記事種別

ウェブメディアでの情報発信が出発点 日本のバーカルチャーと高品質なジャパニーズ・バーツールを海外へ紹介『BAR TIMES STORE』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る
2014/12/29 08:00

お酒業界専門のSP企画会社が2011年から運営するWebマガジン「BAR TIMES」。2013年10月にリアルなショールームをオープンし、本格的にEC事業に乗り出した。メディア発のECサイトとして、どのような取り組みを行うのか。店長を務める丹羽克久さんにお話をうかがった。

ショールームオープンで本格始動『BAR TIMES STORE』

BAR TIMES STORE 丹羽克久さん

――EC事業に本格的に乗り出した経緯を教えてください。

 「2013年8月に、自社ECサイト『BAR TIMES STORE』でネット通販を始めました。SP企画会社として、さまざまなお客様のプロモーションをサポートしてまいりましたが、その中で培ったモノづくりのノウハウを活かして、自分たちでもオリジナルのバーツールをつくれたらいいなというのが始まりです。今では商品数は約500、まだ1割にも満たないですが、自社開発のオリジナルツールも徐々に増やしています。

 2014年10月に、飯田橋にショールームをオープンしました。それまでは、ECサイト用の倉庫と事務所を別々に借りていたのですが、1つにしてショールームをオープンしようということになったんです。バーテンダーの方からは、実際に手に持ってみないとわからないという声も聞かれますし、バーツールだけが1ヵ所に集まった場というのはなかなかないものですから」

バーツール専門ECサイト「BAR TIMES STORE」

――ECサイトより、メディアが先にあったんですよね。

 「はい、もともと紙媒体の『バーテンダーズ・マガジン』というフリーペーパーを発行していて、そのウェブ版として『BAR TIMES』を2011年にオープンしました。お酒の新商品情報や、カクテルコンペのレポートなどを掲載していて、Facebookは2014年12月現在で6万いいね!を超えています。また、トップバーテンダーのカクテルメイキング動画をYouTubeにアップしているのですが、こちらのチャンネルも 7,000 を超えることができました。

バーテンダーとバーファンのためのWebマガジン「BAR TIMES」

 ECサイトへの流入は、外部のウェブ広告を打っていないということもあって、Facebookを見てくださっているコアなファンの方がほどんどです。ただし、Facebookページを告知する広告は打っていますし、バーテンダーさんと酒造メーカーさんたちが一堂に会する、『Tokyo International BarShow』のような展示会には出展して、商品を紹介したり、ショップカードを配ったりしています」

――ニッチで、BtoBのECサイトとも言えますよね。展示会に出るのは大事ですか?

 「バーツールは食品とは異なり、日本人全員が見込み客というわけにはいきません。バーツールに興味がある人たちに、どれだけアピールできるかという基準で露出する場所を選びます。展示会に出ることで、クオリティの高さやブランド力をアピールしていこうと考えています」

――メディアもECもというと大変そうですが、店長のお仕事とは?

 「ECサイトでは、発注業務などの運営回りや新規商品の開発をしています。メディアでは、『BAR TIMES』のコンテンツを1日3本以上更新して、外部のプレスリリース配信サイトにマメに情報発信するようにしています」

※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

バックナンバー

連載:ECホットトピックス

もっと読む

2017年10月の人気記事ランキング

All contents copyright © 2013-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5