記事種別

約4割が「VR体験で商品やサービスの購入意欲が高まると思う」と回答/マクロミル調べ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る
2019/02/08 09:40

 マクロミルは、旬な情報や話題のネタについてアンケートを行い、ニュースレター「HoNote通信」として調査結果をユーザーに届けている。vol.172では「VR」をテーマに、15歳から69歳までの生活者を対象に調査を行った。

 調査結果の概要は下記の通り。

約2割はVR体験済み、体験者の3~4割が「動画視聴」「ゲーム」「アトラクション」で体験

15歳から69歳全体における“VR”という言葉の認知率は91%で、内訳は「どのようなものか知っていた」が53%、「名前を見聞きした程度」が38%であった。また、実際の体験率は21%となった。VR体験内容の内訳をみると、「VR動画視聴(44%)」、「ゲーム機、PC、スマホでのVRゲーム(38%)」、「アミューズメント施設のVRアトラクション(31%)」が上位を占めた。

VR体験の満足度は85%、満足の理由は「リアル」「臨場感」

満足している人は85%と高く、内訳は「満足」34%、「やや満足」52%であった。満足から不満までそれぞれの理由を自由記述によって集めると、満足の理由は「リアル」や「臨場感」といったキーワードが目立ち、不満の理由は「酔った」という声が多かった。

家庭向けVR機器の非所有者の購入意向は30%で、最大予算は平均19,991円

現状では、家庭向けVR機器の所有率は全体の3%とであったが、所有していない人のうち30%が“欲しい(「是非欲しい」8%、「まあまあ欲しい」22%)と回答している。また買う場合の最大予算を尋ねると、「5,000円から10,000円未満」が37%、「10,000円から50,000円未満」が41%と、この2つの価格帯がボリュームゾーンであり、平均の最大予算は19,991円であった。

VR体験で商品やサービスの「購入意欲が高まると思う」41%

VRでの「不動産見学」「インテリア・リフォーム」「試乗」など、商品を買う前にVRで体験ができる場合とできない場合で、その商品を買う気持ちに影響はあると思うか尋ねたところ、VR体験をできた方が、買う気持ちが「高まる」と思う人が18%、「どちらかといえば高まる」と思う人が25%で、合計42%が「購入意欲が高まると思う」という結果となった。またこの結果を、これまでに実際にVRを体験した人とそうでない人で比較すると、体験者が61%だったのに対し、未体験者は37%であった。

今後VRは「浸透する」は61%。活用分野予想は、エンタメ、旅行、研修、自動車など

今後VRは浸透すると思うかを尋ねると、「浸透すると思う」が18%、「どちらかといえば浸透すると思う」が43%で、合計61%が浸透していくことを予想している。またVRが活用されると思う分野について複数回答で選んでもらったところ、回答が5割を超えたものが、「ゲーム」62%、「アミューズメント施設」58%、「映画」54%の3分野。4位以降は多い順に、「旅行・観光(擬似旅行体験など)」「研修(医療や介護、危険作業現場の研修など)」「自動車(試乗、運転練習など)」「宇宙開発(宇宙飛行士訓練など)」「防災(避難訓練、救助訓練、災害体験など)」といった分野での活用予想が続いた。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


2016年11月の人気記事ランキング

All contents copyright © 2013-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5