SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Academy(イーシージン・アカデミー)とは、自社ECのプロフェッショナルの育成を支援する講座の総称です。ECzine編集部が企画し、基本となる「2日でわかるEC構築・運営基礎講座」ほか、その時々のトレンドをいち早く学んでいただけるようテーマ別講座をご用意しています。

お申し込み受付中!

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のECzine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2022 August

2022年8月30日(火)10:00~16:10

「季刊ECzine」とは、年に4回、EC業界の重要ポイントだけをまとめてお届けする紙の雑誌です。ECの最新トレンドを取り上げた「特集記事」のほか、重要なトピックスに関する知識を上書き保存する「定点観測」、EC業界のニュースや記事を振り返るコーナーなど、自社のECビジネスを俯瞰していただく際のヒントになる内容が満載です。

季刊ECzine

2022年夏号(vol.21)
特集「Roads to 2025 ~ブランドを進化させるテクノロジーと顧客交流~」

「季刊ECzine」購読者なら
誌面がウェブでも読めます

EC初心者の教科書

在庫管理・生産管理・広告運用・カート投資 初心者が失敗しがちなEC・D2C運営のあるある9選

 EC事業・D2Cブランドを新たに立ち上げた、新しくEC担当者に任命された。本連載ではそんなEC初心者の方々に向け、Brandismの松元さんがつまずきやすいポイントやよくある悩み、失敗についてアドバイスを行います。第1回は、「EC初心者が立ち上げ時に失敗しがちな9つのポイント」についてです。

初回生産で終わらないブランドを作るには

 ECやD2C事業を立ち上げてチャレンジするも失敗し、撤退してしまうケースが多くあります。私が以前、業界でも多くのブランド立ち上げを行っているOEM事業の責任者に話をうかがったところ、95%のブランドは初回生産だけで終わってしまうとのことでした。

 つまり、ほとんどのブランドは最初に作って終わりで、継続して生産を行い、生き残るブランドは数少ないということです。最初に頼んだOEMと別のOEMで2回め以降生産しているという可能性もゼロとは言えませんが、現実的にはこうしたケースは稀と言えます。仮にこうしたケースが多く見積もって5%あったとしても、90%のブランドは生き残ることができていない。これが現実です。

 そこで、今回は数多くの失敗を見たり、経験したりした私から、ECやD2C事業を初めて行う方、これから行おうと考えている方に向けて、失敗しがちな9つのポイントをお伝えします。

1. 在庫を抱えすぎる

 ビジネスを始める前は、誰しもが失敗を想像せず、成功する未来しか思い浮かべないでしょう。しかし、冒頭で述べたとおり、90%以上は失敗に終わっているという現実があります。

 仮に「思ったよりも売れない」という失敗をしたとしても、在庫が少なければ「お客様に合わない商品だった」と判断して別商品の企画を行い、2回め以降の販売を続けることが可能です。しかし、在庫を大量に抱えた場合、売上が生まれないどころか商品サイズによっては保管費用がかさみ、廃棄する際にも費用がかかるため、大幅な赤字になってしまいます。

 ECやD2C事業は、売れなければ売れないほどコストがかかる仕組みになっています。一見すると事業に成功して多ブランド展開している事業者でも、立ち上げた新ブランドが売れず、しばらくして販売を中止する経験をしているケースは少なくありません。

 ここでお伝えしたいのは、「失敗をしないために挑戦するのをやめよう」ということではありません。仮に失敗してしまっても、新商品や別のブランドを立ち上げる機会を得ることができるよう、失敗時の傷を最小限にすることが肝要です。リスクを最小限に留めるためにも、在庫を抱えすぎないようにしましょう。

 OEMの場合、初回生産時に数量を多くしたほうが1点あたりの生産コストを抑えることができるため、つい多めに生産したくなってしまうのも理解はできます。しかし、売れる心配よりも売れなかったときの心配をしておくのが吉です。売上を作るための商品が負債にならないよう、できるだけ小ロットの生産を心がけることをお薦めします。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
2. 生産までのリードタイムが長すぎて、売れるタイミングを逃す

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
EC初心者の教科書連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

株式会社Brandism 取締役 松元貴志(マツモト タカシ)

早稲田大学大学院創造理工学研究科修了後、ユニリーバ・ジャパンに入社。ヘアケアブランドのマーケティングに従事。人材系ベンチャーを経て、人材関連会社を起業。創業した株式会社メルセンヌを人材会社へ売却。その後、代表を務める株式会社メジオにてD2Cビジネスを展開。2021年に木村とBrandismを共同創業...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/article/detail/11138 2022/03/28 07:00

Special Contents

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年8月30日(火)10:00~16:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング