記事種別

MAでさらに売上を上げるために MAツール「Aimstar」の進化から見えること

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る
2018/04/24 12:00

 マーケティングオートメーション。その言葉が示すように、MAツールを運用する各社は「自動化」を推し進めている。2018年4月、スプリームシステムはMAツール「Aimstar」のバージョンアップを発表。機械学習によるキャンペーンの自動生成など、AIの技術を活用した「自動化」をいち早く実現した。分析やレコメンデ―ションに強みをもつ同社は、今後Aimstarをどう進化させていくのか。スプリームシステム株式会社 代表取締役 佐久間卓哉氏に話を聞いた。

高度な分析機能を搭載したBtoC向けMAツール「Aimstar」

 マーケティングオートメーション(以下、MA)ツールには、大きく分けてBtoB向けとBtoC向けがあり、それぞれ特性が異なる。ツールの種類や導入数が多いのはBtoB向けだが、今回紹介する「Aimstar」はBtoC向けのツールだ。

 BtoC向けのMAでは、購買履歴やWebアクセスログ、顧客属性などのさまざまな情報を分析してターゲット顧客の抽出を行い、適切なマーケティング施策を実施する。BtoBよりもはるかに膨大で多様な顧客に対して、それぞれの嗜好にあった施策を行うため、高度な分析機能がなによりも重要となる。

 2001年にDBマーケティングのためのソフトウェアとして開発をスタートしたAimstarは、BtoCビジネスを行う大企業を中心に実績を重ね、数百万人~数千万人という膨大な顧客のデータを扱いながら、分析やターゲット抽出、レコメンデーションの精度に力を入れてきた。そうした実績をもとに効果的なOne to Oneアプローチを実現できるのがいちばんの強みである。

 また、カバーできる領域の広さ、機能の深さも特徴のひとつだ。Aimstarは、データの統合から取り込み、データ活用、自動化にいたるまでひとつのツールで完結することができるので、川上から川下まで一気通貫でPDCAを回すことができる。顧客ごとに異なる日付を起点に集計ができたり、対話形式で生成したシナリオのA/Bテストの自動化などができるのも、ユーザーの要望をもとに機能強化を行ってきたAimstarならではだろう。MA初心者も、ひと通りの機能を使いこなす玄人をも満足させることができる機能が、Aimstarには用意されている。

スプリームシステム株式会社 代表取締役 佐久間卓哉氏
スプリームシステム株式会社 代表取締役 佐久間卓哉氏

 またMAツールのなかには、抽出できる条件を絞ることで初期費用や月額費用を安く抑え、高度な分析やターゲットの抽出機能は追加で開発を行うものもある。だが、Aimstarではあらかじめ多様な分析手法を備えているため、データを取り込むだけで始めることができるのも導入企業にとってはメリットだ。佐久間氏は、今後の方向性についてこう語る。

 「Aimstarが目指すのは、優れた店員のようにそれぞれの顧客に合ったきめ細かい対応ができるツールです。まだそのレベルとまではいきませんが、そこを目指して開発を続けています」(佐久間氏、以下同)

 そんなAimstarが現在もっとも注力しているのが、AI・機械学習の技術を活用した自動化の拡張である。MAが広く普及するなか、今後は効率的な運用ができるかだけでなく、売り上げを上げるための分析や、シナリオキャンペーンの作成までも自動化できるかどうかが重要になっていくと考えているからだ。2018年4月にリリースしたVer.8では、すでに機械学習によるキャンペーンの自動生成を実現している。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

バックナンバー

連載:ECホットトピックス

もっと読む

2015年02月の人気記事ランキング

All contents copyright © 2013-2018 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5