SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2024 June

2024年6月6日(木)10:00~17:40(予定)

ECzineニュース

フードデリバリー利用場面は「休日・夕食」が半数以上 「平日・夕食」は増加傾向に/マイボイスコム調査

 マイボイスコムは、8回目となる『デリバリー』に関するインターネット調査を実施した。同調査のデリバリーとは、食事のデリバリーを対象としている。

 同調査結果の詳細は、次のとおり。

デリバリーサービスの利用頻度

 食事のデリバリーサービスを利用する人は4割。月1回以上の利用者は約8%、デリバリーサービス利用者の2割強だった。

デリバリーサービスの利用場面

 直近1年間に食事のデリバリーサービスを利用した人の利用場面は(複数回答)、「休日・夕食」が50.6%、「休日・昼食」が30.7%、「平日・夕食」が29.5%。過去調査比べて、「平日・夕食」が増加傾向だった。

 「外出できない・したくないとき」は、10・20代で高くなっている。

店舗選定時の情報源

 直近1年間に食事のデリバリーサービスを利用した人の店舗選定時の情報源は(複数回答)、「ポストに投函されるチラシ、ダイレクトメール」が32.1%、「デリバリーサービスのWebサイト・アプリ」「店舗のWebサイト・アプリ」が各26%。

 「ポストに投函されるチラシ、ダイレクトメール」は過去調査と比べて減少傾向にあり、また若年層で低い傾向だった。

デリバリーサービスへの注文方法

 直近1年間に食事のデリバリーサービスを利用した人の注文方法は(複数回答)、「各店舗のWebサイト・アプリなど」が42.8%、「デリバリーサービスのWebサイト・アプリ」が37.2%、「店舗に電話」が35.3%だった。

 過去調査と比べて、「各店舗のWebサイト・アプリなど」「デリバリーサービスのWebサイト・アプリ」が増加、「店舗に電話」が減少していた。

 「デリバリーサービスのWebサイト・アプリ」は若年層で比率が高く、また利用頻度が月1回以上の層でも5~6割みられた。

直近1年間に注文したデリバリーサービス

 デリバリーサービスのWebサイト・アプリから注文する人が直近1年間に利用したサイトは(複数回答)、「出前館」が67.3%、「Uber Eats」が37.9%という結果に。いずれも2020年調査と比べて増加している。

デリバリーサービスの利用意向

 今後、食事のデリバリーサービスを利用したい人は5割弱、女性の方が高い比率となっている。デリバリーサービス利用者では8~9割みられた。月1回以上利用したい人は1割、男性や若年層で高い結果となった。

回答者のコメント|食事のデリバリーを利用したい場面、利用したくない理由

  • <利用したい>わざわざ出掛けて外食に行くのが面倒な時に利用したい。車の免許を持っていないので、自宅から距離のある店舗では利用したい。(男性29歳)
  • <利用したい>やる気が出ないときとか、特別なときとか。(男性39歳)
  • <利用したい>食事の用意が面倒な時、いつもと違うものが食べたい時に利用したい。(女性37歳)
  • <利用したい>来客があった時や、コロナに感染して外に出られなくなった時。(女性45歳)
  • <利用したくない>直接買うより高いし、クオリティの低下が不安。(男性24歳)
  • <利用したくない>ひとり暮らしなので、一人分だけデリバリーは使いにくい。(男性59歳)
  • <利用したくない>食事を作るのが面倒な時に利用したいが、配送料を払える余裕がない。(女性27歳)
  • <利用したくない>家が山の上にあり、デリバリーに来てもらうのが申し訳ないので利用したくない。(女性30歳)
調査概要
  • 調査時期:2022年10月1日~10月5日
  • 調査対象:MyVoiceのアンケートモニター
  • 回答者数:9,929名
  • 調査方法:インターネット調査

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

ECzine編集部(イーシージンヘンシュウブ)

ECZine編集部です。ネットショップ運営に役立つ情報をお届けします。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/news/detail/12025 2022/11/15 12:00

Special Contents

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2024年6月6日(木)10:00~17:40(予定)

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング