記事種別

カートASP「MakeShop」、2016年の流通総額が過去最高の1,441億円に アパレルが伸長

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る
2017/07/14 09:20

 カートASP「MakeShop」を運営するGMOメイクショップは、2016年1月~2016年12月のMakeShopの全ネットショップにおける年間総流通額が過去最高の1,441億円に達したと発表。

 流通額をカテゴリ別に見ると、これまで堅調に成長を続けていた「家電カテゴリ」が、国内の市場成長鈍化を背景に白物家電の販売が振るわず、前年比9%減に落ち込んだ。

 一方で、中小規模のアパレルショップの新規出店が増加。既存ショップの売上も拡大したことで、「アパレルカテゴリ」が前年比27%増を記録し、成長を見せた。月別に比較すると、最も成長率が高い6月で43%増、最も低い1月でも12%増となっている。GMOメイクショップでは、「Amazon Pay」「まとめ買い機能」などの、新機能も貢献していると分析している。

 SNSを利用するショップが増えていることから、リファラをもとに、Facebook、Twitter、Instagram経由のPV数を抽出したところ、2016年の合計PV数は前年比21%増の1,154万件となった。なかでもInstagramが急増、前年度5,249件の約260倍となる137万5,725万件にのぼっている。

 近年では、スマホからのアクセスが増加。売上前年比27%増となった「アパレルカテゴリ」では、2015年にスマホ経由のPV数がPCを上回り、2016年のスマホ経由のPV数は、前年比25%増となっている。

 一方、売上前年比9%減となった「家電カテゴリ」は、依然としてスマホよりもPC経由の利用が多く、加えてPC全体のPV数も2012年をピークに減少傾向となっている。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

2015年06月の人気記事ランキング

All contents copyright © 2013-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5