SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Academy(イーシージン・アカデミー)とは、自社ECのプロフェッショナルの育成を支援する講座の総称です。ECzine編集部が企画し、基本となる「2日でわかるEC構築・運営基礎講座」ほか、その時々のトレンドをいち早く学んでいただけるようテーマ別講座をご用意しています。

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のECzine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2022 Spring

2022年3月17日(木)10:00~16:10

「季刊ECzine」とは、年に4回、EC業界の重要ポイントだけをまとめてお届けする紙の雑誌です。ECの最新トレンドを取り上げた「特集記事」のほか、重要なトピックスに関する知識を上書き保存する「定点観測」、EC業界のニュースや記事を振り返るコーナーなど、自社のECビジネスを俯瞰していただく際のヒントになる内容が満載です。

季刊ECzine

2021年冬号(vol.19)
特集「Accelerate OMO ~人×テクノロジーでアップデートする店舗DX~」

「季刊ECzine」購読者なら
誌面がウェブでも読めます

ECホットトピックス

4万店舗、グループサービスに送客し、全セグメントユーザーのCVRを上げる 楽天市場トップページリニューアルの裏側


8月に、4年ぶりとなるPC版のトップページのリニューアルを実施した楽天市場。シンプルグレーを基調にしたデザインが注目を浴びたが、出店する約4万店舗や楽天グループのサービスに送客し、全セグメントのユーザーのCVRを上げるという、過酷なミッションが課されていた。リニューアルプロジェクトを遂行した、河野奈保執行役員、プロジェクトリーダーの西岡大揮さんにお話をうかがった。

楽天市場PC版トップページリニューアルの裏側に迫る!

――約4年ぶりのリニューアルとのことですが、リニューアルに取り組んだ背景を教えてください。

河野 もともと楽天の企業文化として、『日々改善』があります。楽天市場のトップページも、毎日どこかのパーツでA/Bテストをし、PDCAサイクルをぐるぐる回しています。しかし、日々改善を行っていたとしても、時代の流れのスピードと私たちの取り組みとの間に、多少のギャップが出てくることはわかっています。ですから、何年かに一度、大きくリニューアルして、そのギャップを埋めることになるわけです。

また、楽天として、次のステージに向かうことをわかりやすく表現するためにも、数年に一度のリニューアルは必要だと考えています。たとえば、オフィスも二子玉川に移転するな ど、新たな戦略が加速するいいタイミングでした。
今回のリニューアルは、そうした意味も含んでいます。

楽天市場PC版トップページ

――重要なリニューアルだったわけですが、取り組んだチーム体制はどのようなものでしたか?

河野 私が所属する編成部が、楽天市場のトップページ、さまざまな企画ページ、サイトのナビゲーションなどを統括しています。その中に、普段からトップページを見ている部署があるのですが、そこからメンバーを募ってプロジェクトを起案し、タイムリーに決裁して、動いていけるような体制を作りました。組織体制のことなので、明確には言えませんが、少数精鋭のチームで臨みました。

プロジェクトメンバーには、既存の仕事をしながら、リニューアルプロジェクトにも参加してもらっているので、かなりの負荷をかけたと思います。毎朝私に、「今日の数字はどうなってるの?」と聞かれることから始まり、前日のアクションが、仮設どおりに数字として出てきているかを検証して、数字が下がるようなことがあればその日のうちに、新たなアクションを起こす。

これも、楽天の企業文化だと思いますが、案件を、2日間寝かせることをしないんです。アクションを起こしたら、数時間かその日のうちにPDCAを回す。リニューアルプロジェクトも、1日単位ですべてのアクションが動いていました。

西岡 僕は、普段はディレクターとして楽天市場のトップページを見ています。今回のリニューアルプロジェクトには、プロジェクトリーダーとして参加しました。毎日、エクセルを見るのが胃が痛くて(笑)。小さなプロジェクトチームだったため、その都度作成会議を開いて、数字やユーザーのアンケートをもとに、次のアクションを考え、素早く実行に移していくことができました。

楽天市場PC版トップページリニューアルを統括した、執行役員 メディアプランニング統括 河野奈保さん

――お話を聞いているだけで、すごいスピード感だったことは想像できますが、次のアクションというのは、毎日そんなに、アイディアが浮かぶものでしょうか。

西岡  それが、浮かぶんですね。普段から、楽天市場のトップページでA/Bテストを重ねている文化があるからだと思います。僕自身、2年間それにかかわって、テスト案件にもかなり取り組んでいますし、過去のテスト案件も資産として残っています。万一、数字が下がった際には、どういうアクションをとればいいのかは、チーム内で共有されているんです。

河野 アイディアが浮かぶのももちろんですが、リニューアルプロジェクト開始前から、私たちは課題に気づいていて、やりたいことが山積みになっているんです。A/Bテストのほかにも、定期的にユーザーインタビューを行っていますので、「ここを変えて欲しい」「ここを残して欲しい」といった声は蓄えられています。プロジェクトは、そういった大量の情報整理から始まりましたから。

11/10大阪開催ECzine Day「EC売上の壁は『お客様の期待』を超えて突破する!」

楽天ショップ・オブ・ザ・イヤー腕時計部門受賞のななぷれ登壇! 関西のみなさんにECのホットトピックスを無料でお届けするイベントです。詳細・お申し込みはこちら↓
11/10開催 EC売上の壁は「お客様の期待」を超えて突破する!ECzine Day in OSAKA

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
クリムゾンレッド→シンプルグレーは「画像」を目立たせるため

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
ECホットトピックス連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

ECzine編集長 倭田 須美恵(ワダ スミエ)

2013年11月11日、ECzine初代編集部。ならではの視点でECに関する情報をお届けしたいと思います。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/article/detail/2215 2015/10/15 15:45

Special Contents

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年3月17日(木)10:00~16:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング