SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Academy(イーシージン・アカデミー)とは、自社ECのプロフェッショナルの育成を支援する講座の総称です。ECzine編集部が企画し、基本となる「2日でわかるEC構築・運営基礎講座」ほか、その時々のトレンドをいち早く学んでいただけるようテーマ別講座をご用意しています。

12月13日-14日にアーカイブ配信決定!

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のECzine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2023 Winter

2023年12月7日(木)10:00~16:20(予定)

「季刊ECzine」とは、年に4回、EC業界の重要ポイントだけをまとめてお届けする紙の雑誌です。ECの最新トレンドを取り上げた「特集記事」のほか、重要なトピックスに関する知識を上書き保存する「定点観測」、EC業界のニュースや記事を振り返るコーナーなど、自社のECビジネスを俯瞰していただく際のヒントになる内容が満載です。 ※諸般の事情により、2023年春号(vol.24)をもって休刊となります。

季刊ECzine

2023年春号(vol.24)
特集「Find out! Create new connection~テクノロジーで拡張する顧客体験と売り場の可能性~」

「季刊ECzine」購読者なら
誌面がウェブでも読めます

D2Cグロースに必須なファイナンス視点

売上拡大しているのに突然倒産!?D2C・メーカーが直面する資金繰りの苦しさはなぜ起きるのか

 D2Cをはじめとする自社製品を製造・販売するメーカーは、事業を軌道に乗せて安定成長フェーズに至るまでの間に、ほぼ必ず資金繰りの苦しさにぶつかります。事業は拡大しているのに、手元にキャッシュがない。資金調達が難しい。こうした拡大期のD2C/新興メーカーが抱える固有の課題について紹介する本連載。第1回は、お金がない状況に陥る原因を事業フェーズごとに紐解きます。

最も苦しいのは、拡大期のD2C/新興メーカー

 拡大期のD2C/新興メーカーが直面する資金調達の難しさ。特に日本では資金調達のハードルが高く、その壁にぶつかることが多い傾向にあります。本連載では、各社がこうした課題を乗り越えるための方法を紹介します。

 まずは、D2C/新興メーカーを3つの成長段階に分け、それぞれの課題を見てみましょう。

D2C/新興メーカーの3つの成長段階
クリックすると拡大します

立ち上げ期

 立ち上げ期は、事業開始前から初期ロットを製造販売し、一定のロットで安定した販売ができるようになるまでの時期を指します。月商規模としては、0~300万円ほどのイメージです。

 このフェーズは、事業を始めるために必要な「ものへの投資」が先行する時期です。販売する自社プロダクトの企画、初期ロットの製造、ウェブサイト構築などといった「設備投資」が必要になり、一括で大きな支払いが必要となる機会が多いです。

拡大期

 立ち上げ期と安定成長期の間に位置するのが、拡大期です。拡大期は、立ち上げ期から発注ロットを一気に増やし、事業を大きくしていく時期を指します。月商規模としては、300万~1,000万円ほどのイメージです。

 このフェーズは、広告運用を本格的に開始するタイミングであり、また生産/販売量も増えていくため在庫管理も重要になります。このため、広告費、在庫管理に向けたシステム導入、そして広告運用や在庫管理を行うための社員の採用(外部委託)など、毎月かかる「運転資金」が増加していきます。

 そして何より、商品の製造にかかるOEMや工場への支払いが大幅に増えていきます。

安定成長期

 安定成長期は、既存商品の発注ロットを少しずつ増やしながら、新商品/ブランドの開発や広告費の拡大、大型小売店との業務提携を行う時期を指します。月商規模としては1,000万円以上のイメージです。

 このフェーズになると事業が安定し、成長が続いたとしても運転資金が不足する課題は生じづらくなっていきます。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
スピーディーに成長するD2C/新興メーカーこそ、苦しさにぶつかる

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
この記事の著者

株式会社Finatextホールディングス 取締役CFO 伊藤祐一郎(イトウ ユウイチロウ)

東京大学経済学部卒業。2010年よりUBSの投資銀行本部においてIPOやグローバルM&Aのアドバイザリー業務に従事。2016年に株式会社Finatext(現・株式会社Finatextホールディングス)に参画しCFOに就任。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/article/detail/13283 2023/08/23 07:00

Special Contents

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年8月30日(火)10:00~16:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング