SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Academy(イーシージン・アカデミー)とは、自社ECのプロフェッショナルの育成を支援する講座の総称です。ECzine編集部が企画し、基本となる「2日でわかるEC構築・運営基礎講座」ほか、その時々のトレンドをいち早く学んでいただけるようテーマ別講座をご用意しています。

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のECzine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2022 Summer

2022年6月8日(水)10:00~16:50

「季刊ECzine」とは、年に4回、EC業界の重要ポイントだけをまとめてお届けする紙の雑誌です。ECの最新トレンドを取り上げた「特集記事」のほか、重要なトピックスに関する知識を上書き保存する「定点観測」、EC業界のニュースや記事を振り返るコーナーなど、自社のECビジネスを俯瞰していただく際のヒントになる内容が満載です。

季刊ECzine

2022年春号(vol.20)
特集「Refine CX ~EC起点のデータで創る次世代コマース体験~」

「季刊ECzine」購読者なら
誌面がウェブでも読めます

ECzineニュース

アパレルECでもっともロイヤリティが高いのは「MAGASEEK」【NPSベンチマーク調査】

 NTTコム オンライン・マーケティング・ソリューション(以下、NTTコム オンライン) は、ECサイト業界を対象に、顧客ロイヤルティを測る指標であるNPSベンチマーク調査2018を実施。その結果、もっともNPSが高いのは、総合ECサイト部門ではAmazon.co.jp(以下、Amazon)、アパレルECサイト部門では、MAGASEEK(マガシーク)となった。

 業界全体としては、アパレルECサイトのNPS平均は-20.7ポイントと、総合ECサイトの-29.2ポイントよりも高い結果となった。アパレルECサイトでは、キャンペーンの実施などの評価が高かったことに加え、サイトの使いやすさといった、ユーザーエクスペリエンス全般の満足度が総合ECサイトよりも高い傾向が見られ、ロイヤリティを押し上げていた。調査結果の概要は、下記の通り。

総合ECサイト部門NPS1位はAmazon、アパレルECサイト部門NPS1位はMAGASEEK

総合ECサイト5社のうち、NPSのトップはAmazon(-17.4ポイント)となり、最下位の企業との差は23.9ポイントであった。また、総合ECサイトのNPS平均は-29.2ポイントとなった。

アパレルECサイトは、総合ECサイトよりもNPSの平均が高く、トップとボトムの差も6.5ポイントと小さい結果となり、全体的に高い評価を得ていた。

総合ECサイトでは、「価格競争力」の一層の改善に期待

16の要因別に満足度と重要度を分析したところ、総合ECサイトにおいて、重要度が高いにも関わらず満足度が伸びなかった項目は、「価格競争力」となった。

総合ECサイト1位のAmazon は、16の要因のうち、「価格競争力」を含む10の要因で、満足度が部門トップの結果となった。また、Amazonにおいては、約4人に1人が有料会員サービス(Amazonプライム)を利用しており、会員のNPSは非会員と比較し20ポイント以上高い結果となり、ブランド全体のNPSを押し上げていた。

アパレルECサイトでは「ポイントサービス」の満足度が低く、期待値とのギャップも最大に

アパレルECサイトでは、キャンペーンの実施やメルマガなどによる適正な情報発信に加え、サイトやアプリの使いやすさ、購入手続きの簡単さといったユーザーエクスペリエンス項目で、総合ECサイトよりも満足度の高い結果となった。

また、アパレルECサイトで、重要度が高いにも関わらず満足度が伸びなかった項目は、「ポイントサービス」であった。ポイントサービスは、16の要因のうち、満足度がもっとも低い項目となっており、期待値とのギャップが突出して大きい結果となった。

アパレルECサイト1位のMAGASEEKでは、ポイントサービスへの高評価に加え、サイトの使いやすさや、購入手続きの簡単さ、商品到着までのスピードなど、一連のユーザーエクスペリエンスにおいて、部門トップの評価を得ていた。

アパレルECサイトのユーザーはSNSでの拡散力が高い

SNS(Twitter、Facebook、Instagram)の利用状況を調査したところ、アパレルECサイトのユーザーは総合ECサイトのユーザーよりも活発にSNSを利用し、対象のECサイトや購入商品について、ポジティブな情報を発信していることがわかった。

SNSの利用率は、総合ECサイトでは50.7%、アパレルECサイトでは66.3%となった。SNS利用者のうち、対象のECサイトで購入した商品についてSNSでポジティブな情報を発信したことがあるユーザーの割合は、総合ECサイトでは15.4%、アパレルECサイトでは20.7%と、アパレルECサイトのほうが高い結果となった。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

ECzine編集部(イーシージンヘンシュウブ)

ECZine編集部です。ネットショップ運営に役立つ情報をお届けします。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/news/detail/6290 2018/12/18 17:32

Special Contents

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年6月8日(水)10:00~16:50

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング