SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Academy(イーシージン・アカデミー)とは、自社ECのプロフェッショナルの育成を支援する講座の総称です。ECzine編集部が企画し、基本となる「2日でわかるEC構築・運営基礎講座」ほか、その時々のトレンドをいち早く学んでいただけるようテーマ別講座をご用意しています。

お申し込み受付中!

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のECzine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2022 Winter

2022年12月1日(木)10:00~16:10(予定)

「季刊ECzine」とは、年に4回、EC業界の重要ポイントだけをまとめてお届けする紙の雑誌です。ECの最新トレンドを取り上げた「特集記事」のほか、重要なトピックスに関する知識を上書き保存する「定点観測」、EC業界のニュースや記事を振り返るコーナーなど、自社のECビジネスを俯瞰していただく際のヒントになる内容が満載です。

季刊ECzine

2022年秋号(vol.22)
特集「Above and Beyond expectations!!〜期待以上の体験を提供するテクノロジーとブランド〜」

「季刊ECzine」購読者なら
誌面がウェブでも読めます

僕がコンバージョンしてなんぼのマーケティングで成果を出せる理由

ファッションEC成功の秘訣は“悩ませない”こと? ECで服を売る際に重視すべきポイントとは

 TSUTAYA、コスメのエクスボーテ、スキンケアのプロアクティブ、アパレルのDoCLASSEなど、異なるジャンルでデジタルマーケティングを推進してきたアクティブ合同会社CEOの藤原尚也さん。それぞれの企業で藤原さんが成果をあげることができた理由とは。どう戦略をたて、実行に移してきたのか。本連載では、デジタル、店舗、テレビCMなどに精通する藤原さんにその秘訣を伺います。今回のケーススタディは「ファッションEC」です。

ファッションECビギナーはまずモールから 自社ECサイトと並行運用する際の鍵は「在庫管理」

――DoCLASSEのECサイトリニューアルも担当された経験がある藤原さんに、今回は「ファッションEC」についてお伺いできればと思います。まず、自社でECサイトを持つこととモールに出店すること、それぞれのメリット・デメリットを教えていただけますか?

これは、ご自身の会社・ブランドがどのようなフェーズにあるかにもよりますね。「どちらをやるべきか?」と聞かれたら両方やるべきと答えるのですが、まったく経験がない状態、ゼロベースで自社ECサイトを立ち上げるのはかなりハードルが高いですから。

まず、ファッションがほかのプロダクトと違う点は、商品の寿命がとても短いというところです。夏物、冬物と季節によってラインナップが変わりますし、その年の流行りもあります。商品ひとつひとつの寿命が短いということは、それだけ在庫リスクを伴うということです。リスクを恐れて在庫を作らないようにすると、今後は欠品が起きてしまう。こういった在庫管理の知識がない状態で自社ECを立ち上げて回すのは、かなり難しいと言えるでしょう。「お店の経験があれば大丈夫」というわけでもないので、実店舗の店長が「これからECの店長をやりなさい」と言われて取り組んでも、なかなかうまくいくものではありません。そういった初心者に近い段階でECに取り組むのであれば、やはり最初はモールからかなと思います。

モールは、EC運営で一番大変な集客や商品の登録作業など、主な運用作業がマニュアル化されています。「人をどう集客するか」「売上をどう上げていくか」はまた別の話ですが、初めてEC運営に取り組む人が店舗運営を理解するには良い選択肢と言えるでしょう。モールでノウハウを学び、その知識を自社ECに展開していく、この流れが初心者には良いと思います。もともと自社ECサイトの運営経験がある人がいるのであれば、自社ECサイトを大きくしながらプラスでチャネルを作るという意味でモール出店するのが良いでしょうね。

しかし、自社ECサイトとモールを並行して運営する場合は、在庫をどうやって見せるか問題が出てきます。在庫を別々に持つのか、それとも一括管理するのか、やりかたはこのふたつですが、後者はモールと自社ECサイトのシステム連携をするにあたりお金がかかってきます。双方に在庫を持つやりかたのほうがお金はかかりませんが、在庫管理を行う場所が複数になってしまう。実店舗で考えたらA店とB店でそれぞれ在庫を持つことは当たり前ですが、ECはどの会社も少数精鋭で運営していることがほとんどですよね。少ない人数できちんと管理ができるかどうかは課題になってくるかなと思います。大手アパレル企業では、自社ECサイトとAmazonやZOZOTOWNなど各種モールの在庫を一括管理しているところもありますが、やはりシステム構築にはかなりのコストを要しています。

――別々に在庫管理を行う場合、需要と供給の見極めが重要になってきますよね?

モールごとに客層が違いますので、日々売れている数字を確認して見極めたり、計画したりする必要がありますね。あとは、自社ECサイトとモールでは販促の仕方が大きく変わりますから、どのように販促を行っていくかも重要です。モールの店舗の場合、お客さんからすると自分たちの店舗はあくまで多くのお店のうちのひとつに過ぎません。モールのなかでのSEO対策や広告運用、メール出稿やモール内のキャンペーンに参加して露出を図るなど、さまざまな手法を使ってお客さんに見つけてもらう必要があります。集客を行いながら販売の数字を見て、在庫の割り振りを決めていくと良いでしょう。

――お話を聞いていると、自社ECサイトとモールでは、運用する際の頭の使いどころがかなり違うように感じます。

そうですね。自社ECサイトとモールの担当者は分けたほうがいいと僕は思っています。自社ECサイトとモールは先ほども言ったように、売りかたが明らかに異なっています。実店舗で店舗ごとに店長がいるように、できれば担当者をひとりずつ置いたほうがいいですね。モールは売上と人的リソースに応じて兼務でも良いですが、少なくとも自社とモールは分けることをおすすめします。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
重視すべきは「服をどう見せるか」 実店舗とECの住み分けは、価値の押しつけにならないよう注意が必要

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
僕がコンバージョンしてなんぼのマーケティングで成果を出せる理由連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

ECzine編集部 木原 静香(キハラシズカ)

ECに関する情報を、さまざまな切り口からお届けできればと思います。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/article/detail/7134 2019/10/30 07:00

Special Contents

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年8月30日(火)10:00~16:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング