記事種別

NISSHAとNECソリューションイノベータ、テイクアウト容器シェアリングサービスの実証実験を開始

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る
2020/11/30 06:00

 NISSHAとNECソリューションイノベータは共同で、沖縄県中頭郡読谷村において、サーキュラーエコノミー推進と新しい生活様式の両立に向けた、テイクアウト容器のシェアリングサービス(サービス名称:Re&Go<リーアンドゴー>)の社会実証実験を行う。

 NISSHAは、サステナビリティの観点から事業を通じた社会課題の解決に注力している。この一環として、サーキュラーエコノミー推進を目指し、NECソリューションイノベータと共同で同サービスの開発・実用化を進めてきた。

 そのようななか、新型コロナウイルス感染症の拡大にともない、食事のテイクアウトが急増し新たな生活様式における食事スタイルとして定着したが、その一方で、容器に用いられるプラスチックごみの増加が新たな社会問題となっている。

 そこで両社はこの課題の解決に向けて、Re&GoとLINE公式アカウントを連携したサービスを開発。サーキュラーエコノミー推進、新しい生活様式に順応した環境負荷低減の取り組みおよび地域活性化を目指し、2020年12月1日(火)から2021年2月14日(日)の期間で、同村にて実証実験を行うこととした。

 なお、同サービスは、フェニクシーのインキュベーションプログラムに参加したNISSHA社員による「プラスチックごみ削減」に向けた事業プランがベースになっているとのこと。

サービス概要

  • 繰り返し使用できるテイクアウト容器のシェアリングサービス。
  • 飲み物用のカップと料理用のボックスの2種類が利用可能。
  • 購入した店舗以外でも、同サービスに参加する飲食店で容器を返却することが可能。
  • 返却した容器は回収・洗浄して再利用するため、容器ごみが発生しない。
  • 容器の貸し出し・返却はLINEのインターフェースを利用。
  • 利用者は容器ごみ削減による環境への貢献度を把握することができる。
  • 店舗をまたぐデータ活用により、飲食店の販売促進を支援。

Re&Go利用方法

  1. 同サービスの社会実証実験協力店舗での店頭POP、もしくは専用ウェブサイトからLINEの友だち登録を行なう。
  2. 同サービスの容器利用に際し、QRコードを使用した利用開始登録を行なう。
  3. テイクアウトや店内で利用した後、購入した店舗あるいはほかの協力店舗にて返却ができる。返却可能な店舗をLINEのリッチメニューから検索も可能。
  4. 返却時、店舗でQRコードを利用した返却登録を行なう。返却後、容器ごみ削減による環境への負荷低減の効果を同サービスのアプリ上で確認することができる。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


2017年09月の人気記事ランキング

All contents copyright © 2013-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5