記事種別

楽天もライブコマースに参入 年末商戦に向け今から慣れて

定点観測06 動画
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

 EC事業者がおさえておきたい、13のテクノロジー関連トピックスの「定点観測」。H&Wの橋爪さんに、動画について聞きました。※本記事は、2019年9月25日刊行の『季刊ECzine vol.10』に掲載したものです。

楽天がライブコマースを開始 ファン心理をくすぐる演出・訴求を極めよう

 もはやめずらしくもなくなった、ライブコマース。今回の注目すべきトピックは、楽天が5月17日にライブ動画配信サービス「Rakuten LIVE」を始めたことだ。

「楽天はコマースを中心に、さまざまなデータを取得している企業です。その楽天がライブコマース領域に、このタイミングで満を持して参入した。これは、ライブコマースに伸びしろがあると踏んだからでしょう。楽天経済圏は、ポイントを中心に、オンオフがものすごい勢いで融合しています。『モノを買うなら楽天で』という発想から、楽天のプラットフォームから配信されるライブを目にするユーザーも増えていくはず。コンテンツとしては、実演販売に近いものが中心になるでしょうから、編集コストもそうかかりません。EC事業者は、楽天をプラットフォームとして活用することで、効率良くパフォーマンスを向上させることができるのではないでしょうか」

 企業としてライブコマースを配信するにしても、やはり「中の人が出るのがベスト」とのこと。ライブコマースで情報発信をする際に盛り込むべき情報について聞くと、こう答えが返ってきた。

「一番大事なのは、『ユーザーが何を知りたいのか』。これを考えて、要望に応えた動画を作ると良いですね。ユーザーが既存の商品に感じているであろう不満を、『このように解決できる商品です』と伝えたり、実践を通して使いかたを教えたりする。テレビ通販のリアル版のイメージです。それに、商品を買いたい人が身近に感じてくれる配信者のパーソナリティーを加えていく。この点はYouTubeやInstagramなどのライブ配信と似ていて、パーソナリティーが見えたほうが視聴率も伸びると言われています」

この記事は、紙の定期購読誌『季刊ECzine』に掲載した限定公開の記事です。
続きは以下の方法でお読みいただけます。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク

バックナンバー

連載:季刊ECzine vol.10 定点観測

もっと読む

2017年03月の人気記事ランキング

All contents copyright © 2013-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5