SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Academy(イーシージン・アカデミー)とは、自社ECのプロフェッショナルの育成を支援する講座の総称です。ECzine編集部が企画し、基本となる「2日でわかるEC構築・運営基礎講座」ほか、その時々のトレンドをいち早く学んでいただけるようテーマ別講座をご用意しています。

お申し込み受付中!

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のECzine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2022 Winter

2022年12月1日(木)10:00~16:10(予定)

「季刊ECzine」とは、年に4回、EC業界の重要ポイントだけをまとめてお届けする紙の雑誌です。ECの最新トレンドを取り上げた「特集記事」のほか、重要なトピックスに関する知識を上書き保存する「定点観測」、EC業界のニュースや記事を振り返るコーナーなど、自社のECビジネスを俯瞰していただく際のヒントになる内容が満載です。

季刊ECzine

2022年秋号(vol.22)
特集「Above and Beyond expectations!!〜期待以上の体験を提供するテクノロジーとブランド〜」

「季刊ECzine」購読者なら
誌面がウェブでも読めます

ECzineニュース

コロナ禍で「なじみの外食店」が「減った」37.6%、「新たにできた」57.5%/リクルート調査

 リクルートの外食市場に関する調査・研究機関「ホットペッパーグルメ外食総研」は、コロナ禍前後における「なじみの外食店」について、数や立地の変化、業態ごとの割合等についてアンケートを実施した。

1. コロナ禍以降、「なじみの外食店」の数が減った人は37.6%

  コロナ禍で外食店にとって厳しい状況が続いているが、外食機会の減少に伴い、リピート利用する「なじみの外食店」の数がどのように変化しているかを調査した。

 コロナ禍前に「なじみの外食店」があった人は約7割。その後のコロナ禍で「なじみの外食店」の数が増えた人が2.9%、減った人が37.6%と、減った人のほうが圧倒的に多いという結果であった。

コロナ禍の前(2020年3月以前)と比べて、「なじみの外食店」の数は変化したか(全体/単一回答)

 性年代別では、60代男性はコロナ禍の前も現在も「なじみの外食店」がない人が23.3%と少なく、外食店にとって貢献度の高い世代だが、コロナ禍で43.2%という高い割合の人が「なじみの外食店」の数が減っていた。もともと「なじみの外食店」がある割合が高い中高年世代で「なじみの外食店」の数が減っている人が多い傾向で、コロナ禍で若い世代よりも中高年で外食実施率が下がった(同社「外食市場調査」より)こととも関連がありそうだ。

2. 「なじみの外食店」が減った理由は、圧倒的にコロナ禍。「外出・外食控え」が最大要因に

 コロナ禍以降に「なじみの外食店」が減った人の理由を聞き、その理由をコロナ禍に関連するものと関連しないものに大別すると、圧倒的にコロナ禍に関する理由が多くあげられた。

 最も割合が高かった理由は「外出や外食自体を控えるようにした」で41.6%。次いで「店が営業自粛や閉店等をした」が22.1%、さらに「繁華街等の人混みの多いエリアに立地していた」と「営業時間の規制により、自分の利用時間と合わなくなった」がともに16.5%となっている。

コロナ禍以降(2020年4月以降)「なじみの外食店」でなくなった理由(コロナ禍の前よりなじみの外食店の数が減った人/複数回答)

 30〜60代女性では特に「外出や外食自体を控えるようにした」との回答割合が高く、男性よりも女性において「外出・外食控え」が「なじみの外食店」でなくなることに大きな影響を与えた様子が伺える。

3. コロナ禍以降、新たな「なじみの外食店」ができた人は57.5%

 「なじみの外食店」の数が減った人が多いコロナ禍中だが、新たな「なじみの外食店」ができた人は、「なじみの外食店」がコロナ禍前後いずれかにあった/ある人に限って集計(全体9,564人中6,621人、69.2%)すると、57.5%が新たな「なじみの外食店」をこの間に見つけたようだ。

コロナ禍以降(2020年4月以降)新たにできた「なじみの外食店」の有無(コロナ禍の前またはコロナ禍になってから「なじみの外食店」があった(ある)人/単一回答)

 性年代別では、30代男性で68.0%が新たな「なじみの外食店」があると回答、20代女性でも66.0%が新たな「なじみの外食店」があると回答し、男女の年代別では最も割合が高かった。おおむね、年代が若いほど、新たな「なじみの外食店」がある人の割合が高く、コロナ禍前には「なじみの外食店」のある人が中高年に多かったこととは逆の傾向である。

4. 新たにできた「なじみの外食店」の立地は「自宅や最寄り駅の周辺」が74.8%

 新たにできた「なじみの外食店」のうち、最も高い頻度で利用している店について、その立地を聞いた。最も割合が高かった立地は「自宅や最寄り駅の周辺」が74.8%で圧倒的な1位であった。

コロナ禍以降(2020年4月以降)新たにできた「なじみの外食店」のうち、最も高い頻度で利用している店の立地(コロナ禍になってから新たになじみの外食店ができた人/単一回答)

 性年代別では、40代女性で「自宅や最寄り駅の周辺」が82.2%、20代男性で「通勤・通学場所の周辺」が16.8%で、それぞれ他の性年代よりも回答割合が高かった。コロナ禍で不要不急の外出自粛が要請され、また、在宅勤務等も影響してか、「なじみの外食店」の場所も自宅近くにできた人が多いようだ。

5. 「なじみの外食店」の業態、飲酒主体業態を中心に減少幅大きく

 「なじみの外食店」の業態を聞いた。コロナ禍の前後で比較すると、「なじみの外食店」の数が減った人が多いことと連動して、ほとんどの業態で回答割合が減少している。

コロナ禍の前(2020年3月以前)およびコロナ禍以降(2020年4月以降)の「なじみの外食店」の業態(コロナ禍の前またはコロナ禍になってから「なじみの外食店」があった(ある)人/複数回答)

 減少幅に注目すると、「居酒屋」でコロナ禍前後差が‐15.5ptと最も大きく、次いで「焼肉、ステーキ、ハンバーグ等の専業店」が同‐13.2pt、「中華料理店(ラーメン専門店は除く)」が同‐12.3ptで続く。コロナ禍前のスコアが比較的高い業態の中では、「ファミリーレストラン、回転すし等」(同‐10.3pt)や「ファストフード」(同‐2.4pt)は比較的なじみの客離れを相対的に免れているようであり、飲酒主体業態は、コロナ禍前のスコアが比較的低い業態を含め、減少割合が他の業態よりも大きくなっている。

調査概要

  • 調査方法:インターネットによる調査
  • 調査時期:2021年8月2日(月)~2021年8月11日(水)
  • 調査対象:首都圏、関西圏、東海圏に住む20~69歳の男女(株式会社マクロミルの登録モニター)
  • 有効回答数:9,564件

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

ECzine編集部(イーシージンヘンシュウブ)

ECZine編集部です。ネットショップ運営に役立つ情報をお届けします。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/news/detail/9734 2021/09/22 03:00

Special Contents

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年8月30日(火)10:00~16:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング