記事種別

40代~60代の4割が「シニア向けサービス」に魅力を感じない

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る
2015/12/03 14:00

 MMD研究所は、40歳以上69歳以下の男女1035人を対象に「40代~60代の商品・サービスに関する購買動向調査」を実施した。

 シニア向けの商品やサービスの利用は携帯電話で3.6%、家電・デジタル機器で2.5%にとどまっており、「シニア向けサービスに興味がある」は、携帯電話で23.4%、家電・デジタル機器28.7%となった一方、「魅力を感じない」は、携帯電話で42.7%、家電・デジタル機器で43.8%となり、それぞれの回答を上回った。

 家電・デジタル機器についての考え方をたずねると、世代が上がるにつれて、価格が高くても納得するものを選びたいという傾向が見られた。一方、携帯電話については、世代が上がるとともにその率は下がり、必要最低限でよいという回答が増えている。

 家電・デジタル機器の購入(複数回答)では、実店舗で見てそのまま購入が61.1%で最多。また、家電・デジタル機器については、22.6%が、ネットで検索して実店舗で購入すると回答している。

【調査概要】
「40代~60代の所有する端末に関する調査」
・ 調査期間:2015年10月2日~10月3日
・ 有効回答:1,035人
・ 調査方法:インターネット調査
・ 調査対象:40歳以上69歳以下の男女
・ 設問数:6問



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


2018年11月の人気記事ランキング

All contents copyright © 2013-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5