマト運輸で執行役員 法人事業本部長を務める稲森さんはこのように説明する。

「現在はグループ各社を統合した『ワンヤマト体制』の中で、営業担当1人ひとりがお客様を知り尽くし、課題にしっかりと向き合った上で、より良い物流環境を提供できるようにまい進しているところです。個人・法人に『宅急便』をはじめとするサービスを提供するリテール部門と、toB向けにソリューションを提案する法人部門、そして物流の裏側を整える機能本部とコーポレート部門の体制となっています。法人部門内には法人事業本部、グローバルSCM事業本部、EC事業本部を携えています。各事業本部がお客様の課題を明確にし、しっかりと向き合える。そんな体制になっています」(稲森さん)

ヤマト運輸株式会社 執行役員 法人事業本部長 稲森浩司さん

 ワンヤマト体制への移行を機に、47都道府県の中で唯一陸路でのアクセス方法が存在しない沖縄県の各種物流を手掛ける沖縄ヤマト運輸で法人事業部 部長を務める鎌田さんも「ヤマト運輸が持つほかの都道府県のリソースをより円滑に利用できるようになった」と語る。

「沖縄県はご存じの通り、観光関連産業が盛んな県です。コロナ禍でなかなか沖縄県に人を呼ぶことができず、多くの事業者が苦しい思いをしていますが、『これから市場を県外にも広げていこう』『ECに挑戦してみよう』と前向きな方も非常に増えています。こうした方々に、ぜひ私たちのリソースを活用していただきたい。より成長の手助けをできるような仕組みを作っていきたい。そう考える中でワンヤマト体制に移行したため、今まで以上によりスピーディーに事業者の要望に応えることが可能となりました」(鎌田さん)

 このようなヤマトグループの変化を追い風とし、サポートを受けながら抜本的な物流改善を実現したのが沖縄県の植物や果実をベースとした「SuiSavon-首里石鹸-」を製造・販売するコーカスだ。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
EC担当者の顔色が気づきのきっかけ 首里石鹸の物流改革とは

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
ECホットトピックス連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

ECzine編集部 木原 静香(キハラシズカ)

ECに関する情報を、さまざまな切り口からお届けできればと思います。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/article/detail/9907 2021/11/02 07:00

Special Contents

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2021年12月7日(火)10:00~16:00

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング