記事種別

オムニチャネル、サイトと店舗を「つなぐ」のは小売ビジネスの理解あってこそ ITFORさんインタビュー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る
2014/07/08 08:00

アイティフォーは、既存の小売業向け基幹システムとECサイト構築システムを組み合わせたオムニチャネル構築パッケージを提供しており、すでに導入事例もいくつかある。先進企業の取り組みとは。担当する2人にお話をうかがった。

オムニチャネルの「つなぐ」、それほど簡単じゃないんです

 最近は、お店で買って貯めたポイントをECで使う「ポイント連携」が当たり前になったが、数年前は不便なものだった。消費者からすれば「どうしてやってくれないのか」と疑問に思うところだが、お店側からすればやりたくてもできない状態だったという。理由は「システム」である。

 オムニチャネル対応が進み、ECサイトと店舗のシステムを「つなぐ」とはよく使われる言葉だが、そう簡単にはいかないらしい。

 「わかりやすく言うと、実店舗のほとんどは毎日締めの処理があって、24時間システムが動いてない。一方で、ECは24時間動いているのが当たり前です。この違いを頭に入れておかないと、壁にぶち当たってしまうかなと。当社では、小売業の基幹システムの問題は十分に把握しながら進めています。POSをやった経験があるかないかは重要で、それがないと、考えかたは成立しても、具体化する方法がわからないのではないでしょうか」(アイティフォー 松尾さん)

アイティフォー 松尾高良さん
株式会社アイティフォー ソフトウェア第三事業部
課長 松尾高良さん

 アイティフォーには、2004年から小売業向け基幹システム「RITS」とECサイト構築パッケージ「ITFOReC」がある。この2つを組み合わせて、オムニチャネル構築パッケージとして提供している。金融系のシステム構築で実績を持つが、創業当時からPOSシステムも提供。現在は行っていないが、当時はPOSの機械まで自社で作っていたという。

 「RITSは販売管理、商品管理、顧客管理をするシステムで、実店舗で必要なことは全部できるシステムになっています。POSはもちろん、クレジットカードの処理、ポイントの処理、百貨店なら友の会やギフトシステムまで、小売店で必要なものは全部入っています。その上、どこのベンダーのどのシステムともつなぐことができるのが強みです」

 ちなみに、「つなぐ」までは地道な作業の積み重ねがあるらしい。アイティフォーでも、これまでの経験から失敗を予測し、テスト段階で何度も修正を重ねるという。

※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

バックナンバー

連載:編集部インタビュー

もっと読む

2017年11月の人気記事ランキング

All contents copyright © 2013-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5