SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Academy(イーシージン・アカデミー)とは、自社ECのプロフェッショナルの育成を支援する講座の総称です。ECzine編集部が企画し、基本となる「2日でわかるEC構築・運営基礎講座」ほか、その時々のトレンドをいち早く学んでいただけるようテーマ別講座をご用意しています。

12月13日-14日にアーカイブ配信決定!

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のECzine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2022 Winter

2022年12月1日(木)10:00~16:10(予定)

「季刊ECzine」とは、年に4回、EC業界の重要ポイントだけをまとめてお届けする紙の雑誌です。ECの最新トレンドを取り上げた「特集記事」のほか、重要なトピックスに関する知識を上書き保存する「定点観測」、EC業界のニュースや記事を振り返るコーナーなど、自社のECビジネスを俯瞰していただく際のヒントになる内容が満載です。

季刊ECzine

2022年秋号(vol.22)
特集「Above and Beyond expectations!!〜期待以上の体験を提供するテクノロジーとブランド〜」

「季刊ECzine」購読者なら
誌面がウェブでも読めます

EC初心者の教科書

事業の成否を左右するECカート選び 商材別の相性や拡張性などポイントを押さえて最適な選択をしよう

 EC事業・D2Cブランドを新たに立ち上げた、新しくEC担当者に任命された。本連載ではそんなEC初心者の方々に向け、Brandismの松元さんがつまずきやすいポイントやよくある悩み、失敗についてアドバイスを行います。第5回は、「はじめてECカートを選ぶ際の考えかた」についてです。

持つべきはROI最大化の視点 売上・事業成長の道を分けるECカート

 最近、新たにECを始めたいという方からECカートの選びかたに関する質問を頻繁にいただきます。ECサイトの立ち上げ経験がない方には、カートごとの違いがなかなかわかりにくいかもしれません。

 ECカート選びは、事業者にとって成否を分ける非常に重要な要素と言えます。なぜなら、ECカートの選択を間違えてしまうと、売上が伸びないこともあるからです。今回は、自社に合ったECカートシステムの選びかたについて解説します。

 EC・D2C事業においてどのECカートを選ぶかはその後の事業成長を大きく左右します。なぜなら、EC施策の実行や運用はカートのシステムありきだからです。「ECカートシステムはビジネスの実行基盤である」と言い換えることもできます。

 たとえどんなに良い施策を思いついても、それを実行できないECカートであれば思うような成果を上げることは難しくなります。お金とエンジニアの工数に余力があり、フルカスタマイズできるのであれば話は別ですが、限られたリソースの中で多くの施策を実行し、成果につなげるにはECカートの選定が非常に重要です。

 ECカートを選ぶ際には、「費用が高いか安いか」ではなく、「ROI(Return on Investment:投資利益率)を最大化できるか」という視点が欠かせません。もちろん初期費用やランニングコストも大事な視点ではあります。しかし、それ以上に考慮すべきは、事業拡大する上で投資に対するリターンを出し続けることができる仕組みであるか、つまり機能性や拡張性が担保されているのかといった視点です。

 中には「最初はミニマムに始めて、事業規模が大きくなったらECカートを刷新したら良い」と考える方もいるでしょう。しかし、ECカートの乗り替えには顧客データの移行など、さまざまなリスクが生じます。とくに売上が年間数千万円から1億円以上になった後にECカートを変更するのは、移行時のコスト面からも健全とは言えません。

 ECカートを選ぶ際に目を向けるべき重要なポイントは、ビジネスモデルです。大きく分けると、単品リピート通販かさまざまな商品を単発購入で扱うかでまず選択肢が変わってきます。

 自社の望む形を0から作ることができるフルスクラッチ型、もしくはecbeingなどパッケージ型と分類されるシステムであればどちらにも対応が可能です。しかし多くの開発費用・初期投資を要するため、初めてEC事業に取り組む、もしくは予算が限られている事業者にはハードルが高いと言えます。お金をかければ望みどおりのECサイトを作ることは可能ですが、事業の初期段階は身の丈に合った運営から始める視点が欠かせません。目安としては、10万円から300万円程度といったように、初年度の売上で回収できる範囲に収めると良いでしょう。すると、ビジネスモデルに合った機能が実装されたECカートを選ぶ必要があることは明らかです。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
商材や求める拡張性からカート選びのヒントを得る

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
EC初心者の教科書連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

株式会社Brandism 取締役 松元貴志(マツモト タカシ)

早稲田大学大学院創造理工学研究科修了後、ユニリーバ・ジャパンに入社。ヘアケアブランドのマーケティングに従事。人材系ベンチャーを経て、人材関連会社を起業。創業した株式会社メルセンヌを人材会社へ売却。その後、代表を務める株式会社メジオにてD2Cビジネスを展開。2021年に木村とBrandismを共同創業...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/article/detail/11618 2022/08/30 07:00

Special Contents

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年8月30日(火)10:00~16:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング