SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2024 Spring

2024年3月14日(木)10:00~16:20(予定)

ECzineニュース

「BOTCHAN AI」がAzure OpenAI Service上でChatGPTを導入

 BXプラットフォーム「BOTCHAN」を運営するwevnalは、Azure OpenAI Serviceで提供が開始されたChatGPT Modelを活用したブランド体験向上チャットフォームのプレビュー提供を開始したことを発表した。

Azure OpenAI ServiceのChatGPT Modelを活用し、会話コマースへの実証実験

 同社プロダクトの「BOTCHAN AI」は、消費者とのタッチポイントとなるそれぞれのファネルで存在する不安や疑問を抱えるユーザーの疑問を解消し、消費者と企業のブランド体験を向上させるチャットサービス。従前からGenerative AI(GPT-3)を自社でカスタマイズしたモデルでのAI チャットフォームを提供しており、消費者とのコミュニケーションを通して、不安や疑問を解決することに関し一定の成果をあげていた。

 しかしながら、どうしても解決しない問題や深掘りしていくことで初めてわかる消費者の問題には対応することが困難なケースがあったという。

 そこで、消費者に寄り添ったかたちでのコミュニケーションにより消費者の疑問解決や購買行動の高度な支援を行うことでブランド体験の向上ができるのではないかという仮説のもと、近年話題のChatGPTを用いて、一部ユーザーへの会話コマースのプレビュー提供を開始した。

Azure OpenAI Serviceの選定理由

 Azure OpenAI Serviceでは次のエンタープライズグレードのプライバシー保護/セキュリティ機能と、同社が別途導入を進めていたMicrosoft社のセキュリティソリューションを利用したXDR型のゼロトラスト体制を組み合わせて、高度なセキュリティとGenerative AIの高い利便性を享受できることから、同サービスを選定した。

  • 入力された情報が自社内でしか利用されないというプライバシー保護
  • プライベートネットワークを利用したネットワーク環境の隔離やアクセスコントロール(RBAC)によるセキュリティ保護
  • AIにとって有害な入力が自動でフィルタされ、学習に利用されないというセキュリティ保護

 同社は今後、「BOTCHAN Keeper」や「BOTCHAN Engagement」などのほかの同社チャットフォームサービスに対してもAzure OpenAI ServiceのGenerative AI(ChatGPT Model)の実証実験を進めていくとのこと。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

ECzine編集部(イーシージンヘンシュウブ)

ECZine編集部です。ネットショップ運営に役立つ情報をお届けします。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/news/detail/12556 2023/03/15 05:00

Special Contents

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年8月30日(火)10:00~16:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング