SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2024 June

2024年6月6日(木)10:00~17:40(予定)

今こそ考え、実現する!ECとブランディング

「らしさ」の象徴と信頼が利益を生み出す ビジネス視点で紐解くブランドとブランディング

 ブランドとブランディングの違いをすぐに答えることができますか。株式会社フラクタが「ブランディング」を語る当連載。第4回は同社の代表取締役 河野貴伸さんに代わって、ブランディングエデュケーター 松岡芳美さんが「ブランド・ブランディングとはそもそも何か」を解説します。

 こんにちは、株式会社フラクタの松岡です。RI(Research & Implementation)局という、調査研究や社内教育などを行う機関に所属しています。前回は、ブランディングにおける適切な人材配置を取り上げましたが、今回はブランドとブランディングの基礎的な話をしていきます。

 専門用語は可能な限りかみ砕いて説明しますので、EC担当者になったばかりの人はもちろん、「ブランディングに興味はあるがよくわからない」という人にも読んでいただきたいです。

香りや商品ラインナップもブランドの要素

 現在は、ブランディングの考えかたが応用され、さまざまな領域で用いられるようになりました。「セルフブランディング」や「自治体のブランディング」、そのほかいろいろとあります。ここでは、「ブランディング」がもともとは「ビジネス」であったことから、利益創造を命題とした経済活動に焦点を当てます。

 ブランディングがうまくいくと、売上や利益、他社からの信頼、競争優位性などに良い影響を及ぼします。また、副次的な効果として次のようなメリットがあります。

  • 営業活動の効率化
  • 採用活動の効率化
  • 人材育成の効率化
  • リピーターやファンの獲得・維持コストの低減
  • ビジネスの拡大や横展開の円滑化

 なぜ、これらが可能となるのか。ブランドの特徴やブランディングのフローから紐解いてみましょう。

 そもそも、「ブランド・ブランディングとはなんぞや」と思っている人もいると思います。たとえば、Aという車のメーカーがあるとします。あなたが、車が欲しいと思ったとき、Aの名前やロゴ、車の特徴などを思い浮かべますよね。さらに、「なんとなく好き」「昔から家族で乗っているため馴染みがある」といった、何かしらのイメージを思い浮かべたなら、Aはブランドなのです。

 今お伝えしたことを図にしてみました。

象徴の想起効果
クリックすると拡大します

 このように、何かしらの「象徴」から、すぐにイメージできる状態となっている店・商品が「ブランド」です。わかりやすくするために、図ではロゴA・B・Cと表現していますが、象徴がロゴであるとは限りません。ひとつのブランドを象徴するあらゆるものが含まれます。ロゴのほかには、ブランド名や商品の特徴的な部分、土地名、化粧品であれば香りや使用感など、「そのブランドらしいポイント」が該当します。

 雑貨ブランドがあり、その名前やロゴをはっきりと覚えていなくとも、店内における商品のラインナップや、店頭に漂う香りがそのお店らしい要素だと認識しているのであれば、それらも象徴にあたります。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
ブランドが企業に何をもたらすのか

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note
今こそ考え、実現する!ECとブランディング連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

株式会社フラクタ ブランディングエデュケーター 松岡芳美(マツオカヨシミ)

印刷・ウェブのデザイナーからキャリアをスタート。アートディレクターを経て、企業の大小問わずブランディングのプロジェクトを多数牽引した経験をもとに、現在はResearch & Implementation局に所属し、ブランディング関連の調査研究、社内外の教育を行う。2017年にEC新任担当者に...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/article/detail/12499 2023/03/15 07:00

Special Contents

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2024年6月6日(木)10:00~17:40(予定)

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング