SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2024 June

2024年6月6日(木)10:00~17:40(予定)

ECzineニュース

弁当や惣菜、生鮮食品は7割超が主に実店舗利用 コロナ禍以降は全体的に店舗利用が微減傾向/予約ラボ調査

 リザーブリンクが運営する予約研究機関「予約ラボ」は、実店舗とECの利用状況や利用するジャンルなど「リアル店舗に求めるもの」についての調査を実施した。

 調査項目は2019年3月に実施した「実店舗・ECの利用率」および「実店舗を利用するジャンル」調査と同様の形式で行い、コロナ禍前後で消費者の購買意識に変化があるのか比較した。

 同調査結果の詳細は、次のとおり。

主に店舗を利用する商品ジャンル

 「弁当や惣菜といった食料品」が約73%、「生鮮食品」が約71%、「スイーツ」が63%、「酒・たばこ・コーヒーなどの嗜好品」が約56%。全体的に、リアル店舗利用率が微減している傾向にある。

ECではなく主に店舗を利用する理由

 「(食品など)オンラインを利用するには不向き」という理由が約63%と最多に。次いで「商品のサイズやカラーを実際に確かめてから購入したい」が約55%、「店舗に直接出向いたほうが早い」が約24%、「店舗にしかない限定商品がある」が約23%となっている。実店舗ならではのサービスや体験価値を求める人も多いと考えられる。

主にECを利用する理由

 「リアル店舗より価格が安い」という理由が約53%と最多だったが、「24時間好きな時間に利用できる」「店舗に行くのが面倒、時間がない」「持ち帰らなくてよい」という時間や手間を省きたいという理由が、それぞれ半数近い値となっていた。また購入までの時間に関しては「実店舗においてその商品を売っている場所が分からない」「必要なものを探し回らなくてよい」という少数意見もあった。

今後も店舗を利用したいと思うジャンル

 「生鮮食品」が約73%で1位。「弁当・惣菜などの食料品」も約70%とかなり高い値となった。「スイーツ」が約56%、「酒・たばこ・コーヒーなどの嗜好品」約42%。全体的に、生鮮食品を除いては、今後の実店舗利用意向が現状より低い傾向が見られた。

主にネットショップ(EC)を利用したいと思うジャンル

 最多は家電で約36%、映像や音楽、書籍などのデジタルメディアが約32%だった。乗り物、宝飾品やめがね用品などは低い傾向とのこと。食料品や生鮮食品は“今後も実店舗を使う”という意見が多かったものの、1割前後となっていた。

調査概要
  • 調査期間:2023年1月27日(金)~1月30日(月)
  • 調査対象:「店舗とオンラインショップ(EC)両方を利用している」と回答した全国の20代〜60代男女
  • サンプル数:有効回収数560⼈
  • 調査方法:インターネットリサーチ
  • 調査企画:予約ラボ

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

ECzine編集部(イーシージンヘンシュウブ)

ECZine編集部です。ネットショップ運営に役立つ情報をお届けします。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/news/detail/12369 2023/02/10 05:00

Special Contents

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2024年6月6日(木)10:00~17:40(予定)

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング