SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Academy(イーシージン・アカデミー)とは、自社ECのプロフェッショナルの育成を支援する講座の総称です。ECzine編集部が企画し、基本となる「2日でわかるEC構築・運営基礎講座」ほか、その時々のトレンドをいち早く学んでいただけるようテーマ別講座をご用意しています。

12月13日-14日にアーカイブ配信決定!

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のECzine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2023 Spring

2023年3月16日(木)10:00~16:10(予定)

「季刊ECzine」とは、年に4回、EC業界の重要ポイントだけをまとめてお届けする紙の雑誌です。ECの最新トレンドを取り上げた「特集記事」のほか、重要なトピックスに関する知識を上書き保存する「定点観測」、EC業界のニュースや記事を振り返るコーナーなど、自社のECビジネスを俯瞰していただく際のヒントになる内容が満載です。

季刊ECzine

2022年秋号(vol.22)
特集「Above and Beyond expectations!!〜期待以上の体験を提供するテクノロジーとブランド〜」

「季刊ECzine」購読者なら
誌面がウェブでも読めます

ECホットトピックス

ウェブメディアでの情報発信が出発点 日本のバーカルチャーと高品質なジャパニーズ・バーツールを海外へ紹介『BAR TIMES STORE』


お酒業界専門のSP企画会社が2011年から運営するWebマガジン「BAR TIMES」。2013年10月にリアルなショールームをオープンし、本格的にEC事業に乗り出した。メディア発のECサイトとして、どのような取り組みを行うのか。店長を務める丹羽克久さんにお話をうかがった。

ショールームオープンで本格始動『BAR TIMES STORE』

BAR TIMES STORE 丹羽克久さん

――EC事業に本格的に乗り出した経緯を教えてください。

 「2013年8月に、自社ECサイト『BAR TIMES STORE』でネット通販を始めました。SP企画会社として、さまざまなお客様のプロモーションをサポートしてまいりましたが、その中で培ったモノづくりのノウハウを活かして、自分たちでもオリジナルのバーツールをつくれたらいいなというのが始まりです。今では商品数は約500、まだ1割にも満たないですが、自社開発のオリジナルツールも徐々に増やしています。

 2014年10月に、飯田橋にショールームをオープンしました。それまでは、ECサイト用の倉庫と事務所を別々に借りていたのですが、1つにしてショールームをオープンしようということになったんです。バーテンダーの方からは、実際に手に持ってみないとわからないという声も聞かれますし、バーツールだけが1ヵ所に集まった場というのはなかなかないものですから」

バーツール専門ECサイト「BAR TIMES STORE」

――ECサイトより、メディアが先にあったんですよね。

 「はい、もともと紙媒体の『バーテンダーズ・マガジン』というフリーペーパーを発行していて、そのウェブ版として『BAR TIMES』を2011年にオープンしました。お酒の新商品情報や、カクテルコンペのレポートなどを掲載していて、Facebookは2014年12月現在で6万いいね!を超えています。また、トップバーテンダーのカクテルメイキング動画をYouTubeにアップしているのですが、こちらのチャンネルも 7,000 を超えることができました。

バーテンダーとバーファンのためのWebマガジン「BAR TIMES」

 ECサイトへの流入は、外部のウェブ広告を打っていないということもあって、Facebookを見てくださっているコアなファンの方がほどんどです。ただし、Facebookページを告知する広告は打っていますし、バーテンダーさんと酒造メーカーさんたちが一堂に会する、『Tokyo International BarShow』のような展示会には出展して、商品を紹介したり、ショップカードを配ったりしています」

――ニッチで、BtoBのECサイトとも言えますよね。展示会に出るのは大事ですか?

 「バーツールは食品とは異なり、日本人全員が見込み客というわけにはいきません。バーツールに興味がある人たちに、どれだけアピールできるかという基準で露出する場所を選びます。展示会に出ることで、クオリティの高さやブランド力をアピールしていこうと考えています」

――メディアもECもというと大変そうですが、店長のお仕事とは?

 「ECサイトでは、発注業務などの運営回りや新規商品の開発をしています。メディアでは、『BAR TIMES』のコンテンツを1日3本以上更新して、外部のプレスリリース配信サイトにマメに情報発信するようにしています」

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
拡散してくれるユーザーが求めるコンテンツを発信する

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
ECホットトピックス連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

ECzine編集長 倭田 須美恵(ワダ スミエ)

2013年11月11日、ECzine初代編集部。ならではの視点でECに関する情報をお届けしたいと思います。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/article/detail/1599 2022/06/29 11:07

Special Contents

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年8月30日(火)10:00~16:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング