SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Academy(イーシージン・アカデミー)とは、自社ECのプロフェッショナルの育成を支援する講座の総称です。ECzine編集部が企画し、基本となる「2日でわかるEC構築・運営基礎講座」ほか、その時々のトレンドをいち早く学んでいただけるようテーマ別講座をご用意しています。

お申し込み受付中!

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のECzine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2022 Winter

2022年12月1日(木)10:00~16:10(予定)

「季刊ECzine」とは、年に4回、EC業界の重要ポイントだけをまとめてお届けする紙の雑誌です。ECの最新トレンドを取り上げた「特集記事」のほか、重要なトピックスに関する知識を上書き保存する「定点観測」、EC業界のニュースや記事を振り返るコーナーなど、自社のECビジネスを俯瞰していただく際のヒントになる内容が満載です。

季刊ECzine

2022年秋号(vol.22)
特集「Above and Beyond expectations!!〜期待以上の体験を提供するテクノロジーとブランド〜」

「季刊ECzine」購読者なら
誌面がウェブでも読めます

レスポンシブECサイトのススメ

リソース不足でGoogle順位が下がることも! 「デバイスごとに別のECサイトを運営」の課題


モバイル化、マルチスクリーン化時代を攻略する「レスポンシブECサイト」とは? 第4回は、ページ分離構成登場の背景とその課題です。

ガラケーに遡る! ページ分離構成が選択されたワケ

 多くのEC事業者が、前回紹介した「ページ分離構成(デバイスごとに別々のページを作成し、リダイレクトをする方法)」でマルチスクリーンへの対応を実施しています。なぜこのような構成が主流になっているのでしょうか。

 モバイル=ガラケーが中心だった時代のモバイルECサイトでは、キャリア公式サイト以外(勝手サイト)ではアクセス数を稼ぐことが難しく、また商品も売れないため、PCサイトの情報の一部を簡易的にモバイルに向けて変換し、一応買えるというような対応をしていました。

 その後、ガラケーでの検索ユーザーの増加やスマートフォンの登場で、モバイル端末でのECサイト利用者が急増しました。

 この状況に対応するため、一部のECサイトは、簡易的なモバイルサイトからスマートフォンを中心の充実したモバイルECサイトへシフトしました。その際、PCとは別のHTMLでモバイルサイトを構築したのです。

 確かに、デバイスごとに最適なページを作る「ページ分離構成」のほうが、各デバイスのUIは優れたものになり、結果的に高いCVR(コンバージョン率)を獲得できるように思えます。しかしモバイル化/マルチスクリーン化が加速する中で徐々に分離構成に陰りが見えてきました。

リダイレクトでミス多発! ページ分離構成の限界

 その要因の1つが、スマートデバイスのUX向上の限界です。スマートデバイスのUXを考える場合、デバイスごとのページ最適化とクロスデバイス利用への対応が重要になります。

 デバイスごとのページ最適化に対して、多くのECサイトが抱える問題点には以下のようなものが挙げられます。

  • 末端のページまでスマホ向けのページを作成できていない
  • 適正なリダイレクトができていない

 末端のページまで各デバイス専用のページが作成できていない場合、例えばスマートフォンでアクセスした際にスマートフォン向けに買いやすく、情報量が充実した体験ができないためにユーザーはストレスを感じ、UXは低下してしまいます。

 なぜこのような問題が発生するのでしょうか? 原因は、「リソース不足」「そもそもモバイルデバイスへの意識が低い」「末端のページまで作成したいが、システム的な問題でできない」などがあげられます。しかし最大の原因は、「デバイスごとに別々のHTMLを構成しなければいけない」という構成に関する点です。

 適正なリダイレクトができていない場合、スマートフォンであるページにアクセスした時に、ユーザーの意図に反するページへ誘導されます。すると、元来、ページ遷移というアクションが面倒なモバイルデバイスでは、目的ページを探すことも大変になりUXが低下します。

 これらの原因はリダイレクト設定ミスなどのヒューマンエラーが多いのですが、そもそもページ数が大量であるためで、リダイレクト対応が複雑になり管理しきれなくなっていることが考えられます。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
タブレットも加わり、「デバイスごと」運営はますます煩雑に

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
レスポンシブECサイトのススメ連載記事一覧

もっと読む

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/article/detail/559 2014/10/01 10:43

Special Contents

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年8月30日(火)10:00~16:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング