SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Academy(イーシージン・アカデミー)とは、自社ECのプロフェッショナルの育成を支援する講座の総称です。ECzine編集部が企画し、基本となる「2日でわかるEC構築・運営基礎講座」ほか、その時々のトレンドをいち早く学んでいただけるようテーマ別講座をご用意しています。

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のECzine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2021 December

2021年12月7日(火)10:00~16:00

「季刊ECzine」とは、年に4回、EC業界の重要ポイントだけをまとめてお届けする紙の雑誌です。ECの最新トレンドを取り上げた「特集記事」のほか、重要なトピックスに関する知識を上書き保存する「定点観測」、EC業界のニュースや記事を振り返るコーナーなど、自社のECビジネスを俯瞰していただく際のヒントになる内容が満載です。

季刊ECzine

2021年秋号(vol.18)
特集「Cross over, Enthuse fans!~店舗、スタッフ、EC&デジタル活用の次なる一手」

「季刊ECzine」購読者なら
誌面がウェブでも読めます

クーポン施策の成果を測ろう!

ECサイト上のクーポン施策の効果を正しく測定するたったひとつの方法

最近流行りのクーポン施策。売上への貢献度合いがわかりにくいため、毛嫌いしているEC事業者も少なくありません。明確に成果を測るための分析方法や考えかたを伝授します。今回は、ECサイト上のクーポン施策の効果を正しく測定する方法です。

ECでクーポン施策を行わなかった場合の売上を推定するには

 前回の記事では実店舗におけるクーポン施策の評価について、「クーポン施策を行わなかった場合の売上」を知ることで、CPAやROASといった指標で評価できると説明しました。では、ECではどのようにして「クーポン施策を行わなかった場合の売上」を推定すればよいのでしょう。

 実店舗においては、複数の地域の実店舗のデータを比較するという形で推定を行いました。 ECサイトは地域ごとに存在しているわけではないので、地域間の比較ということは行えませんが、ここで重要なのは「比較」というキーワードです。

 一般的に、ECサイト上で施策の比較を行うにはA/Bテストが用いられます。A/Bテストとはユーザーをふたつの群に分け、別々のコンテンツやデザイン(クリエイティブ)を提示することにより、ユーザーの反応の違いを計測し、より良いウェブサイトを作るのに用いられます。クーポン施策の評価にも、このA/Bテストを活用することができます。

A/Bテストでクーポン施策を正しく評価しよう

 通常、A/BテストというとUIやUXの改善に使われるという印象を持たれがちですが、実はクーポン施策の効果測定にも使うことができます。一部のユーザーにはクーポンを見せ、一部のユーザーにはクーポンを見せないことにより、「クーポン施策を行わなかった場合の売上」を直接計測することが可能になります。

 例として、とあるECサイトで実施したA/Bテストによるクーポン施策の効果測定を見てみましょう。

  • 会員番号の下ひと桁が、奇数か偶数かで送るメールマガジン内容を分ける
  • 奇数のグループには、割引クーポンコードを記載する
  • 偶数のグループには、通常の新商品情報を付けて送る
  • 客単価:1万円

 メール送付から3日後、メールマガジン経由のユーザの売上を集計した結果、次のようになりました。

  • 奇数グループ:150万円(うち、クーポン利用売上90万円)
  • 偶数グループ:100万円
  • クーポン施策コスト:20万円

 このクーポン施策のCPA、ROASを計算してみましょう。まず、偶数グループの売上(100万円)を、クーポン施策を実施しなかった場合の推定売上とします。つまり、クーポン施策による売上増分は、「150万円-100万円=50万円」となります。客単価は1万円なので、50人を獲得したことがわかります。

 

 ここからROASやCPA、利益(粗利率50%)を計算してみましょう。

CPA クーポン施策コスト÷獲得人数 20万円÷50人=4,000円/人
ROAS クーポンによる売上増分÷クーポン施策コスト 50万円÷20万円=250%
利益 粗利-クーポン施策コスト 50万円×50%-20万円=5万円

 このようにROASやCPA、利益を算出することで、他の広告施策などと比較しやすくなります。A/Bテストを活用して効果を測定することではじめて、その施策の良し悪しを評価することができるのです。

 「クーポンによって発生した売上金額」だけを見てクーポン施策を評価してしまうと、前回の記事に書いたような「売上は増えているけれど実は赤字だった」という状況に陥りかねません。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
クーポン施策で利益を最大化させる方法

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
クーポン施策の成果を測ろう!連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

Emotion Intelligence株式会社 高機能雑用 中山ところてん(ナカヤマ トコロテン)

某電話会社の研究所にて、情報セキュリティ・ビッグデータ関連の研究開発に従事、その後ソーシャルゲーム会社に転職、高機能雑用(インフラ、ビッグデータ基盤、広告効果測定、ソーシャルゲームのデータ分析的改善、ゲームバランスのデザイン、ゲームディレクター、ゲームデザイナ、etc)として働く。現在はZenCle...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/article/detail/3150 2016/06/07 08:00

Special Contents

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2021年12月7日(火)10:00~16:00

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング