記事種別

データマーケティングを始める前に、知っておくべき3つのポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る
2017/08/01 08:00

 データテクノロジーカンパニーであるフロムスクラッチは、マーケティングプラットフォーム「b→dash」を開発・提供することで、さまざまな企業のマーケティング活動を支援しています。今回は、最近注目されているが、まだ実態がつかめていない「データマーケティング」の基本についてお届けします。

データマーケティングとは

 昨今、多くのEC事業者やEC運営者が、「マーケティングオートメーション(MA)をやりたい」「One to One マーケティングをやりたい」「オムニチャネルをやりたい」などと、漠然と感じています。これらを実現するには、すべてデータを取得~活用することが必要不可欠です。そのため、これらはすべて「データマーケティングをやりたい」と言い換えることができます。

 つまり、データマーケティングとは、消費者行動から取得できるさまざまなデータを活用して、消費者に対してより精緻かつ最適化された施策を実施することを指します。EC内での消費者行動も多様化してきていることから、EC事業者にとってもこれからの時代に必須となる考えかたです。しかし、本当の意味でデータマーケティングが実現できている企業はごくわずかです。

 MAを導入したり、PUSH通知、レコメンドを実施しようとしても、 「社内でデータがバラバラに管理されている」「ツールを導入したものの、スキル不足により使いこなせていない」「KPIの設定やメイン担当者が曖昧など、社内の運用体制が不明確である」など、多くの企業がさまざまな問題を抱えています。

 これらはすべて、「データ・ツールの持つ力を最大限に活用できていない」と言い換えることができます。このように、課題が表層化している場合もあれば、うちの会社は問題ないと思っている企業も、実は本来のパフォーマンスの半分しか実現できていないケースも多く見られます。

データを取り巻く環境変化

 一方で、企業のビジネスやマーケティング活動を取り巻く環境も大きく変化しており、あらゆるものがデジタル化・データ化されています。さらに、AIやIoTが実装される第四次産業革命に向けて、データ関連技術の開発の重要性がますます高まっています。また、国家レベルでも、働きかた改革や改正個人情報保護法のような施策が次々と実施され、「データを活用しやすくする代わりに労働生産性を向上して欲しい」という裏側のメッセージも見え隠れしています。

 このような環境変化により、トレンドとテクノロジーが追い付いてきたことで、これまで理想ばかりが先走っていたデータ活用をようやく実現できる土台が整った奇跡的なタイミングが今訪れています。

 メガネスーパー社やオイシックスドット大地社など、EC業界においても、不特定多数に一度に訴求する従来のマスマーケティングから、消費者1人ひとりのニーズや購買行動に合わせて、個別にアプローチするOne to oneマーケティングへと大きくシフトしてきています。さまざまなデータを最大限取得・活用していかない限り、ビジネスの現場において勝ち残っていくことは不可能な時代です。

 ではどうすれば、企業は正しいデータマーケティングを実現し、データ時代を生き抜いていくことができるのか。データマーケティングの基本から応用まで、幅広く説明していきます。

※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

2014年01月の人気記事ランキング

All contents copyright © 2013-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5